おっさん女子の吉祥寺パトロール(54) 吉祥寺で局地的な超ブーム!? 『へべす』を知らずして夏は来ないよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(54) 吉祥寺で局地的な超ブーム!? 『へべす』を知らずして夏は来ないよ、の件

皆さん、『へべす』を知っていますか? この珍妙で愛らしい響き……。ちなみに漢字で書くと『平兵衛酢』です。その正体は、香酸柑橘という果実。レモン、ゆず、かぼす、すだちの仲間なんですよ。これが2~3年前から吉祥寺&三鷹で局地的ブームなんだよね……。


吉祥寺で局地的な超ブーム!? 『へべす』を知らずして夏は来ないよ、の件


皆さん、『へべす』を知っていますか? 

この珍妙で愛らしい響き……。

ちなみに漢字で書くと『平兵衛酢』です。

その正体は、香酸柑橘という果実。

レモン、ゆず、かぼす、すだちの仲間なんですよ。

これが2~3年前から吉祥寺&三鷹で局地的ブームなんだよね。



おっさん女子と『へべす』の出会いは吉祥寺ではなく、実は三鷹であった……。

2017年の夏の終わり、三鷹方面を散歩していたら、とあるバーの入り口に貼られた『へべすサワー』の文字。

しかも、ていねいに『平兵衛酢』という表記も。

なんですか? これは? と思った私は、そのバーにすかさずイン。

飲んでみました、へべすサワー。

ちなみに、へべすジンリッキーもありました。

さっぱりしてて、ウマいじゃん! 



イラスト/スタジヲワンツー



この『へべす』ですが、なんでも宮崎県で栽培されている果物で、緑色。

『すだち』よりは玉が大きく、『かぼす』よりは小さい。

そんな奥ゆかしいルックスです。

2017年は、夏の終わりに出会ってしまったので、満喫できなかった『へべす』。

でも今年の夏は『へべすサワー』をたくさん飲むぜ! と思い、『へべす』の秘密を解明すべく、取材を申し込んでみましたよ。


吉祥寺で局地的ブレイク中! へべす農家の黒木さんに突撃取材!


宮崎県日向市で『へべす』を生産している黒木洋人さん(黒木園芸代表/農業生産法人日向百生会 代表取締役/morimichi オーナー)です。


ーー東京ではまったく未知の果実ですが、宮崎ではポピュラーなんでしょうか?

「宮崎県日向市でしか栽培されていないので、県内でも知らない人がたまにいます。年間の生産量は約150トン。
かぼすとすだちが、それぞれ約6000トンなので、あまり世の中には出回らない貴重な香酸柑橘です。
焼酎に絞る、焼き物にかける、醤油にプラスする、という香りと酸味を楽しむという使い方が一般的です」

ふむふむ。




ーーで、何で吉祥寺と三鷹で広まったのでしょうか?

「日向市の出身で、東京でカメラマンをやってる松木さんという方が、帰省のお土産として、吉祥寺で飲食店を経営している松江さんにおすそ分けをしたのが始まりです。
松江さんが、へべすを気にってくださって、松木さんのご実家づてに、僕にへべす の注文が入り、さらに松江さんのお人柄と人脈、パワーでハモニカ横丁を中心にへべすが広まったんです。
それでへべすサワーなどを出す店が増えて、現在は吉祥寺と三鷹で約50店舗に広まっています」

なるほど~。

それで私も『へべすサワー』の貼り紙を見た、飲んだ……、そしてファンになった、というコトですね! 

これがへべすだ! 
かぼすとすだちのちょうど中間くらいの大きさ。
種が少ないので料理に使う時のストレスが少ないし、果実がたっぷり絞れるよ!




へべすは、ハウス物が6月から出回って、8月中旬~10月中旬ごろが路地物の旬だそう。

ちなみに路地物は香りが強く、果汁がたっぷり! 

この時期が『へべすサワー』の飲みごろだ! 

さらに11月~11月中旬には、完熟した黄色いものもあり、こちらは酸味がマイルドになるそうで、薄くスライスして鍋に入れちゃって『へべす鍋』も楽しめるそうです。


出荷されるへべす。
もうネーミングが愛おしいですね。へべす。




さらにジャム、100%果汁、サイダー、リキュール、ドレッシングなども加工品もあるようです。

お店で体験するのもいいですが、家での楽しみ方ってありますか?
と黒木さんに尋ねると

「へべすミルクがおすすめです。

へべす1個、甘味シロップ30ml、牛乳150mlを用意していただきます。

へべすは果汁をしぼります。

そして、①へべす果汁 ②シロップ ③牛乳の順番に混ぜます。

そうすると牛乳が乳化して、とろみのついたヨーグルト風のドリンクになります。

お子様におすすめですよ。

夏にぴったり。

牛乳を炭酸水に変えるとへべすスカッシュとして楽しめます。

お酒を召し上がらない方におすすめのレシピです」


なんだか夏バテに効きそうだわ、このレシピ! 

そして今年の夏も吉祥寺&三鷹でへべすサワーが楽しめるよ! 

いつも混んでいる吉祥寺の人気店『藁ウ鴨ニハ福来ル』などで取り扱っているので、興味を持った人は、お店にGO! 

最近、都内各所の居酒屋ではレモンサワーが人気を集めているようだが、吉祥寺ではへべすサワーだ! 



取材協力/黒木洋人さん(黒木園芸 代表/農業生産法人日向百生会 代表取締役/morimichi オーナー)

農家の10代目長男として生まれ、幼いころから、ことあるごとに農作業に駆り出されたため、絶対農家にはならないと決めて宮崎を飛び出す。
しかし、20歳のとき、あっさりと農業の専門学校に通うことに……。
そこから農業の魅力にとりつかれ今に至る。
日々学んでいくなかで、農業は食べ物を自ら作り出すことができる産業であり、人間にとって必要不可欠な食べ物を作るという仕事に誇りを感じている。


最新のへべす情報は以下のアドレスから!
Instagram:morimichi https://www.instagram.com/morimichi_/
Blog: greens.totto http://superyasaijin.com







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連するキーワード


吉祥寺 おっさん女子

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

中華屋に行くと、とりあえずレバニラ定食を自動的に頼んでしまうおっさん女子、とは私のこと。 この習性は「レバニラでその中華屋の実力がわかる」とか、そんな崇高な理由ではなく、単純に家で作らないから、というつまらない理由です……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件

夏といえば、アジアンテイストのごはんが食べたいよね、という季節でもあります。しかしおっさん女子的には吉祥寺のエスニック料理店がちょっと……。 ちなみに理由はシンプルです。おいしい店は混んでいる……。なぜ地元で予約までして、ごはんを食べなくてはいけないのか? と萎えるのは、私だけでしょうか?


おっさん女子の吉祥寺パトロール(56) 台風襲来! 吉祥寺で「台風コロッケ」を調達するなら、ここだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(56) 台風襲来! 吉祥寺で「台風コロッケ」を調達するなら、ここだよ、の件

台風コロッケ。もはや台風接近中の常識になりつつあるんでしょうか? 基本、ネット民の都市伝説であったのだが……。しかし今や、その都市伝説はリアルでも浸透しているようである(笑)。吉祥寺の地元民は、スーパーではなく、アトレ吉祥寺の食品売り場が大好きな生き物である。台風コロッケ調達は、アトレ吉祥寺でキマリだろ!


おっさん女子の吉祥寺パトロール(55) 冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(55) 冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件

毎日、こんなに暑くていいんでしょうか?  夏の冷たいスイーツの代表格といえば、かき氷だよね。しかし、私は夏が終わるまで、吉祥寺のかき氷の話題は避けて通りたかった……。吉祥寺のかき氷といえば、各所で話題になっている『カフェL』の焼き氷でしょう……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(53) マツコに食べてほしい吉祥寺のオムライスは、これだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(53) マツコに食べてほしい吉祥寺のオムライスは、これだよ、の件

吉祥寺のオムライスに文句タラタラなおっさん女子である。 以前、マツコ・デラックスがTV番組『怒り新党』で好きなオムライスを語っていて、まったく同感! ざっくり言うと、それは「中身はケチャップライスで、具は玉ねぎとハムのみ。固めの卵で包んだオムライス」というものであった……。


最新の投稿


変わらぬ味は日本が誇る昭和遺産!東京都内の中華食堂おすすめ3店

変わらぬ味は日本が誇る昭和遺産!東京都内の中華食堂おすすめ3店

変わらぬ味がここにある。そして変わらぬ景色や店主の笑顔になんともじんわり癒される。長くその地に根差した味わいのある〈中華食堂〉はまさに日本が誇る昭和遺産。そんな記憶の味を求めてふらりと財布一丁で出掛けてみませんか。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

中華屋に行くと、とりあえずレバニラ定食を自動的に頼んでしまうおっさん女子、とは私のこと。 この習性は「レバニラでその中華屋の実力がわかる」とか、そんな崇高な理由ではなく、単純に家で作らないから、というつまらない理由です……。


この夏、クセになりそう!富山の地元ビールと地元食材を楽しもう!

この夏、クセになりそう!富山の地元ビールと地元食材を楽しもう!

地元の旨いものは地元の酒と合う!しかもやっぱり夏はビールでしょ!ということで、地元メシ×地元ビールを巡る旅に出ました。今回は海を見ながらビールが楽しめる富山県!富山の地元ビールと地元食材が楽しめる、おすすめ2店をご紹介。


カクテルがシロップ!おとなのかき氷(コラム:口福三味)

カクテルがシロップ!おとなのかき氷(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『カクテルがシロップ!おとなのかき氷』。


ブレイク必須の牛串!東京都内の牛串おすすめ厳選5店

ブレイク必須の牛串!東京都内の牛串おすすめ厳選5店

串もんといえば、鶏や豚のイメージが強いですが、牛肉にも串料理はあるんです。焼き加減がバッチリで、いろんな部位も食べられる。焼肉よりも手軽な、ブレイク必至の牛串。東京都内のおすすめ三ツ星店をギューッとお届けします。二ツ星店もご紹介!


ランキング


>>総合人気ランキング