MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
食べ応え満点!丸の内でパスタランチ!(イタリアン/東京駅)

食べ応え満点!丸の内でパスタランチ!(イタリアン/東京駅)

アマルフィイ・モデルナ|見目麗しい皿の数々に、思わずみとれる。こちらは鎌倉・七里ヶ浜に本店を構えるイタリアン。

アマルフィイ・モデルナ(最寄駅:東京駅)

三崎漁港直送のマグロや真鯛、名産のしらすや桜エビを使った創作料理は、華やかながら食べ応えは満点だ。三浦産のこだわり野菜やハーブがたっぷりいただけるのもありがたい。この日のパスタは、黄柚子が香るしらすのペペロンチーノをチョイス。口の中で巻き起こる爽やかな美味しさに……しばしうっとり。思う存分、湘南気分に浸りましょ。

スペシャルランチ(前菜盛り合わせ、パスタ、メイン、パン、デザート、コーヒー)
2770円

メインは魚か肉から。写真は真鯛のソテー、カリフラワーとクリームチーズのソース

パスタランチ(前菜、パスタ、デザート、コーヒー)
1340円 ※土・日・祝1540円

お手頃なパスタランチも満足度高し。ナスやベーコンがたっぷり入ったトマトソース

お店からの一言

料理長 菅原和麻さん

「美味の宝庫・三浦半島の食材を味わって」

アマルフィイ・モデルナ

[住所]丸の内オアゾ5階 [TEL]03-5223-8331 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~22時LO(日・祝~21時LO)※ランチタイム有 [休日]不定休(施設に準ずる) [席]52席/昼は全席禁煙/昼はコースのみ予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR東京駅丸の内北口、地下鉄丸ノ内線東京駅から徒歩すぐ

電話番号 03-5223-8331
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00
千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。
更新: 2019-01-11 09:45:28
根津Italian Chama Chama(イタリアン/根津)|さてチャマチャマと聞いて何を連想する? ここで「お茶の間の茶間」と浮かんだアナタはエライ!
更新: 2019-01-05 12:00:00
隣接する人気もつ焼き店『金子屋』の姉妹店。ホルモンの使い方はさすがのひと言。
更新: 2018-12-10 18:00:00
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt