MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

〈小江戸うなぎ旅〉の締めくくりは、「美しいまちなみ大賞」の受賞歴も誇る栃木市。黒塀や白壁、石造りの街並や市中を流れる巴波川など、ぶらり散歩が心地いい。

赤間屋(最寄駅:栃木駅)

ふっくら肉厚の「うな重」迫力を感じつつ品も湛える旨さ

特上うな重 4000円

『赤間屋』は、昔ながらの時間の流れを感じさせてくれる落ち着いた佇まいがいい。
ふっくら肉厚でふんわりと蒸されたうな重は蓋を開けた瞬間におお!と言いたくなる迫力。
口いっぱいに頬張ってもタレは甘過ぎず、タレのしみた米粒まで旨い。

・茶碗蒸し 540円
・肝の煮付け 500円


[住所]栃木県栃木市湊町13-16 [TEL]0282-22-0160 [営業時間]11時半~14時、16時~18時 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]テーブル8席、小上がり12席 全20席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR両毛線・東武日光線栃木駅北口から徒歩12分

むさし家(最寄駅:栃木駅)

野趣あふれる「うなぎ」の醍醐味を満喫!

『むさし家』は創業明治5年で現代表のお母さんが五代目。
使い込まれた調理場から供されるうなぎは野趣あふれる佇まい。
ほどよく脂が乗ってとろっとくる柔らかさ。コクありのタレもいい。心ゆくまで味わいたい。

どじょうの唐揚げ、川えびのからあげ 各600円


[住所]栃木県栃木市旭町16-37 [TEL]0282-22-0034 [営業時間]11時~14時、17時~20時 ※ランチタイム有 [休日]月・第3火 [席]小上がり全29席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR両毛線・東武日光線栃木駅北口から徒歩10分 ※来店前に電話が望ましい

巴波川風情と蔵の街 老舗のうなぎが旨い

川風を頬に感じながらゆったりと水の上を行く。
船頭さんが語る街の歴史と船頭唄に耳を傾け、120メートルほど続く黒塀と白壁の土蔵を眺めていると、いつしか時を遡る感覚に――。

「蔵の街」と言われる栃木市は、今行く巴うずま波川が舟運で江戸と繋がれ、筏に組んだ木材を江戸深川の木場まで行きは三日三晩、帰りは四泊五日をかけて行き来したそうだ。

そんな話を聞きながら、まずは「蔵の街遊覧船」でのんびり20分。
小江戸の旅の入り口はやはりこれ。ちなみに1日乗船券だから、夕暮れ時にもう一度なんて手もある。

お次は「蔵の街大通り」を散策だ。
栃木は京都の朝廷から日光東照宮を結ぶ「例幣使街道」の宿場町としても栄えたところで、通り沿いには黒塗りの見世蔵や白壁の土蔵群、大正期の洋館なども残って趣がある。
昭和初期には証券会社だったという洋館がリノベされたカフェを発見。
古くて新しいこんな空間でくつろぐのも醍醐味だ。

ほどよく腹が減ったところで、本日の本命、うなぎ屋へ行こう。
巴波川は幸来橋のたもと『赤間屋』だ。
かつては川魚の卸問屋だったころから数えて四代目。落ち着いた佇まいがいい。

朝捌いたうなぎがじっくり調理されるのを待つ間にまずは一杯。
登場したうな重は肉厚でふんわり。表面のこんがりした香ばしさもいい具合。
川の風情を感じながらのうなぎ、こいつはいい。

街にはまだまだ、伝統的建造物群が残る嘉右衛門町通りや数多くの歴史館などもあって見所には事欠かない。

さらに聞けば、市内各所に「とちぎ江戸料理」を食べられる店があるとか。
栃木ならではの食材も生かしながら、江戸期の料理本や文献をもとに再現。
江戸に負けじと栃木市の料理人が生み出した料理だという。
よし、締めはそいつを楽しんで一杯と決めた!

その他の「小江戸うなぎ旅」はこちらから!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
たまご×醤油×ご飯。たったこれだけなのに、たまらなく美味しいTKGこと「たまごかけご飯」。シンプルだからこそお店では贅沢な一杯を求めて食べまくりました!その結果をご覧あれ。撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子
更新: 2019-02-15 10:23:08
たまごが決め手のおやつ時間に「エッグタルト」!グルメライターが東京都内のお店を食べ歩いて見つけたおすすめ4選!撮影/鵜澤昭彦 文/池田一郎 編集/武内(以上、アラフィフオヤジスイーツ隊)
更新: 2019-02-02 13:17:33
東京都内、素材にこだわり卵感たっぷりの「プリン」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ8選!卵を使った料理には、プリンやエッグタルトといったおやつもあって、こちらもまた美味なのです。これぞ我がおやつ! を選び抜いてみました。撮影/鵜澤昭彦 文/池田一郎 編集/武内(以上、アラフィフオヤジスイーツ隊)
更新: 2019-02-15 10:22:45
東京都内の「カルボナーラ」をグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめ5選!スパゲッティにも、シンプルに卵の美味しさを実感できるメニュー、あります! それがこれ〈カルボナーラ〉。本場仕込みのものから元祖系、アレンジ系まで名店を揃えました。撮影/貝塚 隆、西﨑進也 取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-15 10:22:42
最新の投稿
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
 旬の味を抜群の盛りでリーズナブルに提供。メニューはフレンチをベースにイタリアンのエッセンスを取り入れ、素材にこだわりあり。
更新: 2019-03-25 12:00:00
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
更新: 2019-03-24 18:00:00
グルメ雑誌「おとなの週末」の人気コラム「おいしい往復書簡」掲載店舗。門上武司が関西でおすすめする担々麺をご紹介。
更新: 2019-03-23 12:00:00
 伊勢佐木町商店街の関内駅側出入口から野毛へと抜ける道すがらの一角こそ“バーの街”とも呼ばれる吉田町。そこで木と鉄格子のワイルドなファザードで待ち受けるバー。
更新: 2019-03-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt