MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
もつ焼き三平(もつ焼き/立石)|創業以来変わらぬタレで新鮮なもつを

もつ焼き三平(もつ焼き/立石)|創業以来変わらぬタレで新鮮なもつを

現在の店主である望月昌さんの両親が、58年前に創業した「三平」では、その日の朝しめたばかりの新鮮なもつを使用し、炭火で焼き上げる串はクセがなく豊かな風味たっぷり。[アクセス]京成線京成立石駅北側出口徒歩2分

もつ焼き三平(最寄駅:京成立石駅)

創業以来継ぎ足す奥深いタレは、味を変えないことが先代との約束だ。調味料とともにテーブルに置かれているのが梅シロップ。焼酎ハイボールにたらしていただくのが常連オススメの飲み方だ。アルコールが入っていると入店お断りなので、1軒目で足を運びたい。

白、キンツル
1本86円

キンツル(奥)とは喉の筋肉。弾力ある肉質で力強い旨みが特徴。こってりとした白は自慢のタレと相性抜群

塩ホルモン
324円

テッポウをたっぷりのニンニクとショウガで炒める。パンチのある黒胡椒の風味がアクセント

刺身の盛り合わせ
648円

日替わりでこの日は中トロ、赤身、イカ、タコ。どれも上質で、採算度外視というのも納得だ

もつ焼き三平

[住所]東京都葛飾区立石4-27-16 ☎03-3691-5077 [営業時間]17時〜21時(もつ焼きが無くなり次第終了) [休]日・祝(年末休12/29〜1/5) [席]カウンター11席 小上がり3席×1卓、4席×4卓、6席×2卓 計42席/禁煙席なし/カード不可/土曜以外は予約可/サなし、お通し代216円別 [アクセス]京成押上線京成立石駅北口から徒歩2分

電話番号 03-3691-5077
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ランチタイムは近隣のビジネスマンで賑わうが、夜はゆったりできる穴場店。創業36年で、店内は昭和の雰囲気が漂う居心地の良さも魅力。
更新: 2019-04-09 18:00:00
 2018年3月に開店したばかりのフツーの立ち飲みなのに、何だ? このいい感じ。秘密は毎日変わる手書きメニューにあり。
更新: 2019-04-07 18:00:00
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-03-15 18:00:00
休業していた名店が2018年3月に再オープン。串焼き、もつ類のうまさはもちろん、サワー類やホッピーの焼酎の濃さが選べるなど、呑兵衛にとってたまらない店だ。
更新: 2019-03-11 18:00:00
「お茶は本来日本人に身近なものだと思うんですが、最近は茶葉から淹れる機会も少ない。もっとていねいに淹れてやれば、お茶割りはもっと地位向上できるんじゃないかと」
更新: 2019-03-04 18:00:00
最新の投稿
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
更新: 2019-04-19 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt