MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(38) 酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!

名古屋エリア限定グルメ情報(38) 酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!

旨い中華料理店を見分けるには、チャーハンが美味しいことを挙げる方が多いと思う。たしかにそれも一理あるが、私の場合は、酢豚である。 そんなわけで、これまでいろんな店で酢豚を食べてきた。そして、見つけてしまったのである。私の中で確実にベスト3にランクインする中華の名店を……!

酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!


旨い中華料理店を見分けるには、チャーハンが美味しいことを挙げる方が多いと思う。

たしかにそれも一理あるが、私の場合は、酢豚である。

酢豚は、シャキシャキとした野菜の食感を残した火加減と餡の絡み具合、酸味と甘みが調和した絶妙な味付けなどが求められるのだ。



そんなわけで、これまでいろんな店で酢豚を食べてきた。

そして、見つけてしまったのである。

私のなかで、確実にベスト3にランクインする中華の名店を!

しかも、名古屋駅や栄など都心部ではなく、瑞穂区弥富通の住宅街で。

それが『中国料理 秀(ひで) ~創作』だ。



シェフのプロフィールや店の特徴はさておき、あまりの美味しさに私が感動した「豚ロース肉の酢豚」(880円)がこちら!

まず、チェックしていただきたいのは、ピーマンやパプリカ、玉ネギ、人参の鮮やかな色合いと餡の絡み具合。

もう、見るからに旨そうだ。

レンゲですくって口へと運ぶ。

うん、これ! これっ!

この酸味と甘みの絶妙なバランスは、ご飯にもお酒にも合いそうだ。


酢豚を語るとき、避けて通れないのが、パイナップルの有無。

私としては、味がまとまっているのであれば、入っていてもOKだと思っている。

おや?

ここの酢豚にはパイナップルが見当たらないが……。

食べてみてビックリ!

入っていたのはパイナップルではなく、サツマイモだったのだ。

まるで「大学いも」のような素朴な甘さとホクホクの食感。

これがアクセントとなって、レンゲを動かす手が止まらない。


「酢豚には、まろやかな味わいのアップルビネガーを使っていますので、食べやすく仕上がっていると思います」
と、オーナーシェフの浅見秀昭さん。

ホテルの中華レストランなどで修業を重ね、ここ、『中国料理 秀(ひで) ~創作』がオープンしたのは2年前。

ホテルメイドのしっかりとした中華を気軽に味わえる、というのがコンセプトだ。



料理のベースは、中華のなかでもあっさりとしている広東料理だが、店名に「~創作」とあるだけに、定番のメニューでも浅見さんの手にかかれば、ひと味もふた味も違った味わいに変貌を遂げる。

たとえば、「秀の麻婆豆腐」(800円)。

四川省産の山椒がピリリときいた本格的な味なのだが、中華おこげをトッピングしているのが特徴だ。


「豆腐のフワフワ感だけではなく、おこげのサクサク感も楽しめます。また、肉も粗挽きのミンチを使っていますので、濃厚な旨みと食感も堪能してください」
と、浅見さん。

実際に食べてみたが、ミンチと豆腐、おこげのバランスが最高!

ご飯にぶっかけて食べたくなった。

ランチでは、おこげのトッピングはないが、サラダと玉子スープ、杏仁豆腐、ご飯、漬物が付いて980円。


担々麺も通常は肉味噌をのせるが、「秀の担々麺」(830円)はご覧の通り、蒸し鶏を使っている。

これはゴマとの相性を考えてのことだとか。

芝麻醤やラー油が手作りなのは言うまでもないが、特筆すべきはベースとなる清湯スープのクオリティ。

隠し味に和風ダシをくわえているそうで、味に奥行きを感じるのだ。


どの料理にも共通しているのは、基本がしっかりしていること。

「創作」というフレーズは、あまりにも使い古されたような感があるが、小手先だけでできるものでは決してないのだ。

中国料理 秀(ひで) ~創作
[住所]愛知県名古屋市瑞穂区弥富通5-20-1 プルミエ1階
[TEL]052-848-7080
[営業時間]11時半~14時半(13時半L.O.)、17時半~22時(21時L.O.)
[定休日]木曜







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
岐阜県は、国的な知名度を誇る飛騨牛をはじめ、ブランド豚の美濃けんとん、奥美濃古地鶏など、食材の宝庫。今回は番外編として、岐阜で私が見つけた美味しい店『手打ちうどん 丼物 角浅(かくあさ)』を紹介しよう。
更新: 2019-03-11 16:14:20
以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。 そのとき、台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている……。
更新: 2019-02-27 16:05:00
「今日はイタリアンな気分!」と思っても、子供や両親を連れての食事は、どうしても回転寿司やファミレスなどになりがち。やはり、家族でイタリアンというのはハードルが高いのか……?  名古屋市天白区の閑静な住宅街にある『イタリア料理 リベルタ』は、そんな要望に応えてくれる店だ。
更新: 2019-02-19 16:00:00
私の地元にある飲食店は、大手チェーン店ばかりでイマイチ面白みがないと思っていた。しかし、いつも通る道で私が自信を持ってオススメできる店を見つけてしまったのである……! それが、名鉄犬山線徳重名古屋芸大駅前にある『AFuRe kitchen(アフレキッチン』だ。
更新: 2019-03-11 16:14:11
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt