南千住もおもしろい!昔ながらの味わい深い店が残る下町うまいもん散歩

南千住もおもしろい!昔ながらの味わい深い店が残る下町うまいもん散歩

荒川区南千住は北千住に較べ地味な存在だが、駅近の現代的なモールとは対照的に、やはり昔ながらの味わい深い店が残る。


こた

(月島もいいけど)”荒川もんじゃ”が断然おススメ!!

▲もんじゃ 550円
こたのもんじゃは強火で土手を作らずに一気に焼き、青のりをかけて食べる。
女将が幼少から地元で親しんできた、昔ながらの下町の味を再現している。
月島の観光価格より、リーズナブル!

東京もんじゃと言えば月島だが、もっと安くてウマい“荒川(区の)もんじゃ”をご存知だろうか。
『こた』は味付き挽き肉と乾物のきりイカが入るのが特徴で、焼く前にウスターソースで味付けする。
ソース好きが泣いて喜ぶ味だ。



[住所]東京都荒川区南千住5-11-14 [TEL]03-3806-5511 [営業時間]火~金15時~23時、土・日・祝13時~23時 (22時半LO) ※ランチタイム有 [休日]月(祝の場合は営業) [席]テーブル16席 座敷12席 計28席 [交通アクセス]JR常磐線ほか南千住駅西口から徒歩5分

『こた』の詳細はこちら

馬肉の千葉屋

▲馬肉の煮こごり 100g360円

『馬肉の千葉屋』は、吉原に近い場所にある馬肉専門店。煮こごりはスジ肉を2日間煮込んだもの。
千葉屋おススメの馬肉の食べ方は、牛肉を馬肉にした「すき焼き」。
時期により馬のかんぴょう巻きといった珍しい惣菜も。



[住所]東京都台東区日本堤1-9-4 [TEL]03-3873-5193 [営業時間]8時~18時 ※ランチタイム有 [休日]木

『馬肉の千葉屋』の詳細はこちら

オンリー

昭和の空気がそのまんま!時間が止まった純喫茶

▲ホットケーキ 520円、ホットコーヒー 400円

『オンリー』の看板キャッチコピーは「魔性の味」。
昭和45年(1970)創業で、手書きフォントの店名が印刷されたカップやお皿も当時のまま。
コーヒーは魔性の味というより、丁寧でカドの無いマイルドなお味。
ぶ厚いホットケーキはシロップをたっぷりかけて頬ばりたい。



[住所]東京都荒川区南千住5-21-8 [TEL]03-3807-5955 [営業時間]9時~19時 [休日]日

『オンリー』の詳細はこちら
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

ハマる人が続出中!『北千住』レトロ歩き(江戸〜昭和〜現代が大交差!!)

駅前に立つと大きな商業施設ばかり目に入るが、北千住は江戸四宿のひとつとして栄えた長い歴史を持つ街だ。四方八方に古い商店と史跡と旨い飲み屋があるので、ハマる人が続出中!


こた(もんじゃ/南千住)|ウスターソースと青のりが決め手

こた(もんじゃ/南千住)|ウスターソースと青のりが決め手

 東京もんじゃと言えば月島だが、もっと安くてウマい“荒川(区の)もんじゃ”をご存知だろうか。味付き挽き肉と乾物のきりイカが入るのが特徴で、焼く前にウスターソースで味付けする。


サニーダイナー本店|ボリューム大なのに不思議ともたれない(ハンバーガー/北千住)

サニーダイナー本店|ボリューム大なのに不思議ともたれない(ハンバーガー/北千住)

 荒挽きで肉汁たっぷりのパティを地元のパン屋「ふらんすや」の特製バンズが受け止め、ボリューム大なのに不思議ともたれない。ザクザク食感のフライドポテトも絶品!


馬肉の千葉屋(テイクアウト・手土産/南千住)

馬肉の千葉屋(テイクアウト・手土産/南千住)

 吉原に近い場所にある馬肉専門店。煮こごりはスジ肉を2日間煮込んだもの。千葉屋おススメの馬肉の食べ方は、牛肉を馬肉にした「すき焼き」。


まんまる(焼きとん/北千住)|ひとりでも気ままに飲める

まんまる(焼きとん/北千住)|ひとりでも気ままに飲める

 小さな飲み屋が集う「毎日通り飲食店街」の一角、ゆったりした店構えのもつ焼き屋。ひとりでも気ままに飲める。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング