MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

おかずとしてのポテンシャルが高いハンバーグ。お上品にパンをちぎりながら食べるのではなく、恥も外聞もかなぐり捨ててご飯をかっ喰らうのが正しい作法であると私は思う。そんな、私が子どものころに食べた、スパイスが効いていて肉の密度を感じるハンバーグを『キッチン はせ家』で見つけてしまったのである……。

東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!


おかずとしてのポテンシャルが高いハンバーグ。

お上品にパンをちぎりながら食べるのではなく、恥も外聞もかなぐり捨ててご飯をかっ喰らうのが正しい作法であると私は思う。

しかし、最近のハンバーグときたら、やれ肉汁がどうとか、食感がやわらかいとか、どーでもいいことばかりがフィーチャーされている。

それを求めるのなら、ステーキを喰え! と、言いたい。


私が子どものころに食べたハンバーグは、肉の臭みを消すためだったのだろうが、やたらとスパイスがきいていた。

食感もふんわりとはほど遠く、肉の密度を感じる歯ごたえもあった。

もう、そんなハンバーグにはお目にかかることができないのかと諦めかけていたとき、東区泉1丁目の『キッチン はせ家』で見つけてしまったのである。


街の洋食屋という佇まいだが、1963(昭和38)年に創業した純喫茶『純喫茶 はせ』がルーツ。

当時から、スパゲティをはじめとするフードメニューが人気で、わざわざ遠方から訪れる客も多かったという。


「とくに牛すじと香味野菜をじっくりと煮込んだ自家製のミートソースをたっぷりとかけた『鉄板スパゲティ・ミートソース』が人気でした。
昔からハンバーグにもこのソースを使っています」

と、チーフの小川正雄さん。


これが今もハンバーグと並ぶ店の名物の「鉄板スパゲティ・ミートソース」(900円)。

フォークに極太麺を絡めてクルクル……。

ハフハフしながら口へ運ぶと、肉の旨みを凝縮させた濃厚な味わいがドッカーン!

具材はゆで卵とグリーンピースのみとシンプルだが、このソースだけかかっていれば、ほかは何も要らないほど完成度が高い。

ますます、ハンバーグへの期待が高まるではないかっ!



こちらが「ハンバーグランチ・デミソース」(1000円)。

おおっ!

熱々の鉄板でジュージューと旨そうな音を立てている。

ナイフでひと口大にカットして、ハフハフ、フーフーしながら口へイン。

ガツン! とパンチのきいたスパイスの刺激とともに肉の旨みが炸裂!

それを鎮火すべくご飯をかっ喰らうも、またハンバーグが食べたくなる。

もう、無限にイケるのだ。



「私が17年前に店を継いだとき、ソースとの相性と食べ応えを考えて、ハンバーグのレシピを変えました。
牛8に豚2の割合で粗挽きにしたミンチを使っていますから、肉々しい食感が楽しめます。
味付けもやや濃いめにしました」
(小川さん)


ハンバーグを付け合わせの目玉焼きの黄身に絡めて食べると、マイルドな味わいとなり、一層ご飯がすすむ。

添えられたたっぷりのナポリタンとインゲンをソースにつけても旨い。

また、「もっとハンバーグを食べたい!」という人は、2枚の「ダブル」(1800円)や3枚の「トリプル」(2400円)も用意しているそうだ。


ハンバーグはあまりの人気で、13時半ごろには売り切れてしまうこともあるそうなので、お早めに!


キッチン はせ家
[住所]愛知県名古屋市東区泉1-21-1
[TEL]052-971-3192
[営業時間]11時~14時半(売り切れ次第閉店)
[定休日]日、祝、第3土曜







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
岐阜県は、国的な知名度を誇る飛騨牛をはじめ、ブランド豚の美濃けんとん、奥美濃古地鶏など、食材の宝庫。今回は番外編として、岐阜で私が見つけた美味しい店『手打ちうどん 丼物 角浅(かくあさ)』を紹介しよう。
更新: 2019-03-11 16:14:20
以前にも触れたが、2018年9月、私は台湾・台北へ行ってきた。 そのとき、台北駅構内の飲食店街で大行列を作っていたのが『鶏三和 微風台北駅店』。台湾の人たちが、とろとろ・ふわふわ食感の親子丼を美味しそうに食べていたのを今でも覚えている……。
更新: 2019-02-27 16:05:00
「今日はイタリアンな気分!」と思っても、子供や両親を連れての食事は、どうしても回転寿司やファミレスなどになりがち。やはり、家族でイタリアンというのはハードルが高いのか……?  名古屋市天白区の閑静な住宅街にある『イタリア料理 リベルタ』は、そんな要望に応えてくれる店だ。
更新: 2019-02-19 16:00:00
私の地元にある飲食店は、大手チェーン店ばかりでイマイチ面白みがないと思っていた。しかし、いつも通る道で私が自信を持ってオススメできる店を見つけてしまったのである……! それが、名鉄犬山線徳重名古屋芸大駅前にある『AFuRe kitchen(アフレキッチン』だ。
更新: 2019-03-11 16:14:11
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt