MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)

練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)

練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369

あわび亭(最寄駅:練馬駅)

噛みしめるほどにじわーっとくる深い海の旨み!

ほかの料理よりデカい300gサイズを使うゆえに、要予約というとっておき。生でもイケるコリコリのあわびを澄んだ昆布ダシでしゃぶしゃぶすると、熱で少し柔らかくなった食感がいい。噛みしめると潮の香やミネラルとともになんとも言えない旨みがじわ~。ポン酢もいいが、わさびや供された肝のタタキと共にやるのもまたよし。丸ならではの贅沢だ。

あわびのしゃぶしゃぶ
1人前5400円(お通し付き・要予約)

柔らかコリコリ。生でもよし、しゃぶしゃぶしてもよし。合間に食べるたくさんの三つ葉や生麩がまたいい

お通し
(コース以外では702円)

あわびの肝煮ほか4品のお通しがゼイタク。これだけで一杯いける

あわびのオイスターソース煮
2700円

ややあっさりめのソースがあわびの旨みとマッチ

〆の雑炊(コースより)

〆は雑炊で(またはうどん)。さらさらしつつ深~い旨みが!

お店からの一言

店主 岩楯博さん

「いろいろな料理でぜひあわびを満喫してください」

あわび亭

■『あわび亭』
[住所]東京都練馬区練馬1-35-1
[TEL]03-3557-7369
[営業時間]17時~23時半(22時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター2席、テーブル40席 計42席/テーブル席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し702円(コース注文の場合はなし)
[アクセス]西武池袋線ほか練馬駅北口から徒歩5分

電話番号 03-3557-7369
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
「さんばか」と読む店名の由来は、仲のいい三人組で立ち上げたからだ。和食と日本酒をベースに、お客さんを“食”で楽しませようという意気込みがある。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt