MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(52) 吉祥寺で涼スイーツを食べるなら、コーヒー味がおすすめ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(52) 吉祥寺で涼スイーツを食べるなら、コーヒー味がおすすめ、の件

暑い夏ですが、吉祥寺で冷たくて美味しいスイーツを食べるなら、おっさん女子的にはコーヒー味押しである。 あえてのコーヒースイーツ押し! だって、店の数に比例して、コーヒー味のスイーツが多いんだもん、吉祥寺(苦笑)。

吉祥寺で涼スイーツを食べるなら、コーヒー味がおすすめ、の件


暑い夏ですが、吉祥寺で冷たくて美味しいスイーツを食べるなら、おっさん女子的にはコーヒー味押しである。

ちなみに、連載第1回で吉祥寺のコーヒー過多をディスったおっさん女子であるが、あえてのコーヒースイーツ押し! 

だって、店の数に比例して、コーヒー味のスイーツが多いんだもん、吉祥寺(苦笑)。

イラスト/スタジヲワンツー



まずは、老舗の喫茶店『K草』。

ダイヤ街の地下にある有名店ですね。

カレーで有名な洞穴みたいなあのお店よ。

カレーは、みなさんマストで食べていると思うんですが、実はスイーツが豊富なんですよ。

夏の時期はコーヒーゼリーがおすすめ。

量もたっぷり&オレンジリキュールを使ったクリームが乗っかっていて、大人の味です。

さらにコーヒーアイスもあるんですけど、これはアイスクリームにデミタスコーヒーをかけていただきますよ。

さらに、コーヒーフロートもあるよ!
 
たださー、平日でも混んでいるし、土日祝も混んでるのよ~。

加えて携帯の電波が入りにくいので、待ち合わせには向きません。

しかし、テーブルが広いので打ち合わせにはおすすめです。


中道通りにある自家焙煎店『B』は、珈琲ぜんざいがおすすめ!


そして吉祥寺では、比較的新しいカフェですが、中道通りにある自家焙煎コーヒー豆でおなじみの『B』。

ここは珈琲ぜんざいがおすすめだ。

なんと、小豆をコーヒーで煮詰めたぜんざいなんですよ。

冷たいタイプのぜんざいなので、夏にぴったり。

ほんのりとコーヒーの香り&苦みが美味しいです。

生クリームはかけても、かけなくてもOK。

ここはお店がコンパクトで、混んでいるときも多い。

しかし、珈琲ぜんざいはテイクアウトもできるよ! 

これさー、和風の甘味が好きな人には、積極的に薦めます。

実は、これに白玉を入れて食べたいと思ったおっさん女子であった。

このテイストが好きな人は、パンにも塗りたいかもしれない。

ちなみに、珈琲ぜんざい+コーヒーもおすすめ。

コーヒーがかぶっても全然OK! 

むしろ合います。

実は自家製ベーグルもおすすめだ。

そのへんのパン屋のより、美味しい。

あと、コーヒーゼリーもあるよ。



吉祥寺東急デパートの通称『デパサン』に新登場した『M珈琲』の、珈琲プリンとコーヒーゼリー!



そして、おすすめの3軒目。

2018年5月、吉祥寺東急デパートの通称『デパサン』に登場した、大阪からやってきた『M珈琲』。

この『デパサン』ですけど、デパートの3Fに登場した食品関係のフロアです。

けっこう賑わっています。

ちなみに『デパ地下』も健在よ!

『M珈琲』は、8月がグランドオープンで、イートイン席ができるんだと思いますけど、コーヒー豆以外のスイーツのテイクアウトも豊富。

ここの珈琲プリンとコーヒーゼリーが美味しいです。

珈琲プリンは、超クリーミー! 

量が上品なんで、3個くらい一気食いできそうな美味しさ。

コーヒーゼリーは、マイルド系で万人受けしそう……。


コーヒー過多の吉祥寺には、コーヒー味スイーツも多いんだぞ! そんな夏である(笑)。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00
吉祥寺でたまに勃発する“食べ物バブル現象”。 そんななか、非常にちっちゃいバブルだったのですが“チーズプチバブル”というのが、あります(続行中)。 チーズにこだわったメニューをウリにするお店が、次々にできたんですけど、現状、4軒くらいかな。でも多いよね……。
更新: 2019-07-02 16:04:00
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
南インドカレーが好きなおっさん女子としては、吉祥寺の南インドカレーは滅亡したのか……と思っていたら、なんと2018年に“ちょこっと南インドカレー”と呼びたいお店が2軒、登場したのです!  なぜ“ちょこっと”なのかというと、いわゆる南インドカレーの最大の特長であるミールスという形式じゃないからなんですが……。
更新: 2019-06-03 16:00:00
夜お茶というのは、女子の習慣なのかもしれない。しかしおっさん女子と名乗りながらも、私も女子の端くれ、夜お茶は大好きでごわす。 平成も終って、令和になって、吉祥寺も変わるワケですが、でもこの店がなくなったら、吉祥寺はもう終わりなんじゃないの?という、夜お茶のできる店がおっさん女子的にあります……。
更新: 2019-05-24 20:47:00
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt