蕎麦カフェ&バル BWCAFE(そば/東新宿)|トマトを崩して混ぜて食べれば酸味と蕎麦の香りが複雑に絡み合う

蕎麦カフェ&バル BWCAFE(そば/東新宿)|トマトを崩して混ぜて食べれば酸味と蕎麦の香りが複雑に絡み合う

「完熟焼きトマトの和え蕎麦」は、一度焼いた上で冷やしたトマトが丸ごと一個(!)蕎麦の上にのり、それを崩しながらいただく。バルサミコのコクとトマトの酸味が蕎麦と絡まるとき、口中にまさしく蕎麦の新風が吹く。


蕎麦カフェ&バル BWCAFE(最寄駅:東新宿駅)

17時からのバルタイムは、蕎麦同様に斬新な料理が揃い、ジックリ飲める。

完熟焼きトマトの和え蕎麦 780円

蕎麦カフェ&バル BWCAFE

[住所]東京都新宿区大久保2-7-5 [TEL]03-6278-9658 [営業時間]11時半~23時(フード22時LO、ドリンク22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [交通アクセス]地下鉄副都心線東新宿駅B1出口から徒歩2分

電話番号 03-6278-9658
2017年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


至福の鯖百選[4] 毎日食べたくなる! グッドバランスな横浜カフェのサバサンド

至福の鯖百選[4] 毎日食べたくなる! グッドバランスな横浜カフェのサバサンド

横浜は、じつはサバサンド不毛の地といわれ、これまで提供しているお店がほとんどなかった。そんななか、看板メニューが「サバサンド」というお店が2017年にオープン。しかも「絶品」と話題をよんでいる。 横浜市営地下鉄「三ッ沢下町」駅を降りて徒歩1分、「サバサンド」ののぼり旗が目印の「カフェ フラッティー」がそれだ。


週末に!昼から!深夜まで!呑める蕎麦屋グビッと一献 都内厳選6店

週末に!昼から!深夜まで!呑める蕎麦屋グビッと一献 都内厳選6店

【週末に、昼から、深夜まで こだわりの酒肴も揃えた呑める蕎麦屋でグビッと一献】昼酒。なんと魅惑ある響きだろう。昼の営業が少ない居酒屋では難しいが、蕎麦屋は別。昼間からクイッと楽しめるとは、なんたる至福。さらに週末にも呑める、深夜まで呑める。しかもこだわり蕎麦まであるという店、揃えました!


インスタ映えする”創作系”!新世代の蕎麦おすすめ 4店

インスタ映えする”創作系”!新世代の蕎麦おすすめ 4店

カルボナーラから和え麺まで 蕎麦の新風(ニューウェーブ)|蕎麦といえば、歴史ある江戸前の粋な食べ物。いってしまえば、見た目は地味! そう思う人が増えたのか、最近は見た目からして派手なインスタ映えする“創作系”が増えているんです。そして、味も個性的。そんな新世代のお蕎麦をお見せしましょう。


スパイス薫る!食欲そそる!都内で厳選「カレー 南蛮蕎麦」の店 5選

スパイス薫る!食欲そそる!都内で厳選「カレー 南蛮蕎麦」の店 5選

肌寒くなってくると、選択肢の上位に浮上するのがカレー南蛮。蕎麦のつゆを利用した懐かしい味もあれば、計算され尽くした新発見の味も。新旧を食べ比べれば、カレー南蛮を見る目が変わりますよ。


温かさと美味しさが口に広がる「温蕎麦」!都内で厳選6店

温かさと美味しさが口に広がる「温蕎麦」!都内で厳選6店

『熱々をすすれば、心まで温かく 感涙の待つ「温蕎麦」』湯気とともに芳醇な香りを立ち上らせるつゆ。牡蠣や天ぷらなどの具材とつゆの旨みをまとった蕎麦。すするたびに温かさと美味しさが口に広がるこだわりの温蕎麦は、必ずや感動を呼ぶこと間違いなし。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング