大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

JR天満駅の改札を出てすぐの場所にあるのが餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」だ。 店長の井上ロードさん(38)はラーメンフェスで店舗のプロデューサーを任されるほど、この世界で知られた人物。彼が店長になってから、メニューが一新! 大阪らしさを随所に散りばめたメニューが登場した……。


ラーメンプロデューサーが考案した創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻する!


JR天満駅を下車。

改札を出てすぐの場所にあるのが餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」だ。

店長の井上ロードさん(38)は、ラーメンフェスで店舗のプロデューサーを任されるほど、この世界で知られた人物。

2017年6月にオープンした同店の立て直しを任されると、料理も一新。

「これではお客さんは来ないと、レシピとメニューをすべて変えたんです」と、
大阪らしさを随所に散りばめたメニューを次々に登場させたのだ。


「大阪にも餃子専門店はありますけど、創作餃子が大阪にはない。その隙間で勝負ができるのと、天満には餃子専門店がほとんどありませんから、餃子を柱にしたんです」と語る、井上ロードさん。


「お刺身餃子」(400円)は、こうして生まれた。

刺身醤油をブレンドした特製ダレで食す、この店オリジナルの餃子だ。



茹でた餃子の皮に、肝心の具材はネギトロ、それにたくあんを加えた。

このたくあんが良いアクセントとなって、いくらが乗る見た目も鮮やかだ。

「単に美味しいだけでなく、インスタ映えももちろん気にしています(笑)」

「河内餃子」(450円)は、和泉山脈で飼育されている大阪唯一の黒毛和牛、なにわ黒牛のミンチと泉州の松波キャベツを使用する。




パプリカやキュウリ、玉ねぎなどのピクルスとの相性がバツグンで、今や名物餃子となった。

大阪名物といえば、たこ焼きやお好み焼き、うどんなど思い浮かぶ。

だが、名物といっても、全国どこででも食べられる料理である。

その点、メジャーになり切れていない“カス”は、地元の人しか食べない食材だ。

「浪速のカス餃子」(580円)は、出張客にこそ、ぜひ食してもらいたい一品。


「餃子も、言ってみれば粉モンです。うどんやお好み焼きにはカスを入るんですけど、餃子にはない。和風仕立てにして、紅生姜も入れて大阪推しに仕上げたんです」

餃子にまぶされた鰹節とネギ。

まるでたこ焼き感覚だが、このカス餃子のクォリティは実に高い。

中華料理が「和」に変貌を遂げた。

最後にオーダーしたのは、常連限定の裏メニューのラーメン。

本日は「鯛白湯」(1000円前後。その日によって変動)。

ラーメンプロデューサーが作るラーメンだけあって、感嘆の一言。


鯛の頭とアラで出汁をとり、その風味と濃厚白湯スープは、玉ねぎの甘みも豊富に含む。

とはいえ、ゆずによって後味もすっきり、スープを最後まで飲み干せてしまう。

「ここでしか、食われへんもの」

ロードさんがこだわり抜いた料理の数々……。

何を食べても、驚きと「旨い」の連続であった。


餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」
[住所]大阪府大阪市北区天神橋4-12-1 天満駅前ビル2F
[TEL]06-6353-3209
[営業時間]18時~24時 土曜のみ17時~24時
[定休日]日曜






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

加藤慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

関連する投稿


大阪ローカル 穴場メシ情報[12] そりゃ、旨いはずやで! 日本橋にある隠れ家「よしまさ」は産地直送の魚介でおもてなし

大阪ローカル 穴場メシ情報[12] そりゃ、旨いはずやで! 日本橋にある隠れ家「よしまさ」は産地直送の魚介でおもてなし

日本橋といえば黒門市場があるように、大阪を代表する食の台所。その黒門市場から徒歩数分の場所にある「よしまさ」は、高級魚を「えぇ!?」という値段で食せる隠れ家的な日本料理店。まさに知る人ぞ知る名店なんや。


大阪ローカル 穴場メシ情報[11] この旨さは反則や! 薪焼きのTボーンステーキとクラフトビールの相性に悶絶

大阪ローカル 穴場メシ情報[11] この旨さは反則や! 薪焼きのTボーンステーキとクラフトビールの相性に悶絶

肉通にはホンマたまらんで……。 立ちあがる炎が表面を一瞬にして焦がし、薪焼きの薫香がすっと鼻を通る。それでいて薪焼きは旨味を凝縮するという。 焼いていたメニューは名物の「国産Tボーンステーキ600g」(7800円)だ。


大阪ローカル 穴場メシ情報[14] スナックビルの最奥に知る人ぞ知る幻の超穴場が! 居酒屋「あーちゃん」

大阪ローカル 穴場メシ情報[14] スナックビルの最奥に知る人ぞ知る幻の超穴場が! 居酒屋「あーちゃん」

飲食店のオーナーやスタッフがこっそり通う超穴場なお店。それが居酒屋「あーちゃん」だ。 場所は相合橋筋から東へ。大阪千日前郵便局手前のスナックビル。 最初に連れて来られたときは、ホンマにこんな場所に飲食店があるんか!?と疑ったレベルやで、ホンマ。


大阪ローカル 穴場メシ情報[2] 焼肉は鶴橋だけやおまへんで! 『本陣 Hanare』旨い焼肉は北新地にある!

大阪ローカル 穴場メシ情報[2] 焼肉は鶴橋だけやおまへんで! 『本陣 Hanare』旨い焼肉は北新地にある!

「あ~肉喰いて~!」 出張先で突然こんな衝動にかられることありませんか? なかなか来れない出張先だからこそ、現地の名産物を食べたい。けど、なんでかわからへんけど、無性に肉が食べたいんや!! という発作にも似た衝動……。  そんな人たちに、ぜひ紹介したい焼肉店が大阪の北新地にある。


大阪ローカル 穴場メシ情報[7] 大阪・西成のアングラメニュー、激安路上ホルモンに挑戦!

大阪ローカル 穴場メシ情報[7] 大阪・西成のアングラメニュー、激安路上ホルモンに挑戦!

海外からの観光客が激増する大阪では、通天閣のある新世界まで観光化が進行。西成らしい独特の風情が残るのは「あいりん地区」だけとなっている。 だが、このディープエリアを体感したいと考える若者たちを多く集め、それに合わせて数多くの飲食店もオープンしている……。


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング