エリア: 栃木県

ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

〈小江戸うなぎ旅〉の締めくくりは、「美しいまちなみ大賞」の受賞歴も誇る栃木市。黒塀や白壁、石造りの街並や市中を流れる巴波川など、ぶらり散歩が心地いい。


赤間屋(最寄駅:栃木駅)

ふっくら肉厚の「うな重」迫力を感じつつ品も湛える旨さ

特上うな重 4000円

『赤間屋』は、昔ながらの時間の流れを感じさせてくれる落ち着いた佇まいがいい。
ふっくら肉厚でふんわりと蒸されたうな重は蓋を開けた瞬間におお!と言いたくなる迫力。
口いっぱいに頬張ってもタレは甘過ぎず、タレのしみた米粒まで旨い。

・茶碗蒸し 540円
・肝の煮付け 500円



[住所]栃木県栃木市湊町13-16 [TEL]0282-22-0160 [営業時間]11時半~14時、16時~18時 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]テーブル8席、小上がり12席 全20席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR両毛線・東武日光線栃木駅北口から徒歩12分

『赤間屋』の詳細はこちら

むさし家(最寄駅:栃木駅)

野趣あふれる「うなぎ」の醍醐味を満喫!

『むさし家』は創業明治5年で現代表のお母さんが五代目。
使い込まれた調理場から供されるうなぎは野趣あふれる佇まい。
ほどよく脂が乗ってとろっとくる柔らかさ。コクありのタレもいい。心ゆくまで味わいたい。

どじょうの唐揚げ、川えびのからあげ 各600円



[住所]栃木県栃木市旭町16-37 [TEL]0282-22-0034 [営業時間]11時~14時、17時~20時 ※ランチタイム有 [休日]月・第3火 [席]小上がり全29席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR両毛線・東武日光線栃木駅北口から徒歩10分 ※来店前に電話が望ましい

『むさし家』の詳細はこちら

巴波川風情と蔵の街 老舗のうなぎが旨い

川風を頬に感じながらゆったりと水の上を行く。
船頭さんが語る街の歴史と船頭唄に耳を傾け、120メートルほど続く黒塀と白壁の土蔵を眺めていると、いつしか時を遡る感覚に――。

「蔵の街」と言われる栃木市は、今行く巴うずま波川が舟運で江戸と繋がれ、筏に組んだ木材を江戸深川の木場まで行きは三日三晩、帰りは四泊五日をかけて行き来したそうだ。

そんな話を聞きながら、まずは「蔵の街遊覧船」でのんびり20分。
小江戸の旅の入り口はやはりこれ。ちなみに1日乗船券だから、夕暮れ時にもう一度なんて手もある。

お次は「蔵の街大通り」を散策だ。
栃木は京都の朝廷から日光東照宮を結ぶ「例幣使街道」の宿場町としても栄えたところで、通り沿いには黒塗りの見世蔵や白壁の土蔵群、大正期の洋館なども残って趣がある。
昭和初期には証券会社だったという洋館がリノベされたカフェを発見。
古くて新しいこんな空間でくつろぐのも醍醐味だ。

ほどよく腹が減ったところで、本日の本命、うなぎ屋へ行こう。
巴波川は幸来橋のたもと『赤間屋』だ。
かつては川魚の卸問屋だったころから数えて四代目。落ち着いた佇まいがいい。

朝捌いたうなぎがじっくり調理されるのを待つ間にまずは一杯。
登場したうな重は肉厚でふんわり。表面のこんがりした香ばしさもいい具合。
川の風情を感じながらのうなぎ、こいつはいい。

街にはまだまだ、伝統的建造物群が残る嘉右衛門町通りや数多くの歴史館などもあって見所には事欠かない。

さらに聞けば、市内各所に「とちぎ江戸料理」を食べられる店があるとか。
栃木ならではの食材も生かしながら、江戸期の料理本や文献をもとに再現。
江戸に負けじと栃木市の料理人が生み出した料理だという。
よし、締めはそいつを楽しんで一杯と決めた!

その他の「小江戸うなぎ旅」はこちらから!

絶品うなぎを堪能! 埼玉県川越編
見てよし、食べてよし!千葉県佐原編
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


小江戸うなぎ旅

関連する投稿


見てよし、食べてよし!千葉県佐原で小江戸「うなぎ」旅

見てよし、食べてよし!千葉県佐原で小江戸「うなぎ」旅

江戸時代、東北諸藩の年貢米などを中継する水郷の街として栄えた佐原。伊能忠敬の育った地としても有名なこの街をぶらり散策、ニンマリうなぎしてきました。


絶品うなぎを堪能!池袋から約30分の埼玉県川越を往く小江戸うなぎ旅

絶品うなぎを堪能!池袋から約30分の埼玉県川越を往く小江戸うなぎ旅

蔵造りの街並みが広がる川越は、食も観光も資源豊富。池袋から30分ほどで行けるアクセスの良さも魅力だ。絶品のうなぎを堪能して最高の週末を過ごそう!


90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

本川越駅から県道51号線を歩いていると、モワッとした煙が見える。近づくにつれ、香ばしい香りが漂う。香りの先は、老舗うなぎ店『小川藤』だ。


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


最新の投稿


美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。


マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。


ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。


ランキング


>>総合人気ランキング