MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
はまの屋パーラー|昭和の名店のリニューアルメニューに加わったホットケーキ(カフェ/有楽町)

はまの屋パーラー|昭和の名店のリニューアルメニューに加わったホットケーキ(カフェ/有楽町)

昭和41年にオープンした「はまの屋パーラー」、ここの厚焼き玉子をはさんだサンドゥイッチは、知る人も多いだろう。しかし先代の高齢化により、平成23年に閉店。その味を惜しむ声があまりにも多く、リニューアルオープンした。[交]JR有楽町駅から徒歩約1分 ※ランチタイム有

はまの屋パーラー(最寄駅:有楽町駅)

昭和41年にオープン。ここの厚焼き玉子をはさんだサンドゥイッチは、知る人も多いだろう。しかし先代の高齢化により、平成23年に閉店。その味を惜しむ声があまりにも多く、リニューアルオープンした。ホットケーキは、新たに加わったメニューだが、昭和レトロな店内(なんと球体の星占いマシンもある)でいただく味は、このうえなく懐かしいものだ。

自家製ラムレーズンのホットケーキ
730円

秋限定の予定だったが、人気のあまり継続メニューに。生地にもラムレーズンを練りこんであるため、かなりの大人味だ

ホットケーキ
500円

薄手で、ワッフルにも似た香り高い「ホットケーキ」。花形にかたどられたマーガリンがかわいらしい。

はまの屋パーラー

[住所]東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1F [TEL]03-3212-7447 [営業時間]月〜土9時~18時、日10時~17時 [休日]祝・年末年始 [交通アクセス]JR有楽町駅から徒歩約1分

電話番号 03-3212-7447
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。
更新: 2019-02-15 10:23:46
電気機器専門のパーツ店やエンタメ系カフェが並ぶ通りの中に佇む、琥珀色の喫茶店。1984年に4代目の店主となった中村光雅さんは、ほぼ毎日お店を開けている。
更新: 2018-12-15 12:00:00
JR駅周辺の再開発地域が別世界に感じられる、どっしり落ち着いた外観。一説によれば、店が入るビルは築100年にもなるとか。
更新: 2018-12-14 18:00:00
高円寺『サルトリイバラ喫茶室』|印象的なブリティッシュグリーンの壁の色、明治~昭和にかけて作られたデッドストックのカップ。男性ひとりで訪れても絵になる空間でいただけるのは、国内各地で作られた無農薬の国産紅茶(和紅茶)だ。
更新: 2018-12-08 12:00:00
紅茶と共に、食事もしっかり食べられるお店。例えば、人気の「喫茶おとらの魯肉飯」。
更新: 2018-12-07 12:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt