ふっくら羽釜炊きご飯を郷土料理のおかずと共に|米どころん 八重洲店(郷土料理/東京)

ふっくら羽釜炊きご飯を郷土料理のおかずと共に|米どころん 八重洲店(郷土料理/東京)

ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい! そんな時はここを訪れるべし。


米どころん 八重洲店(最寄駅:東京駅)

ふっくら羽釜炊きご飯を郷土料理のおかずと共に

新潟県のスーパーが直営する定食&居酒屋で、定食を注文すれば、ご飯と味噌汁はセルフでオカワリ自由。このご飯がただ者ではない旨さなのだ。県産の特別栽培米のコシヒカリを使用し、専用の羽釜で炊き上げる。手間を惜しまず少量ずつ火にかけるため、いつでも炊きたてだ。王道のハンバーグや焼き魚に混じって、「タレカツ丼」や「鮭の焼き漬け」など、素朴な味わいの郷土料理も揃えている。夜はこれらをつまみながら、新潟地酒を傾けるのもいいだろう。

新潟車麩と豚肉の玉子とじ定食 890円

ふっくらと煮た車麩を口に含めば、ジュワッとツユがしみ出す。あっさりしつつも、食べ応えのあるヘルシーな定食だ

鮭の焼き漬け定食 890円

身を焼いてから、さらに醤油や酒のタレで煮た郷土料理。タレがしみ込んだ鮭が絶品だ

わらじタレカツ丼 950円

特大カツが2枚ドーンとのる。甘辛い醤油ダレでご飯がグイグイ進む

お店からの一言

スタッフ 後藤ひろ子さん
高正智恵さん

「しぼりたての新酒も続々入荷しています!」

米どころん 八重洲店

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階 [TEL]03-5218-5557 [営業時間]11時~23時(22時半LO)、土・日・祝11時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]計56席/11時~15時全席禁煙、15時~分煙/17時以降は予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下南口から徒歩5分

電話番号 03-5218-5557
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

愛知県の隣、岐阜県で肉といえば、飛騨牛があまりにも有名である。では、豚肉はどうか。岐阜のブランド豚、「ボーノポークぎふ」は、知名度こそまだまだだが、鹿児島の黒豚や沖縄のアグー豚にも負けてはいない。 今回紹介する『豚料理 とんと』は、ボーノポークぎふに魅せられた店主が作る、こだわり満載のメニューだ……。


お坊さんがいる「寺カフェ」!優しい料理に癒される(カフェ/代官山)

お坊さんがいる「寺カフェ」!優しい料理に癒される(カフェ/代官山)

 1481年に建立された川崎市の信行寺。住職の浅野さんが「仏教の教えをもっと身近に感じてほしい」と、6年前に新丸ビルのカフェとコラボで1週間の寺カフェを開いたところ好評で、3年前に常設の寺カフェをオープンさせた。


期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。


東京駅ビューも楽しめる!今までとはひと味もふた味も違うベトナム料理

東京駅ビューも楽しめる!今までとはひと味もふた味も違うベトナム料理

カサブランカシルク 丸の内(無国籍料理/東京)は、「客船」をテーマに作られた、エレガントでオリエンタルな内装。加えて東京駅ビューまで楽しめるのだから、旅情気分がそそられること間違いなし。


宮崎料理 万作|宮崎生まれの肉・野菜・果実が集結(郷土料理/東京)

宮崎料理 万作|宮崎生まれの肉・野菜・果実が集結(郷土料理/東京)

 宮崎料理の名物として知られる鶏の炭火焼をはじめ、チキン南蛮、玉子丼など、『宮崎料理 万作』の名物料理が一度に楽しめるのが、「贅沢万作御膳」。なかでもひと際目を引く玉子丼は、ゴクゴクと飲めそうなほどとろっとろだ。


最新の投稿


コスパ&眺望が抜群!新橋でおすすめのホテルブッフェ!

コスパ&眺望が抜群!新橋でおすすめのホテルブッフェ!

三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。


秋葉原の唸るラーメン!「潮 くろ喜」の「特製潮そば」

秋葉原の唸るラーメン!「潮 くろ喜」の「特製潮そば」

行列店『饗 くろ喜』が金曜の限定ブランドを刷新。貝ダシ×ハーブ×スパイスというかつてない試みで、新境地に挑む。


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。今回は観光列車「ろくもん」のおすすめポイントと、長野駅をご紹介します! 撮影/大西尚明、ツジノワタル(大阪) 取材/飯田 守(幸村)、飯田かおる(ろくもん、上田、長野)、松井さおり(小諸、田中、大屋、長野)


三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。前編では小諸駅~上田駅をご紹介します!


ランキング


>>総合人気ランキング