MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Babélico(イタリアンバル/京橋)-京橋で高級食材がワンコインのイタリアンバル

Babélico(イタリアンバル/京橋)-京橋で高級食材がワンコインのイタリアンバル

京橋エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめイタリアンバル。オマール海老やトリュフなど高級食材のつまみがワンコイン?! 思わず二度見してしまう安さに「原価率は半分以上です」とシェフの平井さんは笑う。

Babélico(最寄駅:東京駅・京橋駅)

高級食材がワンコイン気軽に通えるイタリアンバル
そう、界隈で注目のこちらは9月にオープンしたニューフェイス。冒頭のそれが店の目玉というワケだ。安くても品質は上等。ポーションを小さくすることで「ハレの食材を安心価格で」にこだわったという。実家が寿司屋だった平井さん。和食の腕を磨いた経験もあることから、盛り付けや調味料に和の要素が散りばめられているのも特徴だ。肉料理はグラムを選べるなど客目線のおもてなしに加え、どれも酒のつまみに合う味を意識したそう。それがさりげなく旨い。

1ワンコインつまみ(トリュフがけのローストビーフ、煮穴子のリゾット寿司焼きオマールエビ)
すべて500円

オマール海老のテール半身やトリュフたっぷりのローストビーフなどがワンコイン。手間はもちろん盛り付けも手抜きなし

シェフ厳選の豚肉グリル(150g)、オーストラリア産牛リブロースグリル(150g)
1280円、1580円

脂身がみずみずしい埼玉県の金井豚とオーストラリア産牛肉のグリル。お好みの量で組み合わせできる

カチョ・エ・ペぺ トリュフの香り・卵黄をのせて
1000円

チーズとコショウを利かせたシンプルパスタ。仕上げに卵黄をのせ、トリュフオイルで風味付ける

お店からの一言

シェフ 平井皇太郎さん

「おひとり様でも量の調節などできるだけ対応します」

Babélico

[住所]東京都中央区京橋1-4-14 1階・地下1階 [TEL]03-6262-6485 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時半(22時半LO)土17時~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝(12月23日の祝は営業) [席]38席/全席禁煙(喫煙ルームあり)/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲中央口から徒歩5分、地下鉄銀座線京橋駅7番出口から徒歩3分

電話番号 03-6262-6485
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。
更新: 2019-01-18 18:00:00
中野エリアのダイニング「創作ダイニング パルプンテ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。スナックの居抜きを自身の手で改装し、開店したのは4年前。小さな厨房ながら、リゾットは3種のダシで炊く、ピッツァは生地から手作りなど、カジュアルイタリアンを中心に和食、創作料理などメニュー数は約40種揃う。
更新: 2018-09-23 08:07:57
2017年3月、名古屋市西区の円頓寺商店街から一本入った場所に開店。メニューは、旬の食材を使った御造や煮物、蒸物など料理8品と食事、甘味の「おまかせ」(7344円)のみ。
更新: 2018-03-19 22:00:00
挽き肉に魅せられた店主の夢が詰まった唯一無二の味、これぞ一品入魂!料理名からしてどんな味?と思うかもしれないが、これまたスパイスの風味がキーマ風でもアジア系でもあり。[ひき肉少年 住所]東京都港区白金1-11-15
更新: 2018-10-12 15:35:24
オーガニック食材に精通している米田牧子さんが、毎日食べられる“ちゃんとしたご飯”をテーマに開いた店がこちら。 日々の料理には農家から直送される無農薬野菜がたっぷり用いられ、身体に優しい味付けが施される。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:47:56
最新の投稿
看板の「海老寿久担々麺」は、新潟名産の甘エビをかけ合わせたビスク風の担々麺。大量の甘エビを使うため、スープを口に含んだ瞬間に華やかな香りが広がる。
更新: 2019-06-27 12:00:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt