練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)

練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)

練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369


あわび亭(最寄駅:練馬駅)

噛みしめるほどにじわーっとくる深い海の旨み!

ほかの料理よりデカい300gサイズを使うゆえに、要予約というとっておき。生でもイケるコリコリのあわびを澄んだ昆布ダシでしゃぶしゃぶすると、熱で少し柔らかくなった食感がいい。噛みしめると潮の香やミネラルとともになんとも言えない旨みがじわ~。ポン酢もいいが、わさびや供された肝のタタキと共にやるのもまたよし。丸ならではの贅沢だ。

あわびのしゃぶしゃぶ 1人前5400円(お通し付き・要予約)

柔らかコリコリ。生でもよし、しゃぶしゃぶしてもよし。合間に食べるたくさんの三つ葉や生麩がまたいい

お通し (コース以外では702円)

あわびの肝煮ほか4品のお通しがゼイタク。これだけで一杯いける

あわびのオイスターソース煮 2700円

ややあっさりめのソースがあわびの旨みとマッチ

〆の雑炊(コースより)

〆は雑炊で(またはうどん)。さらさらしつつ深~い旨みが!

お店からの一言

店主 岩楯博さん

「いろいろな料理でぜひあわびを満喫してください」

あわび亭

[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369 [営業時間]17時~23時半(22時半LO) [休日]日・祝 [席]カウンター2席、テーブル40席 計42席/テーブル席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し702円(コース注文の場合はなし) [交通アクセス]西武池袋線ほか練馬駅北口から徒歩5分

電話番号 03-3557-7369
2018年1月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


種類が豊富な日本酒の飲み放題・飲み比べができる東京おすすめ4軒

種類が豊富な日本酒の飲み放題・飲み比べができる東京おすすめ4軒

豊富な酒種の飲み放題や気になる酒蔵の酒を、飲み比べ。そんな夢のような楽しみ方を供してくれる東京都内の4軒をご紹介します。


讃岐うどん と ワインは意外と相性抜群!?錦糸町『分讃岐うどん あ季 時譚』

讃岐うどん と ワインは意外と相性抜群!?錦糸町『分讃岐うどん あ季 時譚』

 2017年11月に個性溢れる店がオープンした。定番の天ぷらや牛スジ煮込みに混じって、ローストビーフや鴨のロティといった洋のつまみが品書きに顔をのぞかせる。


寒さも吹き飛ぶご馳走!新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」

寒さも吹き飛ぶご馳走!新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」

白梅(しらうめ)は新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7 [TEL]03-3459-8839


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング