MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ラ・ミニョネット(フレンチ/八重洲)ー「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店

ラ・ミニョネット(フレンチ/八重洲)ー「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店

八重洲エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ店。「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。

ラ・ミニョネット(最寄駅:東京駅)

華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する

「この店に来たらこれが食べたい、を根付かせたいんです」と店主。そのひとつがオニオングラタンスープだろう。玉ネギを5~6時間かけて炒め、鶏のガラやモミジを使ったブイヨンで作るそれは、信じられないほど甘みとコクが奥深く、熱々をハフハフしながら食べる手が止まらない。牛ほほ肉の煮込みも必食の逸品。付け合わせにオムライスが付く遊び心がうれしく、頬張れば旨さに仰天。そして「また訪れたい」と、心から思ってしまうのだ。

和牛ホホ肉の赤ワイン煮込みオムライス添え
2600円

赤ワインとフォンドボーで5時間ほど煮込んだ牛ほほ肉はホロッと崩れるほど柔らかい。付け合わせはオムライス。ソースを米に絡めて皿を舐めるように完食する人も多い

オニオングラタンスープ
800円

水分を飛ばし飴色になるまで炒めた玉ネギとバゲットが入る。チーズとバターの風味も加わって、絶品のひと言

海老と野菜のマリネ、人参ムースとコンソメジュレ
980円

ニンジンのムースの上に生のエビと野菜のマリネ、コンソメジュレがたっぷり

お店からの一言

店主 渡部修大さん(右)、スタッフ 小平望さん

「長く愛される飽きの来ない料理を目指してます」

ラ・ミニョネット

[住所]東京都中央区日本橋3-1-15 2階[TEL]03-5542-1601 [営業時間]11時~14時半(14時LO)、18時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日(日が祝の場合は営で月休) 席26席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、席料500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分

電話番号 03-5542-1601
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
笑っちゃうほどトリュフ山盛りのトーストに度肝を抜かれたかと思えば、これまたウニどっさりの野菜ムースの旨さに絶句。とそこへ酒場の定番、ハムカツだ。
 昨年11月に神田から神楽坂へ移転。フランスの一流レストランで腕を磨いた大谷大三郎シェフの伝統的かつオリジナリティあふれる料理が楽しめる。
神楽坂のフレンチの名店『ラ・トゥーエル』やフランスで修業を積んだシェフ・金田賢二郎さんのベースは伝統的なフレンチ。その中に、季節感や今の時代のテイストが巧みに盛り込まれている。
契約農家から毎朝届く朝採れの三浦野菜を中心に、定番から珍しい品種まで50種以上の野菜を使うビストロ料理が評判。生産者支援も根底にあるため、市場で流通されない規格外も受け入れ、ほぼ余すところなく利用する姿勢もこの店の魅力だ。
446views フレンチ
鎌倉は由比ヶ浜で人気の古民家の蕎麦屋『鎌倉 松原庵』。その趣と味を持ち込み、表参道のけやき並木を見下ろす空間は、一瞬どこにいるか忘れる風情だ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
ドイツで100年以上愛されているバウムクーヘン。卵、バター、小麦粉など素材の味が広がる素朴な美味しさは万人受け間違いなし。
創業して52年目。 その老舗そば店は、京都洛北の大幸寺にルーツがある。 時代は江戸まで遡る。300年以上伝承されてきた「そば打ち秘伝」「つけ汁仕立て御式」を受け継いだのが「そばよし LINKS UMEDA店」だ。
性格が子どもじみているのかもしれないが、私は混ぜる食べ物が大好きである。 そんな混ぜるの大好き! おっさん女子的に混ぜたい食べ物の王道は、石焼ビビンバだ。 そして吉祥寺で石焼ビビンバを食べるのは、ダイヤ街のビルの2階にある『D韓』です。 食べ盛りの若い男子は、ランチ食べ放題がおすすめだよ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt