MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
とみたや(新宿/すき焼き)ー新宿でA5ランクの「すき焼き」を満喫!

とみたや(新宿/すき焼き)ー新宿でA5ランクの「すき焼き」を満喫!

新宿のすき焼き、しゃぶしゃぶ店「とみたや」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。[住所]東京都港区新橋4-15-1 岩崎産業ビル2階

とみたや(最寄駅:新橋駅)

炊き加減も抜群!肉の脂も旨みも余すことなく満喫

たとえば、特選赤身A5ランプは肉々しい旨みを感じさせつつ甘く柔らか。またA3上ロースは、甘い脂がほどよくやさしくとろけてくる。そしてうれしいのは「一番美味しい状態で召し上がっていただきたい」と実にいい加減で店の人が炊いてくれること。ていねいに溶いた卵にくぐらせた肉を頬張れば、笑顔になること間違いなしだ。

すきやき B(特選赤身)
1人前4500円

牛脂のいい匂いがしたところに肉を入れ、抜群の火加減で「ぐずぐず煮ずに」肉の旨みを引き出す。割り下も甘過ぎず辛すぎず。肉そのものを味わえる感じが実にいい

牛肉のみそ漬け
1100円

成形した肉の切り落としを使う味噌漬けには、高級部位を含めいろんな部位が。隠れた逸品

しゃぶしゃぶ C(上ロース)
1人前5500円

すき焼き同様の肉でしゃぶしゃぶも。ほぼレアで味わえる

お店からの一言

女将 佐藤美由紀さん

「上質なお肉をぜひ気軽に楽しんでください」

とみたやの店舗情報

[住所]東京都港区新橋4-15-1 岩崎産業ビル2階 [TEL]03-3433-2847 [営業時間]17時~23時 [休日]土・日・祝 [席]カウンタ-6席、テーブル・座席20席 計26席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し500円別 [交通アクセス]JR山手線新橋駅ほか烏森口から徒歩3分

電話番号 03-3433-2847
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
京都寺町三条と打てば、自動的に『すき焼き 三嶋亭』と続くぐらいに知られた名店。ここでは熟達の仲居さんが一枚ずつ選び抜かれた牛肉を調理してくださいます。
更新: 2018-12-08 18:00:00
割り下を鍋に少量注ぎ、肉を一枚ずつ焼いて焼き目をほんのりつけながら、割り下の味がまとわりつくように加熱していく。この案配に一切の狂いがない。
更新: 2018-11-29 12:08:26
「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。
更新: 2018-11-12 18:00:00
中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378
更新: 2018-10-27 15:27:10
T.dining(ティーダイニング)|店主中井恵子さんの実家は、三重県亀山の鈴鹿山麓で豚を育てる小林ファーム。そこから直送される豚肉を使ったレストランを営む。[住所]東京都千代田区神田小川町1-6-7
更新: 2018-10-23 18:00:00
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00