MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

大阪ローカル穴場メシ情報[15] ラーメンプロデューサーが考案の創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻!

JR天満駅の改札を出てすぐの場所にあるのが餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」だ。 店長の井上ロードさん(38)はラーメンフェスで店舗のプロデューサーを任されるほど、この世界で知られた人物。彼が店長になってから、メニューが一新! 大阪らしさを随所に散りばめたメニューが登場した……。

ラーメンプロデューサーが考案した創作餃子専門店「餃、(GYO-TEN)」の刺身餃子が大阪を席巻する!


JR天満駅を下車。

改札を出てすぐの場所にあるのが餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」だ。

店長の井上ロードさん(38)は、ラーメンフェスで店舗のプロデューサーを任されるほど、この世界で知られた人物。

2017年6月にオープンした同店の立て直しを任されると、料理も一新。

「これではお客さんは来ないと、レシピとメニューをすべて変えたんです」と、
大阪らしさを随所に散りばめたメニューを次々に登場させたのだ。


「大阪にも餃子専門店はありますけど、創作餃子が大阪にはない。その隙間で勝負ができるのと、天満には餃子専門店がほとんどありませんから、餃子を柱にしたんです」と語る、井上ロードさん。


「お刺身餃子」(400円)は、こうして生まれた。

刺身醤油をブレンドした特製ダレで食す、この店オリジナルの餃子だ。



茹でた餃子の皮に、肝心の具材はネギトロ、それにたくあんを加えた。

このたくあんが良いアクセントとなって、いくらが乗る見た目も鮮やかだ。

「単に美味しいだけでなく、インスタ映えももちろん気にしています(笑)」

「河内餃子」(450円)は、和泉山脈で飼育されている大阪唯一の黒毛和牛、なにわ黒牛のミンチと泉州の松波キャベツを使用する。




パプリカやキュウリ、玉ねぎなどのピクルスとの相性がバツグンで、今や名物餃子となった。

大阪名物といえば、たこ焼きやお好み焼き、うどんなど思い浮かぶ。

だが、名物といっても、全国どこででも食べられる料理である。

その点、メジャーになり切れていない“カス”は、地元の人しか食べない食材だ。

「浪速のカス餃子」(580円)は、出張客にこそ、ぜひ食してもらいたい一品。


「餃子も、言ってみれば粉モンです。うどんやお好み焼きにはカスを入るんですけど、餃子にはない。和風仕立てにして、紅生姜も入れて大阪推しに仕上げたんです」

餃子にまぶされた鰹節とネギ。

まるでたこ焼き感覚だが、このカス餃子のクォリティは実に高い。

中華料理が「和」に変貌を遂げた。

最後にオーダーしたのは、常連限定の裏メニューのラーメン。

本日は「鯛白湯」(1000円前後。その日によって変動)。

ラーメンプロデューサーが作るラーメンだけあって、感嘆の一言。


鯛の頭とアラで出汁をとり、その風味と濃厚白湯スープは、玉ねぎの甘みも豊富に含む。

とはいえ、ゆずによって後味もすっきり、スープを最後まで飲み干せてしまう。

「ここでしか、食われへんもの」

ロードさんがこだわり抜いた料理の数々……。

何を食べても、驚きと「旨い」の連続であった。


餃子酒場「餃、(GYO-TEN)」
[住所]大阪府大阪市北区天神橋4-12-1 天満駅前ビル2F
[TEL]06-6353-3209
[営業時間]18時~24時 土曜のみ17時~24時
[定休日]日曜






加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
愛くるしい笑顔とたどたどしい日本語が彼の人柄をすべてを表していた。 アメ村にある「ウブドスチ」はインドネシア、バリ島をルーツに持つ料理店。 このお店を切り盛りするニョマンはマネージャーで、常に笑顔で愛嬌いっぱい(笑)。 しかも、酒好きときた!
更新: 2019-03-07 16:05:00
しょんべん横丁にあった「トンキ」は、火災から見事復活。名物の焼きとんがなくなったが、もう一つの名物、餃子は今も健在だ。 「ギョウザ」(300円)はにんにく抜き。パンチがないと思いきや、ニラで十分の風味があって実に優しい味わいだ……。
更新: 2019-02-26 16:05:00
もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。
更新: 2019-02-15 16:10:00
十三の西口にある海鮮居酒屋『9689食堂』の店主は、約5年前に専業主婦から転身。 「中央市場の知り合いから直接魚を買っているんで安くて新鮮な海鮮料理を提供できますよ」 朝の11時オープン。カウンターの8席というこぢんまりとしたお店は、昼から満席になることも多いのだ……。
更新: 2019-02-06 16:05:00
最新の投稿
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 12:35:23
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 11:28:17
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt