名古屋エリア限定グルメ情報(38) 酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!

名古屋エリア限定グルメ情報(38) 酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!

旨い中華料理店を見分けるには、チャーハンが美味しいことを挙げる方が多いと思う。たしかにそれも一理あるが、私の場合は、酢豚である。 そんなわけで、これまでいろんな店で酢豚を食べてきた。そして、見つけてしまったのである。私の中で確実にベスト3にランクインする中華の名店を……!


酢豚が旨い店にハズレなし! 瑞穂区『中国料理 秀(ひで) ~創作』でそれを確信!


旨い中華料理店を見分けるには、チャーハンが美味しいことを挙げる方が多いと思う。

たしかにそれも一理あるが、私の場合は、酢豚である。

酢豚は、シャキシャキとした野菜の食感を残した火加減と餡の絡み具合、酸味と甘みが調和した絶妙な味付けなどが求められるのだ。



そんなわけで、これまでいろんな店で酢豚を食べてきた。

そして、見つけてしまったのである。

私のなかで、確実にベスト3にランクインする中華の名店を!

しかも、名古屋駅や栄など都心部ではなく、瑞穂区弥富通の住宅街で。

それが『中国料理 秀(ひで) ~創作』だ。



シェフのプロフィールや店の特徴はさておき、あまりの美味しさに私が感動した「豚ロース肉の酢豚」(880円)がこちら!

まず、チェックしていただきたいのは、ピーマンやパプリカ、玉ネギ、人参の鮮やかな色合いと餡の絡み具合。

もう、見るからに旨そうだ。

レンゲですくって口へと運ぶ。

うん、これ! これっ!

この酸味と甘みの絶妙なバランスは、ご飯にもお酒にも合いそうだ。


酢豚を語るとき、避けて通れないのが、パイナップルの有無。

私としては、味がまとまっているのであれば、入っていてもOKだと思っている。

おや?

ここの酢豚にはパイナップルが見当たらないが……。

食べてみてビックリ!

入っていたのはパイナップルではなく、サツマイモだったのだ。

まるで「大学いも」のような素朴な甘さとホクホクの食感。

これがアクセントとなって、レンゲを動かす手が止まらない。


「酢豚には、まろやかな味わいのアップルビネガーを使っていますので、食べやすく仕上がっていると思います」
と、オーナーシェフの浅見秀昭さん。

ホテルの中華レストランなどで修業を重ね、ここ、『中国料理 秀(ひで) ~創作』がオープンしたのは2年前。

ホテルメイドのしっかりとした中華を気軽に味わえる、というのがコンセプトだ。



料理のベースは、中華のなかでもあっさりとしている広東料理だが、店名に「~創作」とあるだけに、定番のメニューでも浅見さんの手にかかれば、ひと味もふた味も違った味わいに変貌を遂げる。

たとえば、「秀の麻婆豆腐」(800円)。

四川省産の山椒がピリリときいた本格的な味なのだが、中華おこげをトッピングしているのが特徴だ。


「豆腐のフワフワ感だけではなく、おこげのサクサク感も楽しめます。また、肉も粗挽きのミンチを使っていますので、濃厚な旨みと食感も堪能してください」
と、浅見さん。

実際に食べてみたが、ミンチと豆腐、おこげのバランスが最高!

ご飯にぶっかけて食べたくなった。

ランチでは、おこげのトッピングはないが、サラダと玉子スープ、杏仁豆腐、ご飯、漬物が付いて980円。


担々麺も通常は肉味噌をのせるが、「秀の担々麺」(830円)はご覧の通り、蒸し鶏を使っている。

これはゴマとの相性を考えてのことだとか。

芝麻醤やラー油が手作りなのは言うまでもないが、特筆すべきはベースとなる清湯スープのクオリティ。

隠し味に和風ダシをくわえているそうで、味に奥行きを感じるのだ。


どの料理にも共通しているのは、基本がしっかりしていること。

「創作」というフレーズは、あまりにも使い古されたような感があるが、小手先だけでできるものでは決してないのだ。

中国料理 秀(ひで) ~創作
[住所]愛知県名古屋市瑞穂区弥富通5-20-1 プルミエ1階
[TEL]052-848-7080
[営業時間]11時半~14時半(13時半L.O.)、17時半~22時(21時L.O.)
[定休日]木曜







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連するキーワード


酢豚 名古屋めし 中華料理

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(56) 台湾人が日常的に食べている料理が楽しめる『台湾飲茶cafe 茶坊』

名古屋エリア限定グルメ情報(56) 台湾人が日常的に食べている料理が楽しめる『台湾飲茶cafe 茶坊』

私事で恐縮だが、2018年9月に台湾・台北へ行った。現地に出店した名古屋の飲食店の取材が目的だったが、その合間に台湾のグルメも楽しんだ。そこでわかったのは、名古屋にある台湾料理店との味の違い……。 そこで、本場の味を名古屋で探したところ、名東区一社で見つけた。


名古屋エリア限定グルメ情報(55) 本当は教えたくない! 10月、名古屋駅新幹線口にオープンした寿司の新店

名古屋エリア限定グルメ情報(55) 本当は教えたくない! 10月、名古屋駅新幹線口にオープンした寿司の新店

明日が人生最後の食事だったら、何を食べるか──。私は迷わず「寿司!」と即答する。だが、名古屋・栄の錦三丁目あたりで食べたら、2万円以上は覚悟せねばならない。私のような貧乏ライターにとっては高嶺の花……。 そんななか、見つけてしまったのである。旨くて安いのは当たり前だが、雰囲気も高級店に引けをとらない店を。


名古屋エリア限定グルメ情報(54) 名古屋駅構内『名古屋驛麺通り』に博多の名店『ラーメン 海鳴』がオープン!

名古屋エリア限定グルメ情報(54) 名古屋駅構内『名古屋驛麺通り』に博多の名店『ラーメン 海鳴』がオープン!

名古屋駅構内で全国各地のご当地ラーメンが楽しめる『名古屋驛麺通り』に、11月9日(金)、『ラーメン 海鳴(うなり)』がオープンした。 2009年に博多・清川で創業し、とんこつスープと魚介スープを融合した新しいカタチの博多ラーメン「魚介とんこつラーメン」で一世を風靡した名店中の名店である……。


名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋めしの一つとして数えられるエビフライ。名古屋だけに何かしらのヒネリをくわえてあると思われがちだが、いたってフツー。全国で食べられているエビフライと何ら変わらない。ただ、どの店もやたらと大きさをウリにしている……。


名古屋エリア限定グルメ情報(52) 沖縄生まれ、名古屋育ち。『jam's TACOS』の「シオタコス」はクセになる美味しさ!

名古屋エリア限定グルメ情報(52) 沖縄生まれ、名古屋育ち。『jam's TACOS』の「シオタコス」はクセになる美味しさ!

最近、ブームになりつつあるタコス。名古屋・栄4丁目にあるタコス専門店『jam's TACOS(ジャムズタコス)』には、ここでしか食べられないタコスがあるという。どうせ名古屋だけに八丁味噌でも使っているのだろうと高を括っていたが、出てきたものはまったく違っていた……。


最新の投稿


美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。


マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。


ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。


ランキング


>>総合人気ランキング