撮り鉄の「食」の思い出(24) 土讃線 高知日高村のオムライス街道/2018年

撮り鉄の「食」の思い出(24) 土讃線 高知日高村のオムライス街道/2018年

土讃線の撮影で出会った“トマト”。高知市の西側にある日高村では、鉄道に並行している国道が“オムライス街道”と名付けられていました。 この撮影地に来る途中、気になる看板を見かけました。 「日高村オムライス街道」。当然口の中はオムライスの準備万端、昼ご飯は決定です……。


土讃線 高知日高村のオムライス街道/2018年


土讃線の撮影で出会った“トマト”。

高知市の西側にある日高村では、鉄道に並行している国道が“オムライス街道”と名付けられていました。

土讃線の撮影も3日目、この日は高知県内の撮影です。

最初の撮影は、天然鰻で有名な仁淀川の鉄橋です。

河口に近いために川幅も広く、流れも穏やかです。

[土讃線仁淀川の鉄橋、河口に近くて川幅も広い(2018年撮影)]



次に向かったのは、前日の撮影で車内を撮影していたスタッフから聞いた菜の花畑です。

田植えの準備が進んでいる田んぼの一角が、きれいな黄色に染まっていました。


[土讃線日下~花岡の菜の花畑を走る普通列車(2018年撮影)]



この撮影地に来る途中、気になる看板を見かけました。

「日高村オムライス街道」

前日まで四国の新鮮な魚介など繊細なおいしさに触れていただけに、ガツンと分かりやすいであろう「オムライス」の文字に目が釘付けです。

当然口の中はオムライスの準備万端、昼ご飯は決定です。


幸運なことに、菜の花畑の撮影地は“村の駅ひだか”という村の直売店まで踏切を挟んで目と鼻の先でした……。


撮影地の隣にあった
“村の駅ひだか”。


撮影の合間に店に入ってみます。

ちょうど、取材時は5月。

山菜や筍がたくさん並んでいます。


しかし、中央にどんとそびえるのはフルーツトマトの山。

もう、まっかっかです。



店の真ん中には、
フルーツトマトの山。



村の駅の駅長さんにお話をうかがうと、日高村はもともとトマトの名産地。

糖度の高くておいしいシュガートマトを作り始めてから、近隣遠方からたくさんの方がトマト目的で、来ているそうです。


トマトおでんも人気。


まずは、シュガートマトをいただきます。

粒は小さめですが甘さと酸味が絶妙。

ちょっと味見のつもりでしたが、ついつい完食しちゃいました。


売店で買ったシュガートマト
500円。



いよいよ、本来の目的、“オムライス”です。

村の駅にあるレストランでも食べられるのですが、テイクアウトにして菜の花畑で食べることにしました。

メニューを見ると「デミソース or ケチャップ」とあります。

今回は最初なので、もちろんケチャップをセレクトしました。


受け取ったオムライスはおいしいそうで、卵も、ふわっとした感じです。

固まってしまっては元も子もありません。

菜の花畑にダッシュしました。


道の駅で購入した
ケチャップオムレツ。



早々に写真を撮って食べ始めます。

ほんのりとした甘さのケチャップライスにふわふわ卵、上にかかるケチャップは少しだけ酸味が立っていて実に美味です。

今まで食べてきたオムライスと別物……ではなくて、なつかしいオムライスをめちゃくちゃおいしくした感じです。

お昼ご飯にオムライスは、正解!でした。

撮影目的の“幕末維新号”通過のときには、
村の駅ひだかのスタッフやお客さんが
ノボリをあげて見送る。



さて、私が高知県内で土讃線を撮影するときに、必ず寄る店があります。

その場所は、最後にかわうそが目撃されたことで知られる須崎。

道の駅、その名も「かわうその里すさき」、とても私的な話ですが、私の家で飼っているネコのうち1匹は、この道の駅に捨てられていたのをもらい受けて東京まで連れてきました。

そんな縁もあって、通りかかると必ず寄ります。

道の駅
“かわうその里すさき”。



お土産や農産物のほか、新鮮な魚を扱う魚屋さんもあります。

今はシーズンなので、お店でカツオのたたきを藁焼きで作っています。


道の駅内で作っている
カツオのたたき。



連日になりますが、やはり食べないわけにはいきません。

塩と醤油でいただきました。

やはり焼き立てはワラの香りと、ほんのり温かさで脂の香りが立っておいしいです。


焼き立てが
やはりおいしい!



天気に恵まれた本日の撮影で、高知の取材も終了です。

夜ご飯は、いつものように車の中で作ります。

村の駅ひだかで買った新鮮なタケノコを刺身と若竹煮にしました。

サクサクの食感と春の味、おいしかったです。


旬の味、
筍の刺身。


若竹煮、
おいしかったです。



今日は、いつにも増して食べっぱなしの1日。

満足です。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード


撮り鉄 オムライス カツオ

関連する投稿


撮り鉄の「食」の思い出(36) 天浜線で浜名湖産のうなぎ弁当&舞茸弁当/1987~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(36) 天浜線で浜名湖産のうなぎ弁当&舞茸弁当/1987~2018年

静岡県の天竜浜名湖鉄道、通称「天浜線」は、もともと国鉄二俣線でした。 戦時中、海岸線に近い浜松付近の東海道本線が不通になったとき迂回できるように、浜名湖の北側をぐるっと迂回して敷かれています。 カラーリングは浜名湖をイメージした青、三ケ日みかんをイメージしたオレンジと緑色です……。


撮り鉄の「食」の思い出(35) 日本最西端の駅とカスドース 松浦鉄道/2018年

撮り鉄の「食」の思い出(35) 日本最西端の駅とカスドース 松浦鉄道/2018年

佐賀県と長崎県に敷かれている松浦鉄道、元はJR九州の松浦線。 この路線は日本最西端の駅があることでも有名です。 日本最西端の駅付近で撮影中に出会ったお菓子カスドース。一説にはカステラよりも古くに伝来されたともいわれています……。


撮り鉄の「食」の思い出(34) 目指せ! アジフライの聖地! 久しぶりの松浦鉄道訪問/1989年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(34) 目指せ! アジフライの聖地! 久しぶりの松浦鉄道訪問/1989年~2018年

アジフライは何をかけて食べるか論争。 ソース? しょうゆ? タルタルソース? ひとつの回答を、「長崎県松浦市は『アジフライの聖地』を目指します!」と、道の駅で宣言していた松浦鉄道の松浦でみつけました。


撮り鉄の「食」の思い出(33) 富士宮焼きそばと富士山をめぐる身延線の旅/2005年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(33) 富士宮焼きそばと富士山をめぐる身延線の旅/2005年~2018年

富士山と鉄道を撮影する名所のひとつが、身延線の富士宮駅付近です。富士宮といえば富士宮焼きそば。もちもちとした食感がたまりません。 そして、富士山と鉄道をいっしょに撮影する場所は関東、東海、甲信越に数多くあるのですが、そのなかでも富士山本宮浅間大社がある富士宮は撮影地としても総本山といった感じです……。


撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

関東生まれの私には「栗きんとん」といえば、やっぱりお節料理の定番ですが、中央西線の中津川には、おいしい和菓子の「栗きんとん」があります。今年からは“中津川栗きんとん”と名乗り始めました。たくさんの和菓子屋さんがそれぞれの味を誇っています……。


最新の投稿


玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

玉子サンドが有名な店の「絶品カツサンド」は、知る人ぞ知る逸品だ!

神楽坂『マドラグ』|京都の喫茶店『マドラグ』は、伝説の洋食店『コロナ』から受け継いだ玉子サンドが有名。神楽坂の店でしか食べられないのがこのカツサンド。


名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

私の友人で、地元タレントの福田知鶴さんから「美味しい焼肉屋さんがあるんだけど……」と誘われて向かったのは、名古屋市東部の天白区。 知鶴さんはレポーター歴20年以上の大ベテラン、というかレジェンド。とくに美味しさを全身で表現するグルメリポートは定評があり、これまで取材で訪れた店は1万軒にものぼる……。


行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

行列のできる伝説の老舗とんかつ店!新宿三丁目『王ろじ』

カツカレーは「とん丼」という名前で創業してすぐ、オリジナルメニューとして登場。カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。


名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

名古屋のグルメライターが語る、「これがホントの味噌かつ」だーっ!

とんかつで忘れてならないのが名古屋の味噌かつ。味噌にくぐらせたものをイメージされる方が多いかもしれませんが、実はそればかりではないのです。現地ライターが放つ魂の叫びを聞け!「これがホントの味噌かつだ」


銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座で人気のカツサンドはバーにあった!銀座『Penthouse G.』

銀座・中央通りにあるオーセンティックなバーながら料理が充実しているこちら。なかでも料理長渾身の力作が名物の「カツサンド」。


ランキング


>>総合人気ランキング