MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
築地 寿司清|“駅ナカ”グランスタのココも三ツ星店!(寿司/東京)

築地 寿司清|“駅ナカ”グランスタのココも三ツ星店!(寿司/東京)

明治22年創業の寿司の名店は東京駅に2店舗あるが、駅ナカのグランスタでは10時まで朝食メニューを提供。江戸前の仕事を施したにぎり「和(なごみ)」(1600円)などがいただける。

築地 寿司清(最寄駅:東京駅)

“駅ナカ”グランスタのココも三ツ星店!

写真は「鯛胡麻だれ」(670円)。真鯛を香り高く濃厚な胡麻ダレにしっかり絡めたら、まずはピカピカのご飯と頬張りたい。次いで濃いめに引かれたカツオダシをたっぷりとかければ、さらなる至福が待っている。

鯛胡麻だれ
700円

築地 寿司清

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内地下1階(改札内) [TEL]03-5220-6865 [営業時間]7時~22時(L.O. カウンター21:30・テーブル22:00) ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内地下中央改札から徒歩2分

電話番号 03-5220-6865
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
予約困難な名店、東京・四ツ谷の『すし匠』で約15年、腕を磨いた店主が作り出す「ばらちらし」。30種類以上のネタが美しく盛られ、それらが響き合うハーモニーは見事のひと言だ。
価格高騰のため、大手チェーンからは姿を消しつつあるウニ。もう100円では手が届かない……(泣)。
立ち食いだからと侮るなかれ。常時40~50揃うネタにはヅケもあれば煮ハマと言ったものまで用意。
店に入ると左手にカウンター、右手にゆったりしたテーブル席。気楽に居酒屋使いもできるのがうれしいところだ。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
かつての学芸大学から移って5年、白金高輪の地に隠れ家のような面持ちである店は、きれいな空気感がある。ほんのり甘くダシが品よく利いた玉子焼きしかり、プリッとしたエビとイカをサクッと軽く揚げたかき揚げしかり。
住宅街の奥深くに佇む『ターキー』。初めてでは見つけにくいけれど、各地から熱烈ファンが訪れる街中華の名店だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt