MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ANCLAR|八重洲地下街のココも三ツ星店!(スペイン料理/東京)

ANCLAR|八重洲地下街のココも三ツ星店!(スペイン料理/東京)

カジュアルな雰囲気のスペインバル。看板商品のパエリアは全5種類。

ANCLAR(最寄駅:東京駅)

八重洲地下街のココも三ツ星店!

写真の「漁師風魚介のパエリア」は、魚貝の旨みを十分に吸ったご飯の鍋肌部分がパリパリに仕上げられ、スプーンが止まらない。パプリカの甘みもポイント高し。出来上がりまで約40分かかるので、早めにオーダーしたい。また、タパス類やグリル料理も充実。「しらすと卵黄のアヒージョ」(1100円)の絶妙な塩気は、ワインやバゲットをおかわりしたくなる旨さだ。

漁師風魚介のパエリア
3300円

ANCLAR

[住所]東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街 外堀地下2番通り [TEL]03-6262-3717 [営業時間]11時~22時半(21時半LO)、土・日・祝11時~22時(21時LO)※年末年始は短縮営業 ※ランチタイム有 [休日]無休 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口改札から徒歩5分

電話番号 03-6262-3717
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
おとなの週末「三ツ星プレミアムビールを満喫できる店」特集掲載店舗。スペイン&メキシコ料理の店。
錦糸町で日本人オーナーシェフが腕をふるうスペイン料理『バル ポルテーニョ』。アルゼンチン料理を目当てに向かった。
「美味しいカバを探していましたが、コンデ・デ・カラルはまさにイメージ通りです。バランスがよくて、味に奥行きがあるので料理を選ばない」と太鼓判を押すのは、スペインのミシュラン星付き店で修業を積んだ『フェルミンチョ』の作元慎哉シェフ。※ランチタイム有
欧州からの輸入品を扱う食品会社が直営するレストランで、ランチタイムに行っているのが、自社製品をふんだんに使ったビュッフェだ。産直野菜を20種〜30種類も集めた豊富なサラダや、日替わりの肉・魚料理、パエリア、カレーなど、彩り豊かな料理がビュッフェ台に並ぶ。※ランチタイム有
「三ツ星カニ料理 洋食編」特集掲載店、飯田橋の「マリスケリア エル プルポ」は旬の食材を積極的に取り入れた、魚介がウリのスペインバル。[交]飯田橋駅西口から徒歩6分。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt