MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(50) 吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(50) 吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件

吉祥寺のビアガーデンに希望がもてないこの夏、私はクラフトビールでも飲もうかなぁと思っていた。ここ1~2年、吉祥寺には続々とクラフトビールの店がオープンしている。しかし、なぜかクラフトビールの店でカレーを食べてしまう今日このごろ……。やっぱ夏はカレーだよな、と思ったおっさん女子なので、ここで紹介しようと思う。

吉祥寺のクラフトビールの店で、なぜかカレーを食べる件


昨年、連載第5回で吉祥寺東急デパート屋上のビアガーデンに期待を込めたおっさん女子であった……。

しかし、2018年夏の屋上ビアガーデンは、なんとBBQになりました……。

がっくり。

もういいよ、BBQ系ビアガーデン……。


しかも吉祥寺東急デパートは、ファーマーズBBQっていう設定ですごくこだわっているようだが……。

まあ、ファミリー層狙いなんでしょうか? 

おっさんパラダイスではない模様。

ちなみに、銀座松屋の2018年のビアガーデンは『美しくなるビアガーデン 美カラダ』です。

もう松屋はブレないですね。

絶対的な女子パラダイスです。

銀座すげえよ!


そんなこんなで、吉祥寺のビアガーデンに希望が持てないこの夏、私はクラフトビールでも飲もうかなぁ、と思っていたワケです。

しかし、なぜかクラフトビールの店でカレーを食べてしまう今日このごろ……。

ここ1~2年、吉祥寺には続々とクラフトビールの店がオープンしているワケなんですよ。

さらに、そろそろ閉店する店も出てきているくらいなんですけどね……。

実は、クラフトビールの店にランチがあるんですよ。

もちろんついでに昼ビールもどうぞ、という設定です。


しかし、ランチのカレーがいいぞ! 

やっぱ夏はカレーだよな、と思ったおっさん女子なので、ここで2軒紹介してみようと思います。

イラスト/スタジヲワンツー

クラフトビールの店『Y』の、クラフトビールを使って煮込んだ『カレー&ハヤシ』


まず吉祥寺のど真ん中、コピス吉祥寺のナナメ前にあるクラフトビールの店『Y』。

地下にある店ですが、けっこうなキャパがあるビアホールです。

ここはランチが非常に充実しているんですが、『カレー&ハヤシ』がおすすめです。

クラフトビールを使って煮込んだカレーとハヤシが各1種類で、ふたつの味が楽しめちゃう。

ちなみにカレーは「水曜日のネコ」、ハヤシは「東京ブラック」というビールを使用。

そして、お米は15穀米です。

さらに、ドーンと存在感のあるオリジナルソーセージが1本鎮座しております。

付け合わせも温野菜&ポテトフライなどボリューミー。

けっこうな重量感です。

そして、一口ビール&ドリンクがついております。

しかも、ドリンクのお替わりがフリー。

これで1000円(税別)。

かなりのコスパです。

しかし、一口ビール……。

なんて危険な飲み物なんでしょうか……。

そこから、もちろん昼ビールに突入することもできますよ……。

女性客が多いですが、恋人同士ではない男女2人連れも多いです。

職場や学校の友達っていう雰囲気。

私が行ったある日は、どうみても堅気の会社員と思われるスーツ姿の男性が10人くらいで、昼宴会をやっていました……。

何かの打ち上げなんでしょうか? 

しかも、昼2時くらいに酔っぱらっていて、楽しそうでした。

ちょっと混ざりたかった、おっさん女子であった。


もう1軒は、アトレ吉祥寺に入っているクラフトビールの店『C』の、琉球チャイニーズ(?)『マッサマンカレー』


いやー、食欲ないし、そんなボリューミーじゃなくていいよ、という人におすすめなのは、アトレ吉祥寺に入っているクラフトビールの店『C』。

琉球チャイニーズという、よくわからないけど、まあ美味しいから、いいと思います……というコンセプト(笑)。

しかしここにですね、なんと『マッサマンカレー』があるんですよ。

タイ王国に起源を持つタイカレーです。

2011年のCNNインターナショナルで『世界で最も美味な料理ランキング』で1位を獲得したカレーだよ。

しかも『C』ではクラフトビールで煮込んであるんですけど、ココナッツ風味で具はチキンとジャガイモというシンプルさ。

ルーはサラサラで、食べた瞬間は辛くないですが、あとからジワっと系です。

こちらは六穀米を使用。

けっこうライトなカレーなので、夏バテ気味で何か食べたいけど、重いのはNGっていう人に特におすすめ。

もちろん昼ビールもつけられますよ……。

危険。



しかし、クラフトビール屋さんのカレーの米は、なぜか雑穀米……。

昼ビールのカロリー罪悪感を減らす目的か……?


吉祥寺のクラフトビール屋さんで、なぜかカレー……。

どう考えてもブームにはならないと思います(苦笑)。


食べる理由は、ただひとつ「そこにカレーがあるから」です。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00
2018年の11月に、吉祥寺パルコ内に吉祥寺で6軒目のスタバができました。 スタバがいくら増えても吉祥寺のカフェ難民は救済できません。歩き疲れたらカフェでひと休みしたいっていうのが普通の人間の感覚だと思うのですが、吉祥寺ってそんな普通の欲求を満たすのが難しいくらいに、カフェは激混みなんですよ……。
更新: 2019-03-14 18:12:27
アトレ吉祥寺は線路に沿って存在している建物なので、東西に長い。さらに出入り口も多い。このアトレ吉祥寺の出入り口を使いこなしてこそ、地元民(断言!)。そして今回は、アトレ吉祥寺の本館西口、つまり最も三鷹寄りのわりと小さな出口から出て辿り着く、“アトレ吉祥寺本館西口から出た肉ランチ三角地帯”を独断でご紹介です。
更新: 2019-03-11 16:14:49
みなさん“脂の木曜日”を知っていますか? これはポーランドの祝祭イベントのひとつなんですが、なんともステキな木曜日だわ! と思うのは私だけでしょうか? ポーランドの人々は、“脂の木曜日”にポンチキ(ポーランド風揚げドーナツ)を思いっきり食べるらしい。ちなみに2019年の“脂の木曜日”は、2月28日です……。
更新: 2019-02-27 16:00:00
世の中の台湾フードブームは下火なのかもしれない。しかし吉祥寺は今がピークなんだよ! 都心より遅いんだよ(涙)。吉祥寺は武蔵野市だからね……。 そんなワケで、吉祥寺は、タピオカ・バブルなのである。タピオカミルクティー&台湾スイーツの店が、多すぎなんだよ! もう……! という状況である。
更新: 2019-02-20 16:00:00
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt