[玉丁本店]名物は本場の味、味噌煮込みうどん(郷土料理/東京駅)

[玉丁本店]名物は本場の味、味噌煮込みうどん(郷土料理/東京駅)

東京駅の[玉丁本店]の名物はもちろん本場の味を堪能できる味噌煮込みうどん。グツグツと音を立てる土鍋の中から現れるのは、厳選された小麦粉を水のみで打ち上げた自慢の極太麺だ。


玉丁本店(最寄駅:東京駅)

コシの強さがピカイチ!これぞ本場の煮込みうどん

箸で持ち上げるとずっしり重く、シコシコとしたパワフルなコシが歯に伝わってくる。存在感あふれる麺を引き立てるのが、厚削りの宗田節とムロ節をじっくり煮出した濃厚な旨みのダシ。そこに名古屋特産の赤味噌に白味噌を合わせ、奥深いコクがありつつも、すっきりとしたツユに仕上げている。どてやきや手羽先唐揚など、郷土色あふれるつまみも豊富で居酒屋感覚で楽しめる。

味噌煮込みうどん 1026円

湯気と共に立ち上る味噌の香りが食欲を刺激! ツユをご飯にかけ、おじや風に食すのもオススメだ

手羽先唐揚 519円

パリッと香ばしく揚げ、継ぎ足して作る門外不出の秘伝のタレをたっぷり絡める。スパイシーでビールにピッタリ

どて盛り合わせ 702円

豆味噌と八丁味噌をブレンドした力強い風味の味噌ダレで、大根や玉子をじっくり煮込み、味をしみ込ませている

お店からの一言

店長 中村光政さん

「昼飲みも大歓迎です」

玉丁本店の店舗情報

[住所]東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街外堀地下2番通り [TEL]03-6225-4831 [営業時間]11時~23時(22時LO)、土・日・祝11時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計66席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下中央口から徒歩5分

電話番号 03-6225-4831
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


超駅近で高コスパの寿司が食べられる!東京駅TOKIA内『鮨一輝 東京丸の内店』

超駅近で高コスパの寿司が食べられる!東京駅TOKIA内『鮨一輝 東京丸の内店』

ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。


気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

気軽に入れるロシアで人気の老舗レストラン!丸の内『ゴドノフ』

ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。


東京駅で東京土産を買おう!おすすめ14選!

東京駅で東京土産を買おう!おすすめ14選!

〝東京限定土産〞〝東京駅限定土産〞と書かれていても、実は東京以外のお店であることも多いんです。美味しければそれも良しですが、どうせなら東京で作られた本当の“東京土産”を探したい!和菓子、洋菓子、お酒、雑貨までおすすめ土産を紹介!撮影/小島昇 取材/松田有美


[丸の内 ランチ]14選!グルメライター実食、プチ贅沢ランチ情報

[丸の内 ランチ]14選!グルメライター実食、プチ贅沢ランチ情報

東京駅周辺の丸の内エリアのランチ情報。高層ビルをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめランチ14選!7つの高層ビル、丸ビル/KITTE(キッテ)/東京ビル TOKIA トキア/丸ノ内ブリックスクエアのランチをご紹介。撮影/小澤晶子、瀧澤晃一 取材/林 匠子、井島加恵


ウニ専門店“卵かけうにご飯”がミラクル旨い!東京駅『うに屋のあまごころ』

ウニ専門店“卵かけうにご飯”がミラクル旨い!東京駅『うに屋のあまごころ』

ウニと卵のキセキのコラボレーション! 昭和28年に長崎県・壱岐島で創業した、老舗ウニ専門店発の1杯だ。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング