米どころん 八重洲店(定食/東京駅)-ランチ定食のグルメ記事と写真

米どころん 八重洲店(定食/東京駅)-ランチ定食のグルメ記事と写真

東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階


米どころん 八重洲店(最寄駅:東京駅)

ふっくら羽釜炊きご飯を郷土料理のおかずと共に

新潟県のスーパーが直営する定食&居酒屋で、定食を注文すれば、ご飯と味噌汁はセルフでオカワリ自由。このご飯がただ者ではない旨さなのだ。県産の特別栽培米のコシヒカリを使用し、専用の羽釜で炊き上げる。手間を惜しまず少量ずつ火にかけるため、いつでも炊きたてだ。王道のハンバーグや焼き魚に混じって、「タレカツ丼」や「鮭の焼き漬け」など、素朴な味わいの郷土料理も揃えている。夜はこれらをつまみながら、新潟地酒を傾けるのもいいだろう。

新潟車麩と豚肉の玉子とじ定食 890円

ふっくらと煮た車麩を口に含めば、ジュワッとツユがしみ出す。あっさりしつつも、食べ応えのあるヘルシーな定食だ

鮭の焼き漬け定食 890円

身を焼いてから、さらに醤油や酒のタレで煮た郷土料理。タレがしみ込んだ鮭が絶品だ

わらじタレカツ丼 950円

特大カツが2枚ドーンとのる。甘辛い醤油ダレでご飯がグイグイ進む

お店からの一言

スタッフ 後藤ひろ子さん
高正智恵さん

「しぼりたての新酒も続々入荷しています!」

米どころん 八重洲店の店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階 [TEL]03-5218-5557 [営業時間]11時~23時(22時半LO)、土・日・祝11時~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]計56席/11時~15時全席禁煙、15時~分煙/17時以降は予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下南口から徒歩5分

電話番号 03-5218-5557
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』

こんなの初めて!粋なフレンチ!西秋葉原『CHAMP DIVIN 3331』

元中学校を利用した文化施設内に2017年6月オープン。フレンチをベースに、シジミや白子、柚子、黒七味など、和の食材や調味料を巧みに織り交ぜた、粋を感じさせるメニューが楽しめる。


西秋葉原発!フォトジェニックなミルクシェイク&絶品ハンバーガー!

西秋葉原発!フォトジェニックなミルクシェイク&絶品ハンバーガー!

西秋葉原『BURGER & MILKSHAKE CRANE』|キリッと美しいハンバーガーである。ふっかりしたバンズにジューシーなパテ、トマト、レタス、オニオン、マヨネーズ。


旨み溢れる“自慢の「藁焼きカツオ」”を種類豊富な酒とともに味わえる店!

旨み溢れる“自慢の「藁焼きカツオ」”を種類豊富な酒とともに味わえる店!

西秋葉原『クリエーションジャパニーズフード 81+』|山小屋風の外観が目を引く居酒屋。刺身や竜田揚げ、天ぷらといった和の献立が並ぶなか、ひと際強く存在感を放つのが“藁焼き”だ。


東秋葉原『貝とぬる燗 潮音』の貝が濃厚で旨すぎてハマる人続出中!

東秋葉原『貝とぬる燗 潮音』の貝が濃厚で旨すぎてハマる人続出中!

「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。


[丸の内 ランチ]14選!高層ビルでプチ贅沢ランチ情報

[丸の内 ランチ]14選!高層ビルでプチ贅沢ランチ情報

東京駅周辺の丸の内エリアの高層ビルをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめランチ14選!7つの高層ビル、丸ビル/KITTE(キッテ)/東京ビル TOKIA トキア/丸ノ内ブリックスクエアの高層ビルのランチをご紹介します。撮影/小澤晶子、瀧澤晃一 取材/林 匠子、井島加恵


最新の投稿


美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。


マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。


ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。


ランキング


>>総合人気ランキング