MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[亀戸升本 本店]あさりの旨みと大根の食感滋味深い鍋(日本料理/亀戸)

[亀戸升本 本店]あさりの旨みと大根の食感滋味深い鍋(日本料理/亀戸)

亀戸エリアの「亀戸升本 本店」の「亀戸大根あさり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。くつくつと湯気を立てる石鍋の中には、たっぷりの新鮮な厚岸産あさりと短冊切りの亀戸大根。これが自慢の合わせ味噌ダシで炊かれている。[交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩7分

亀戸升本 本店(最寄駅:亀戸駅)

スープはやさしくほのぼの深い味わい。そこにあさりからの旨みやミネラル、野菜やきのこも加わって、きめ細かく型崩れしない亀戸大根がそれらをしっかり受け止める。江戸下町を感じさせるその味わいは、しみじみと旨い。

亀戸大根あさり鍋 あさり鍋会席
1人前5400円

さしずめ、とても贅沢なあさりの味噌汁のような美味しさ。〆は麦菜飯をぶっかけにしてさらさらと。亀戸大根たまり漬を一緒にポリポリしながら

先付け(あさり鍋会席より)
 

目にも楽しい先付けは6品。長芋とウニの湯葉、亀戸大根スティックや大根のお寿司も

揚げ物・焼き物(あさり鍋会席より)
 

山椒塩でいただく亀戸大根のかき揚げはみずみずしく、味の染みた大根ステーキも美味。ほかにもお造りや茶碗蒸し、甘味も付く

お店からの一言

店長 柏木英司さん

「亀戸大根と一緒に江戸下町の旨さを味わってください」

亀戸升本 本店の店舗情報

[住所]東京都江東区亀戸4-18-9 [TEL]03-3637-1533 [営業時間]11時半(土・日11時)~14時LO、17時~19時半LO ※ランチタイム有 [休日]第3月(祝日の場合は翌日) [席]テーブル全86席/分煙(個室のみ可)/予約可/カード可/サ昼個室と夜10% [交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩7分

電話番号 03-3637-1533
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
更新: 2018-12-07 18:00:00
グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839
更新: 2018-12-04 16:13:03
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
更新: 2018-10-12 12:00:00
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
更新: 2018-12-03 14:30:34
北国炉端 ときしらず東京駅八重洲のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。函館直送の鮮魚の刺身や時鮭(ときしらず)の炉端焼きなど、豪快な見た目にアッと驚く名物料理が満載。定番の刺盛りは1人前500円~の安さにも恐縮するが、感心するのは値段以上の旨さだ。
更新: 2018-12-03 14:52:27
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00