名古屋エリア限定グルメ情報(38) 酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!

名古屋エリア限定グルメ情報(38) 酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!

旨い中華料理店を見分けるには、チャーハンが美味しいことを挙げる方が多いと思う。たしかにそれも一理あるが、私の場合は、酢豚である。 そんなわけで、これまでいろんな店で酢豚を食べてきた。そして、見つけてしまったのである。私の中で確実にベスト3にランクインする中華の名店を……!


酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!


旨い中華料理店を見分けるには、チャーハンが美味しいことを挙げる方が多いと思う。

たしかにそれも一理あるが、私の場合は、酢豚である。

酢豚は、シャキシャキとした野菜の食感を残した火加減と餡の絡み具合、酸味と甘みが調和した絶妙な味付けなどが求められるのだ。



そんなわけで、これまでいろんな店で酢豚を食べてきた。

そして、見つけてしまったのである。

私のなかで、確実にベスト3にランクインする中華の名店を!

しかも、名古屋駅や栄など都心部ではなく、瑞穂区弥富通の住宅街で。

それが『中国料理 秀(ひで) ~創作』だ。



シェフのプロフィールや店の特徴はさておき、あまりの美味しさに私が感動した「豚ロース肉の酢豚」(880円)がこちら!

まず、チェックしていただきたいのは、ピーマンやパプリカ、玉ネギ、人参の鮮やかな色合いと餡の絡み具合。

もう、見るからに旨そうだ。

レンゲですくって口へと運ぶ。

うん、これ! これっ!

この酸味と甘みの絶妙なバランスは、ご飯にもお酒にも合いそうだ。


酢豚を語るとき、避けて通れないのが、パイナップルの有無。

私としては、味がまとまっているのであれば、入っていてもOKだと思っている。

おや?

ここの酢豚にはパイナップルが見当たらないが……。

食べてみてビックリ!

入っていたのはパイナップルではなく、サツマイモだったのだ。

まるで「大学いも」のような素朴な甘さとホクホクの食感。

これがアクセントとなって、レンゲを動かす手が止まらない。


「酢豚には、まろやかな味わいのアップルビネガーを使っていますので、食べやすく仕上がっていると思います」
と、オーナーシェフの浅見秀昭さん。

ホテルの中華レストランなどで修業を重ね、ここ、『中国料理 秀(ひで) ~創作』がオープンしたのは2年前。

ホテルメイドのしっかりとした中華を気軽に味わえる、というのがコンセプトだ。



料理のベースは、中華のなかでもあっさりとしている広東料理だが、店名に「~創作」とあるだけに、定番のメニューでも浅見さんの手にかかれば、ひと味もふた味も違った味わいに変貌を遂げる。

たとえば、「秀の麻婆豆腐」(800円)。

四川省産の山椒がピリリときいた本格的な味なのだが、中華おこげをトッピングしているのが特徴だ。


「豆腐のフワフワ感だけではなく、おこげのサクサク感も楽しめます。また、肉も粗挽きのミンチを使っていますので、濃厚な旨みと食感も堪能してください」
と、浅見さん。

実際に食べてみたが、ミンチと豆腐、おこげのバランスが最高!

ご飯にぶっかけて食べたくなった。

ランチでは、おこげのトッピングはないが、サラダと玉子スープ、杏仁豆腐、ご飯、漬物が付いて980円。


担々麺も通常は肉味噌をのせるが、「秀の担々麺」(830円)はご覧の通り、蒸し鶏を使っている。

これはゴマとの相性を考えてのことだとか。

芝麻醤やラー油が手作りなのは言うまでもないが、特筆すべきはベースとなる清湯スープのクオリティ。

隠し味に和風ダシをくわえているそうで、味に奥行きを感じるのだ。


どの料理にも共通しているのは、基本がしっかりしていること。

「創作」というフレーズは、あまりにも使い古されたような感があるが、小手先だけでできるものでは決してないのだ。

中国料理 秀(ひで) ~創作
[住所]愛知県名古屋市瑞穂区弥富通5-20-1 プルミエ1階
[TEL]052-848-7080
[営業時間]11時半~14時半(13時半L.O.)、17時半~22時(21時L.O.)
[定休日]木曜







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連するキーワード


酢豚 名古屋めし 中華料理

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(41) 惜しまれて閉店したラーメン店を当時のバイト社員が復活! 愛知県春日井市『中華そば 龍龍』

名古屋エリア限定グルメ情報(41) 惜しまれて閉店したラーメン店を当時のバイト社員が復活! 愛知県春日井市『中華そば 龍龍』

お気に入りの店が閉まることになり、落胆した経験は誰にでもあるだろう。その苦悩は、恋人との別れに等しい。現在、ラーメン店『中華そば 龍龍』を営む大倉裕史さんもその一人だった。 お店が閉まって10年、大倉さんは大胆な行動に出た。当時のオーナーと会い、「もう一度、ラーメン屋をやりましょう!」と、想いを伝えたのだ……!


名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

おかずとしてのポテンシャルが高いハンバーグ。お上品にパンをちぎりながら食べるのではなく、恥も外聞もかなぐり捨ててご飯をかっ喰らうのが正しい作法であると私は思う。そんな、私が子どものころに食べた、スパイスが効いていて肉の密度を感じるハンバーグを『キッチン はせ家』で見つけてしまったのである……。


名古屋エリア限定グルメ情報(39) ツブらな瞳にノックアウト! 名古屋駅構内で売られているひよこ型スイーツ「ぴよりん」

名古屋エリア限定グルメ情報(39) ツブらな瞳にノックアウト! 名古屋駅構内で売られているひよこ型スイーツ「ぴよりん」

名古屋のスイーツといえば、何を想像するだろうか? ういろう? それとも、鬼まんじゅう? ……和スイーツばかりだな(笑)。実は、名古屋駅構内でバカ売れしているスイーツがあるのだ。その数たるや、1日約500個! 週末ともなれば、800個が完売するという……。


名古屋エリア限定グルメ情報(37)名古屋×トルコのコラボメニューも! トルコの家庭料理が楽しめる一社『KRAL(クラル)』

名古屋エリア限定グルメ情報(37)名古屋×トルコのコラボメニューも! トルコの家庭料理が楽しめる一社『KRAL(クラル)』

名古屋人は保守的な気質ゆえに、食べたことのない料理にはどことなく抵抗感を抱いてしまう。そんななか、名古屋市内のトルコ料理店は、2005年に開幕した愛知万博を機に増えたといわれる。地下鉄東山線一社駅から徒歩約5分のトルコ料理店『KRAL(クラル)』もその一つだ……。


名古屋エリア限定グルメ情報(36) 人形町『玉ひで』の次男が考案! 名古屋でしか食べられない新タイプの親子丼

名古屋エリア限定グルメ情報(36) 人形町『玉ひで』の次男が考案! 名古屋でしか食べられない新タイプの親子丼

東京・人形町にある親子丼発祥の店『玉ひで』。 お昼時は、親子丼を求める客が長蛇の列をつくることも有名だ。そんな『玉ひで』の味、しかも、どこにもない新たな親子丼が名古屋で楽しめるのをご存じだろうか?


最新の投稿


都内で厳選!\コロッケ・ポテサラ・肉じゃが/居酒屋の人気じゃがメニュー6店

都内で厳選!\コロッケ・ポテサラ・肉じゃが/居酒屋の人気じゃがメニュー6店

WE LOVE じゃがいも!日本人の大好きじゃがメニューといえば〈コロッケ〉〈ポテサラ〉〈肉じゃが〉で決まり!王道だからこその厳選店は、腕に覚えアリ、です。


本当に美味しい「京橋エドグラン」でおすすめの三ツ星店!

本当に美味しい「京橋エドグラン」でおすすめの三ツ星店!

ビジネスマンやマダムが満足の店多数。京橋再開発に伴い生まれた『京橋エドグラン』には、地下1階~5階まで、20店もの飲食店が出店している。その中で、特に美味しかったお店をご紹介します。


大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

JR天満駅の改札を出てすぐの場所にあるのが餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」だ。 店長の井上ロードさん(38)はラーメンフェスで店舗のプロデューサーを任されるほど、この世界で知られた人物。彼が店長になってから、メニューが一新! 大阪らしさを随所に散りばめたメニューが登場した……。


東京駅で味わう!感動ものの金華豚とんかつが平日限定の大サービス!

東京駅で味わう!感動ものの金華豚とんかつが平日限定の大サービス!

金華豚料理 平田牧場 極(とんかつ/東京)|平田牧場が経営する店舗の中でも、“極”の名が付いたこちらは金華豚をメインに扱う。より多くの人に食べてほしいと始めたのが、量を減らし値段を抑えた平日限定ランチ。


土用の丑の日、うなぎ偏愛記!東京都内、夏のうなぎ三昧!

土用の丑の日、うなぎ偏愛記!東京都内、夏のうなぎ三昧!

うなぎを食べに食べた結果を語りまくります!うなぎ特集の全ページを担当した、飲んべえライター・菜々山いく子。酒と同じくらいうなぎを愛し、約1ヶ月間の昼夜、うなぎを食べまくりました。取材ページでは書けなかった、こぼれ話やうなぎのマメ知識をここでご披露しましょう!


ランキング


>>総合人気ランキング