エリア: 銀座グルメ

銀座で日本酒が立ち呑みできる店をはしご!日本酒が旨い銀座おすすめ5店

銀座で日本酒が立ち呑みできる店をはしご!日本酒が旨い銀座おすすめ5店

「1丁目~8丁目銀座横断!日本酒立ち呑みはしご旅」銀座では、さくっと呑める立ち呑み、それも日本酒に力を入れている店がよりどりみどり!


美酒佳肴を求めて銀座立ち呑み店漫遊

銀座では、さくっと呑める立ち呑み、それも日本酒に力を入れている店がよりどりみどり。


まずは『和酒BAR AEL(アエル)』
3丁目の「松屋銀座」の酒販コーナーにある立ち呑みで、各都道府県の和酒を揃えている。

和酒BAR AEL(最寄り駅:銀座一丁目駅)

▲飲み比べセットおつまみ付き 1296円

「飲み比べセット おつまみ付き」(1296円)がお得でおすすめですが、もちろん単品注文もOK。
開店は毎朝10時から。土日の昼下がりに一杯引っかけるのもいいものです。




さて、お次は1丁目にある『KUNIZAKE-YA(クニザケヤ)』
こちらも47都道府県の酒を、日本酒中心に網羅する。東西南北の最端にある蔵元の酒があるのも特徴。

KUNIZAKE-YA(最寄り駅:銀座一丁目駅)

▲左から、国稀 700円、一ノ蔵 600円、ほや味噌 350円、ほたるいか素干し 400円

戎「あ、じゃあ僕は北海道の『国稀』(700円)を呑もう」
店内は、壁にもたれかかれるように、腰部分にクッションが。
松「これいい、長居したくなる」
そんなこんなで気持ちよく酔ったので、ここで一旦解散。




さて、立ち呑みはしご2日目。

まずはひとりで『広島酒工房 翠(すい)』へ。
ここはつまみ一切なしの硬派な店。

広島酒工房 翠(最寄り駅:銀座一丁目駅)

▲賀茂泉COKUN +   300円

賀茂泉酒造の低アルコール酒をくいくい呑みつつ隣り合ったおばさまの身の上話を伺ったりと、いいお酒でした。
有料試飲カウンターがあり、日本酒ほか焼酎、ワインなど広島産の酒が1杯150円~1000円で楽しめる。




戎さんと合流し、『銀座君嶋屋』へ。

銀座君嶋屋(最寄り駅:銀座一丁目駅)

▲ラピス 新政 400円、なめ茸&ふきのとう 300円

こちらでは、日本酒はワイングラスに注がれ、口元へ傾ける度に香りがグッと来る。
戎「つまみのセレクトも渋くて、いいお店です」
日本酒のみならず、ワイン、焼酎、リキュールなど上質な酒を安価で楽しむことができる。つまみも美味で、長居したくなる。




さて、本命の『銀座しまだ』へ。
人気店なので行列も覚悟したが、案外すんなり入れた。

銀座しまだ(最寄り駅:新橋駅)

▲竹の子とアイナメの煎り出汁 1200円

立ち呑みには簡単なつまみがつきものという固定概念を打ち砕く立ち呑み割烹。「ミシュランガイド東京2015」のビブグルマン部門に選出された。

酒は700円前後が主流で、料理は500円~1800円。
立ち呑みながら惜しみなく高級素材を使うという噂の店、やはり価格帯は高めだが、

戎「カニが、黒毛和牛が、立ち呑みでこれが食べられるとは」
松「ダシがきいてて上品」

と文句のつけようがありません。
「これは日本酒を呑まずにはいられません!」ともう一杯。


銀座の立ち呑み店は気軽なものから割烹風まで、どこもお酒を満喫させてくれる良店でした。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。


京おばんざい 豆まる(和食/丸の内)のグルメ記事

京おばんざい 豆まる(和食/丸の内)のグルメ記事

「京おばんざい 豆まる」の「はんなり御膳」はおばんざいをはじめ、天ぷら、刺身などが9つの枡に美しく並び、どれから食べようか迷ってしまう。滋賀県近江八幡の水くぐり豆で作られた生湯葉は、濃厚でとろとろ。京おばんざい 豆まるの[交通アクセス]はJR東京駅丸の内南口・有楽町駅国際フォーラム口から徒歩5分


[獣肉と酒 ぼんくら]おすすめ鍋のグルメ記事と写真(居酒屋/人形町)

[獣肉と酒 ぼんくら]おすすめ鍋のグルメ記事と写真(居酒屋/人形町)

人形町エリアの「獣肉と酒 ぼんくら」の「島根の猪と秋田のせり鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。日本では古くから獣肉を食べる文化がある。そんな山の幸を「もっと身近に味わって欲しい」と店主は気軽な居酒屋スタイルを貫く。


おでん処 しおの|黄金色のつゆとこだわり尽くしの絶品おでんが酒を呼ぶ(おでん/東京)

おでん処 しおの|黄金色のつゆとこだわり尽くしの絶品おでんが酒を呼ぶ(おでん/東京)

 おでんが恋しいこの季節。ならば黄金色のつゆが美しいこの店はいかが。


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


最新の投稿


コスパ&眺望が抜群!新橋でおすすめのホテルブッフェ!

コスパ&眺望が抜群!新橋でおすすめのホテルブッフェ!

三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。


秋葉原の唸るラーメン!「潮 くろ喜」の「特製潮そば」

秋葉原の唸るラーメン!「潮 くろ喜」の「特製潮そば」

行列店『饗 くろ喜』が金曜の限定ブランドを刷新。貝ダシ×ハーブ×スパイスというかつてない試みで、新境地に挑む。


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【後編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。今回は観光列車「ろくもん」のおすすめポイントと、長野駅をご紹介します! 撮影/大西尚明、ツジノワタル(大阪) 取材/飯田 守(幸村)、飯田かおる(ろくもん、上田、長野)、松井さおり(小諸、田中、大屋、長野)


三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

三連休におすすめ!観光列車「ろくもん」で辿る幸村ゆかりの長野の食と史跡【前編】

真田幸村が生きた長野の地を、観光列車に揺られながら、各駅停車で途中下車しながら、愛でる旅に出かけてみませんか。前編では小諸駅~上田駅をご紹介します!


ランキング


>>総合人気ランキング