MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(56) 台風襲来! 吉祥寺で「台風コロッケ」を調達するなら、ここだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(56) 台風襲来! 吉祥寺で「台風コロッケ」を調達するなら、ここだよ、の件

台風コロッケ。もはや台風接近中の常識になりつつあるんでしょうか? 基本、ネット民の都市伝説であったのだが……。しかし今や、その都市伝説はリアルでも浸透しているようである(笑)。吉祥寺の地元民は、スーパーではなく、アトレ吉祥寺の食品売り場が大好きな生き物である。台風コロッケ調達は、アトレ吉祥寺でキマリだろ!

台風襲来! 吉祥寺で「台風コロッケ」を調達するなら、ここだよ、の件


台風コロッケ。

もはや台風接近中の常識になりつつあるんでしょうか? 

基本、ネット民の都市伝説であったのだが……。


始まりは「台風だから、コロッケを16個買った」という書き込みから。

しかし2017年の秋、大手スーパーが台風21号に合わせて、コロッケを通常の5割増で増産して店頭に出したら、ガンガン売れてしまった模様。

しかも“台風接近中”のポップもあったみたいよ。

ニュースにもなっていたので、やっぱり台風コロッケの都市伝説はリアルでも浸透しているようである(笑)。

イラスト/スタジヲワンツー



そして台風襲来である。

なんかコロッケ買いたくなるよね(苦笑)。

それで吉祥寺でコロッケを買うなら……、と考えてみた。


吉祥寺の地元民は、スーパーではなく、アトレ吉祥寺の食品売り場が大好きな生き物である。

しかも、台風だから早く家に帰りたいし、動線はいいし、コロッケは充実しているし……。

台風コロッケ調達はアトレ吉祥寺でキマリだろ!



まず、和食屋の総菜をウリにしている『E』の肉じゃがコロッケね。

大きめのボール状のルックスで具は肉じゃが系。

お味は上品だけど、非常にテンションが高いコロッケなので台風にぴったりだと思う。

おっさん女子はイチオシだね。

思った以上に、吉祥寺ってコロッケが充実しているのね……!?


さらに『Kコロッケ』。

ここは、店名にコロッケと入っているだけあってラインナップが多種多様。

定番のなかでテンションが高いのは「黒毛和牛のビーフコロッケ」だな。

あとド定番の「シンプルなジャガイモコロッケ」もあるよ。

変化球なら「チーズボール」かな。

小さいので、たくさん食べられそうで危険(笑)。

ここは季節限定コロッケもあるんで、家族が多い人は、ここで台風コロッケを調達するのがいいと思う。


あとね、とんかつ専門店の『M』は、揚げ物単品も充実していて、私はクリームコロッケ系なら、ここのが好き。

「エビクリームコロッケ」とか、季節によって蟹クリームもあって、美味しいよね。


あとテンションっていうより、美味しいのが食べたい人は、スーパー『K』だね。

高級スーパーだけあって、飛騨牛コロッケとか、野菜コロッケ、じゃがいも系もブランドの“きたあかり”コロッケなんかがあって、非常に充実。

基本、2個パック入りなんで、大量買いしたい人は、ここだ(苦笑)。


そして、吉祥寺マメ知識。

吉祥寺のメンチカツの人気店『さとう』ですけど、ここはコロッケは並ばなくていいのよ。

あれはメンチカツの行列だよ(笑)。

まあ、並んでもいいけど。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。


このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺で焼肉といえば、地元で大人気の行列店『R』である。 しかし、今、吉祥寺は「ひとり焼肉」がブームの兆しなのであった……。 おひとり様上等のおっさん女子もこのブームにちょっと乗ろうと思って、パトロールをしてみたので、その結果をお伝えしようと思います。
更新: 2019-07-19 15:48:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00
吉祥寺でたまに勃発する“食べ物バブル現象”。 そんななか、非常にちっちゃいバブルだったのですが“チーズプチバブル”というのが、あります(続行中)。 チーズにこだわったメニューをウリにするお店が、次々にできたんですけど、現状、4軒くらいかな。でも多いよね……。
更新: 2019-07-02 16:04:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
最新の投稿
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
お重の蓋を開けた瞬間、この蒲焼きにひと目惚れした。明治42年の創業から受け継ぐタレを3度まとわせ、紀州備長炭で炙った身は、まるでキャラメリゼしたかのようなテリとツヤを持つ。
更新: 2019-07-23 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
うなぎは地下水で2日間生かした張りの良いもの、米は精米したての香り豊かなもの、熱々を提供するためタレは湯煎で温めてご飯にかけるなど、短い文章では到底書き切れない店の姿勢はこのうな重を食せばわかるはず。昭和12年に創業した八王子の本店は信頼する職人に任せ、2年前に出店した吉祥寺店を切り盛りするのが日本料理店でも修業した3代目だ。
更新: 2019-07-22 13:14:53
約30年間営業を続けた老舗が幕を下ろし、若き店主・島田さんが昨年同じ屋号で再スタートを切った。うなぎは地焼きの関西風と、蒸しの入った関東風のどちらも味わえるのがこの店ならでは。
更新: 2019-07-22 13:04:43

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt