MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
白梅(新橋/海鮮)-新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」寒さも吹き飛ぶご馳走!

白梅(新橋/海鮮)-新橋でグツグツ「牡蠣の土手鍋」寒さも吹き飛ぶご馳走!

グルメライターが新橋の海鮮料理店[白梅(しらうめ)]を実食レポート。新橋でおよそ70年、三代続く瀬戸内料理。季節ごとに直送の海の幸を味わえるが、冬の看板メニューはもちろん「かき土手鍋」。[住所]東京都港区新橋3-9-7[TEL]03-3459-8839

白梅(最寄駅:新橋駅)

ぷっくり太った牡蠣のエキスがとろける味噌鍋

土手鍋は味噌を土手にして焼くスタイルが多いが、こちらは鍋の下に味噌しのばせる。こうするとより美味しいが、牡蠣に火が入りにくくなる。そこで熟練の技を持つ女将の出番だ。最初はじわじわと、やがて一気に強火で仕上げるまで女将が丁寧に鍋を育て上げるから、牡蠣はぷっくり、そしてエキスを吸った野菜はいい味に。グツグツいう味噌鍋をつつきながらの日本酒は、冬の寒さも吹き飛ぶご馳走だ。

かき土手鍋(かきコース)
6500円

鍋にほどよいサイズの牡蠣が1人前7~8個も入る。きのこや白菜などの野菜から出る水分で火を入れるのがポイント

かき塩焼き
1320円

かなり大ぶりの牡蠣を串に刺して炭火で焼くので、香ばしい。味付けはサッとふった薄味の塩のみだが、牡蠣の瑞々しい味わいがはじける

蛸めし
1680円(2人前)

牡蠣と並んでもうひとつの名物がこれ。これでもかとたっぷり入った蛸の濃厚な旨みが、米に染みている

お店からの一言

店主 石井秀浩さん

「これからが旨い牡蠣鍋は4月頃まであります」

白梅の店舗情報

[住所]東京都港区新橋3-9-7 [TEL]03-3459-8839 [営業時間]17時~22時半(22時LO) [休日]土・日・祝 [席]カウンター3席、テーブル8席、座敷20席、計31席/全席喫煙可/予約可/カード可(VISAのみ)/サなし、お通し代600円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分

電話番号 03-3459-8839
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「貝とぬる燗」をコンセプトにしたこの店最大の特徴は、切りたての刺身を提供すること。客の食べるペースに合わせてひと切れずつ出してくれるので、最高に美味しい状態でいただけるのだ。
更新: 2018-12-07 18:00:00
飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロが、昨年11月からランチ営業を開始した。
更新: 2018-10-12 12:00:00
亀戸エリアの「亀戸升本 本店」の「亀戸大根あさり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。くつくつと湯気を立てる石鍋の中には、たっぷりの新鮮な厚岸産あさりと短冊切りの亀戸大根。これが自慢の合わせ味噌ダシで炊かれている。[交通アクセス]JR総武線亀戸駅北口から徒歩7分
更新: 2018-09-21 16:00:49
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
更新: 2018-12-03 14:30:34
北国炉端 ときしらず東京駅八重洲のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。函館直送の鮮魚の刺身や時鮭(ときしらず)の炉端焼きなど、豪快な見た目にアッと驚く名物料理が満載。定番の刺盛りは1人前500円~の安さにも恐縮するが、感心するのは値段以上の旨さだ。
更新: 2018-12-03 14:52:27
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt