名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

名古屋エリア限定グルメ情報(40) 東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!

おかずとしてのポテンシャルが高いハンバーグ。お上品にパンをちぎりながら食べるのではなく、恥も外聞もかなぐり捨ててご飯をかっ喰らうのが正しい作法であると私は思う。そんな、私が子どものころに食べた、スパイスが効いていて肉の密度を感じるハンバーグを『キッチン はせ家』で見つけてしまったのである……。


東区泉1丁目『キッチン はせ家』の、おかず度MAXのハンバーグでご飯をかっ喰らう!


おかずとしてのポテンシャルが高いハンバーグ。

お上品にパンをちぎりながら食べるのではなく、恥も外聞もかなぐり捨ててご飯をかっ喰らうのが正しい作法であると私は思う。

しかし、最近のハンバーグときたら、やれ肉汁がどうとか、食感がやわらかいとか、どーでもいいことばかりがフィーチャーされている。

それを求めるのなら、ステーキを喰え! と、言いたい。


私が子どものころに食べたハンバーグは、肉の臭みを消すためだったのだろうが、やたらとスパイスがきいていた。

食感もふんわりとはほど遠く、肉の密度を感じる歯ごたえもあった。

もう、そんなハンバーグにはお目にかかることができないのかと諦めかけていたとき、東区泉1丁目の『キッチン はせ家』で見つけてしまったのである。


街の洋食屋という佇まいだが、1963(昭和38)年に創業した純喫茶『純喫茶 はせ』がルーツ。

当時から、スパゲティをはじめとするフードメニューが人気で、わざわざ遠方から訪れる客も多かったという。


「とくに牛すじと香味野菜をじっくりと煮込んだ自家製のミートソースをたっぷりとかけた『鉄板スパゲティ・ミートソース』が人気でした。
昔からハンバーグにもこのソースを使っています」

と、チーフの小川正雄さん。


これが今もハンバーグと並ぶ店の名物の「鉄板スパゲティ・ミートソース」(900円)。

フォークに極太麺を絡めてクルクル……。

ハフハフしながら口へ運ぶと、肉の旨みを凝縮させた濃厚な味わいがドッカーン!

具材はゆで卵とグリーンピースのみとシンプルだが、このソースだけかかっていれば、ほかは何も要らないほど完成度が高い。

ますます、ハンバーグへの期待が高まるではないかっ!



こちらが「ハンバーグランチ・デミソース」(1000円)。

おおっ!

熱々の鉄板でジュージューと旨そうな音を立てている。

ナイフでひと口大にカットして、ハフハフ、フーフーしながら口へイン。

ガツン! とパンチのきいたスパイスの刺激とともに肉の旨みが炸裂!

それを鎮火すべくご飯をかっ喰らうも、またハンバーグが食べたくなる。

もう、無限にイケるのだ。



「私が17年前に店を継いだとき、ソースとの相性と食べ応えを考えて、ハンバーグのレシピを変えました。
牛8に豚2の割合で粗挽きにしたミンチを使っていますから、肉々しい食感が楽しめます。
味付けもやや濃いめにしました」
(小川さん)


ハンバーグを付け合わせの目玉焼きの黄身に絡めて食べると、マイルドな味わいとなり、一層ご飯がすすむ。

添えられたたっぷりのナポリタンとインゲンをソースにつけても旨い。

また、「もっとハンバーグを食べたい!」という人は、2枚の「ダブル」(1800円)や3枚の「トリプル」(2400円)も用意しているそうだ。


ハンバーグはあまりの人気で、13時半ごろには売り切れてしまうこともあるそうなので、お早めに!


キッチン はせ家
[住所]愛知県名古屋市東区泉1-21-1
[TEL]052-971-3192
[営業時間]11時~14時半(売り切れ次第閉店)
[定休日]日、祝、第3土曜







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連するキーワード


ハンバーグ 名古屋めし

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(56) 台湾人が日常的に食べている料理が楽しめる『台湾飲茶cafe 茶坊』

名古屋エリア限定グルメ情報(56) 台湾人が日常的に食べている料理が楽しめる『台湾飲茶cafe 茶坊』

私事で恐縮だが、2018年9月に台湾・台北へ行った。現地に出店した名古屋の飲食店の取材が目的だったが、その合間に台湾のグルメも楽しんだ。そこでわかったのは、名古屋にある台湾料理店との味の違い……。 そこで、本場の味を名古屋で探したところ、名東区一社で見つけた。


名古屋エリア限定グルメ情報(55) 本当は教えたくない! 10月、名古屋駅新幹線口にオープンした寿司の新店

名古屋エリア限定グルメ情報(55) 本当は教えたくない! 10月、名古屋駅新幹線口にオープンした寿司の新店

明日が人生最後の食事だったら、何を食べるか──。私は迷わず「寿司!」と即答する。だが、名古屋・栄の錦三丁目あたりで食べたら、2万円以上は覚悟せねばならない。私のような貧乏ライターにとっては高嶺の花……。 そんななか、見つけてしまったのである。旨くて安いのは当たり前だが、雰囲気も高級店に引けをとらない店を。


名古屋エリア限定グルメ情報(54) 名古屋駅構内『名古屋驛麺通り』に博多の名店『ラーメン 海鳴』がオープン!

名古屋エリア限定グルメ情報(54) 名古屋駅構内『名古屋驛麺通り』に博多の名店『ラーメン 海鳴』がオープン!

名古屋駅構内で全国各地のご当地ラーメンが楽しめる『名古屋驛麺通り』に、11月9日(金)、『ラーメン 海鳴(うなり)』がオープンした。 2009年に博多・清川で創業し、とんこつスープと魚介スープを融合した新しいカタチの博多ラーメン「魚介とんこつラーメン」で一世を風靡した名店中の名店である……。


名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋めしの一つとして数えられるエビフライ。名古屋だけに何かしらのヒネリをくわえてあると思われがちだが、いたってフツー。全国で食べられているエビフライと何ら変わらない。ただ、どの店もやたらと大きさをウリにしている……。


名古屋エリア限定グルメ情報(52) 沖縄生まれ、名古屋育ち。『jam's TACOS』の「シオタコス」はクセになる美味しさ!

名古屋エリア限定グルメ情報(52) 沖縄生まれ、名古屋育ち。『jam's TACOS』の「シオタコス」はクセになる美味しさ!

最近、ブームになりつつあるタコス。名古屋・栄4丁目にあるタコス専門店『jam's TACOS(ジャムズタコス)』には、ここでしか食べられないタコスがあるという。どうせ名古屋だけに八丁味噌でも使っているのだろうと高を括っていたが、出てきたものはまったく違っていた……。


最新の投稿


美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。


マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。


ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。


ランキング


>>総合人気ランキング