MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
四川豆花飯荘 東京店(四川料理/東京駅)-シンガポールが本店の四川料理店

四川豆花飯荘 東京店(四川料理/東京駅)-シンガポールが本店の四川料理店

東京駅の四川料理店「四川豆花飯荘 東京店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。シンガポールが本店の四川料理店。洗練された店内で飲茶コースをいただく昼下がりは、優雅そのもの。[住所]東京都千代田区丸の内1丁目5−1 新丸の内ビルディング6階 [TEL]03-3211-4000

四川豆花飯荘 東京店(最寄駅:東京駅)

名物アクロバティック茶道に大興奮

丁寧に作られた点心、アンズの種から手作りする杏仁豆腐など、素材の良さがしみじみ舌に伝わる。豆腐選びからこだわった麻婆豆腐もファンの多い逸品。豆板醤と四川山椒が手加減なしでビシビシ利かせてある。 そしてここの名物といえば、1メートルの注ぎ口からお茶を注ぐパフォーマンス。少林寺拳法のような動きはお見事! 友人との集まりやビジネスの会合でも盛り上がりそうだ。ぜひ新丸ビルの無形文化財に認定を。

豆花飲茶セット(本日の蒸し点心三種、焼き点心と揚げ点心、本日の逸品、特製豆花スープ、ピータン入り鶏粥、デザート)
2376円

海老蒸しギョーザ、鶏と卵白のすり身を豆腐に見立てた豆花スープなど

麻婆豆腐セット(ライス、スープ、デザート付き)
1620円

辛さは攻撃的だが旨みは深い。干しエビや干し貝柱でとったダシが利いている。週末は単品1944円で注文できる

お店からの一言

料理長 井上高男さん

茶芸師がいる店は日本でここだけです

四川豆花飯荘 東京店の店舗情報

[住所]東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング6階 [TEL]03-3211-4000 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、月~土曜…17:00~23:00(L.O.22:00) 日・祝日…17:00~22:00(L.O.21:00) ※ランチタイム有 [休日]不定休(施設に準ずる) [席]130席/全席禁煙/昼はコースのみ予約可/カード可/サ10%、八宝茶代300円別 [交通アクセス]JR東京駅丸の内中央口、地下鉄丸ノ内線東京駅から徒歩すぐ

電話番号 03-3211-4000
2018年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。マッキー牧本が関東でおすすめする担々麺をご紹介。姉妹でお店をきりもり。辛さの際立つ料理も多いなかで、どこかほっとするアットホームさが漂うお店だ
更新: 2019-03-19 11:31:58
 言わずと知れた水餃子の有名店。創業30年以上経つ今も皮から手作りし、国産豚肉とニラをたっぷり入れた餡を丁寧に包んで仕上げる。
更新: 2019-03-10 12:00:00
 看板料理を店名に掲げて2016年3月に中華街に登場。瞬く間に人気となり、2017年7月には新館もオープンした。
更新: 2019-03-11 16:14:30
 明治後期創業の老舗。名物は焼物で、人気の2品を一度に楽しむならチャーシュー&皮付き豚バラ肉の焼物で決まり。
更新: 2019-03-08 12:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt