エリア: 千葉県

見てよし、食べてよし!千葉県佐原で小江戸「うなぎ」旅

見てよし、食べてよし!千葉県佐原で小江戸「うなぎ」旅

江戸時代、東北諸藩の年貢米などを中継する水郷の街として栄えた佐原。伊能忠敬の育った地としても有名なこの街をぶらり散策、ニンマリうなぎしてきました。


麻生屋本店

上源平重 3700円

『麻生屋本店』は小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。
「源平定食」ではひつまぶしにもできる。また予約をすれば利根川のうなぎを食べることも可能だ。



[住所]千葉県香取市佐原イ4149 [TEL]0478-54-6902 [営業時間]11時~19時半 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]30席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR成田線佐原駅から徒歩18分

『麻生屋本店』の詳細はこちら

長谷川

上品な甘さのタレでいただく極上うなぎ。今も昔も贅沢な逸品なり

上うな重 3030円

『長谷川』は佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。
程よく脂ののったうなぎとのバランスが絶妙だ。地元のファンも多く、テレビでも紹介され行列必至の人気店。



[住所]千葉県香取市佐原イ584 [TEL]0478-54-3011 [営業時間]11時~19時 ※ランチタイム有 [休日]水(不定休、祝日の場合は営業。翌日休み) [席]90席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR成田線佐原駅から徒歩6分

『長谷川』の詳細はこちら

見てよし、食べてよしな半日小江戸旅ならココ!

JR成田線佐原駅にほど近い街道を歩くと、道の両側に江戸から明治にかけて建てられた洋風建築や住居も兼ねていた蔵(見世蔵)、木造の町屋が、少しずつ軒を連ね始める。

やがて幅4m ほどの小さな小野川にぶつかる。
柳が優雅に枝を垂らすこの川沿いが、佐原に残る小江戸エリア(重要伝統的建造物群保存地区)の中心地だ。

この地に30年近く暮らし、のちに日本を測量した伊能忠敬の旧宅や、町屋を改築した飲食店などがぎゅっと密集して建ち並ぶ古き街並みは、“江戸優り”と呼ばれた当時の繁栄ぶりを十分に感じさせてくれる。

それらを巡る散策もいいが、小野川を小舟に乗って巡るのも面白い。
ガイドの説明に耳を傾け、さらに川に降りるいくつもの階段や数多くの橋など、歩く目線とは違う風景の背後に、江戸に暮らした人々を想像すれば、「てやんでぇ」なんて慌ただしく行き交い、生き生きと暮らした江戸人の姿が目に浮かぶはず。

ところでこの小野川と、やがてぶつかる利根川は、かつてはうなぎがよく獲れたそうで、江戸時代から続く老舗が数店舗、暖簾を出す。
しかしうなぎが減り、型も小さく数も揃わないので、現在は国産の養殖物を使う店が多いという。
また水運の街で力仕事が多かった名残か、どこもタレが濃い目の印象だ。

とはいえ白みりんをたっぷりと使いあっさり仕上げたり、大ぶりで脂ののったうなぎに負けぬようしっかりした味にしたりと、店により様々。
お腹に余裕があれば食べ比べてみてほしい。

小江戸散策、うなぎ満喫、さらに少し足を伸ばせば、全国の香取神社の総本山である香取神宮もある。
立派なご神木に囲まれた黒い社は必見の厳かさだ。

見てよし、食べてよし、祈ってよしの小さな旅。
ぜひ一度、足を運んで堪能してみてほしい。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


小江戸うなぎ旅 うなぎ

関連する投稿


土用の丑の日、うなぎ偏愛記!東京都内、夏のうなぎ三昧!

土用の丑の日、うなぎ偏愛記!東京都内、夏のうなぎ三昧!

うなぎを食べに食べた結果を語りまくります!うなぎ特集の全ページを担当した、飲んべえライター・菜々山いく子。酒と同じくらいうなぎを愛し、約1ヶ月間の昼夜、うなぎを食べまくりました。取材ページでは書けなかった、こぼれ話やうなぎのマメ知識をここでご披露しましょう!


ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

〈小江戸うなぎ旅〉の締めくくりは、「美しいまちなみ大賞」の受賞歴も誇る栃木市。黒塀や白壁、石造りの街並や市中を流れる巴波川など、ぶらり散歩が心地いい。


絶品うなぎを堪能!池袋から約30分の埼玉県川越を往く小江戸うなぎ旅

絶品うなぎを堪能!池袋から約30分の埼玉県川越を往く小江戸うなぎ旅

蔵造りの街並みが広がる川越は、食も観光も資源豊富。池袋から30分ほどで行けるアクセスの良さも魅力だ。絶品のうなぎを堪能して最高の週末を過ごそう!


90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

本川越駅から県道51号線を歩いていると、モワッとした煙が見える。近づくにつれ、香ばしい香りが漂う。香りの先は、老舗うなぎ店『小川藤』だ。


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


最新の投稿


美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。


マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。


ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。


ランキング


>>総合人気ランキング