MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378

鴨とワイン Na Camo guro(最寄駅:中目黒駅)

クセのない鴨肉を鉄板で焼く香ばしいすき焼き

そんなロケーションが食事への期待をさらに高めてくれる。この店がこだわる食材は山形の最上鴨。お米を食べて平飼いで育てた合鴨は、クセがなく脂はサラリときれいだ。厚切りを鉄鍋で焼き、割り下と溶き卵をつけていただく鴨すきは、ジューシーな鴨肉をダイナミックに味わえる。こっくりとした鴨の脂は赤ワインを呼ぶ。充実したワインリストやペアリングコースがあるので、ワイン好きにもおすすめだ。

鴨すきコース
4860円

厚切り鴨は、汁で煮ずに鉄鍋で焼き上げる。鴨から出た脂がネギや野菜に染みるとさらに旨い

鴨しゃぶコース
5940円

冬季限定で登場の鴨しゃぶも人気。ほんのりピンクにさっと火を入れて野菜と共に

舟形マッシュルーム生サラダ前菜盛り合せ(コースより)

コースの前菜はスタイリッシュ。最上に近い農場の舟形産の香りのいいマッシュルームをペコリーノチーズやオリーブオイルと

トリュフ卵かけご飯
(鴨すきコース+1000円)

箸で崩しても流れないほど濃厚な卵とトリュフの相性も抜群

お店からの一言

総料理長 西野英樹さん

「冬の鴨は脂がのって特に旨みが濃いですよ」

鴨とワイン Na Camo guro

■『鴨とワイン Na Camo guro』
[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 エーワンビル2階
[TEL]03-5725-3378
[営業時間]17時~23時
[休日]なし
[座席]カウンター20席、テーブル8席、個室10席、計38席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し500円別(コース注文の場合はなし)
[アクセス]東急東横線中目黒駅正面出口から徒歩1分

電話番号 03-5725-3378
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
世界700店以上で愛されている「本格薬膳蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」が楽しめる。スープがとにかく秀逸で、看板メニューでもある「麻辣紅湯」は花椒が利いていて、旨みが深くクセになる味。
8年ほど前から提供しているという名物の「雲丹しゃぶしゃぶ」は今も変わらずこの店の代名詞。目にも鮮やかなオレンジ色のウニスープで、鯛やホタテなど海鮮を味わう鍋。
柔らかな肉と多彩な野菜類に心浮き立つが、特筆すべきはそれらを引き立てる季節限定を含む7種類の鍋スープ、6種類ほどのタレと10種類以上揃う薬味たち。様々な組み合わせを試せて多様な味を楽しめる。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt