エリア: 吉祥寺グルメ

おっさん女子の吉祥寺パトロール(54) 吉祥寺で局地的な超ブーム!? 『へべす』を知らずして夏は来ないよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(54) 吉祥寺で局地的な超ブーム!? 『へべす』を知らずして夏は来ないよ、の件

皆さん、『へべす』を知っていますか? この珍妙で愛らしい響き……。ちなみに漢字で書くと『平兵衛酢』です。その正体は、香酸柑橘という果実。レモン、ゆず、かぼす、すだちの仲間なんですよ。これが2~3年前から吉祥寺&三鷹で局地的ブームなんだよね……。


吉祥寺で局地的な超ブーム!? 『へべす』を知らずして夏は来ないよ、の件


皆さん、『へべす』を知っていますか? 

この珍妙で愛らしい響き……。

ちなみに漢字で書くと『平兵衛酢』です。

その正体は、香酸柑橘という果実。

レモン、ゆず、かぼす、すだちの仲間なんですよ。

これが2~3年前から吉祥寺&三鷹で局地的ブームなんだよね。



おっさん女子と『へべす』の出会いは吉祥寺ではなく、実は三鷹であった……。

2017年の夏の終わり、三鷹方面を散歩していたら、とあるバーの入り口に貼られた『へべすサワー』の文字。

しかも、ていねいに『平兵衛酢』という表記も。

なんですか? これは? と思った私は、そのバーにすかさずイン。

飲んでみました、へべすサワー。

ちなみに、へべすジンリッキーもありました。

さっぱりしてて、ウマいじゃん! 



イラスト/スタジヲワンツー



この『へべす』ですが、なんでも宮崎県で栽培されている果物で、緑色。

『すだち』よりは玉が大きく、『かぼす』よりは小さい。

そんな奥ゆかしいルックスです。

2017年は、夏の終わりに出会ってしまったので、満喫できなかった『へべす』。

でも今年の夏は『へべすサワー』をたくさん飲むぜ! と思い、『へべす』の秘密を解明すべく、取材を申し込んでみましたよ。


吉祥寺で局地的ブレイク中! へべす農家の黒木さんに突撃取材!


宮崎県日向市で『へべす』を生産している黒木洋人さん(黒木園芸代表/農業生産法人日向百生会 代表取締役/morimichi オーナー)です。


ーー東京ではまったく未知の果実ですが、宮崎ではポピュラーなんでしょうか?

「宮崎県日向市でしか栽培されていないので、県内でも知らない人がたまにいます。年間の生産量は約150トン。
かぼすとすだちが、それぞれ約6000トンなので、あまり世の中には出回らない貴重な香酸柑橘です。
焼酎に絞る、焼き物にかける、醤油にプラスする、という香りと酸味を楽しむという使い方が一般的です」

ふむふむ。




ーーで、何で吉祥寺と三鷹で広まったのでしょうか?

「日向市の出身で、東京でカメラマンをやってる松木さんという方が、帰省のお土産として、吉祥寺で飲食店を経営している松江さんにおすそ分けをしたのが始まりです。
松江さんが、へべすを気にってくださって、松木さんのご実家づてに、僕にへべす の注文が入り、さらに松江さんのお人柄と人脈、パワーでハモニカ横丁を中心にへべすが広まったんです。
それでへべすサワーなどを出す店が増えて、現在は吉祥寺と三鷹で約50店舗に広まっています」

なるほど~。

それで私も『へべすサワー』の貼り紙を見た、飲んだ……、そしてファンになった、というコトですね! 

これがへべすだ! 
かぼすとすだちのちょうど中間くらいの大きさ。
種が少ないので料理に使う時のストレスが少ないし、果実がたっぷり絞れるよ!




へべすは、ハウス物が6月から出回って、8月中旬~10月中旬ごろが路地物の旬だそう。

ちなみに路地物は香りが強く、果汁がたっぷり! 

この時期が『へべすサワー』の飲みごろだ! 

さらに11月~11月中旬には、完熟した黄色いものもあり、こちらは酸味がマイルドになるそうで、薄くスライスして鍋に入れちゃって『へべす鍋』も楽しめるそうです。


出荷されるへべす。
もうネーミングが愛おしいですね。へべす。




さらにジャム、100%果汁、サイダー、リキュール、ドレッシングなども加工品もあるようです。

お店で体験するのもいいですが、家での楽しみ方ってありますか?
と黒木さんに尋ねると

「へべすミルクがおすすめです。

へべす1個、甘味シロップ30ml、牛乳150mlを用意していただきます。

へべすは果汁をしぼります。

そして、①へべす果汁 ②シロップ ③牛乳の順番に混ぜます。

そうすると牛乳が乳化して、とろみのついたヨーグルト風のドリンクになります。

お子様におすすめですよ。

夏にぴったり。

牛乳を炭酸水に変えるとへべすスカッシュとして楽しめます。

お酒を召し上がらない方におすすめのレシピです」


なんだか夏バテに効きそうだわ、このレシピ! 

そして今年の夏も吉祥寺&三鷹でへべすサワーが楽しめるよ! 

いつも混んでいる吉祥寺の人気店『藁ウ鴨ニハ福来ル』などで取り扱っているので、興味を持った人は、お店にGO! 

最近、都内各所の居酒屋ではレモンサワーが人気を集めているようだが、吉祥寺ではへべすサワーだ! 



取材協力/黒木洋人さん(黒木園芸 代表/農業生産法人日向百生会 代表取締役/morimichi オーナー)

農家の10代目長男として生まれ、幼いころから、ことあるごとに農作業に駆り出されたため、絶対農家にはならないと決めて宮崎を飛び出す。
しかし、20歳のとき、あっさりと農業の専門学校に通うことに……。
そこから農業の魅力にとりつかれ今に至る。
日々学んでいくなかで、農業は食べ物を自ら作り出すことができる産業であり、人間にとって必要不可欠な食べ物を作るという仕事に誇りを感じている。


最新のへべす情報は以下のアドレスから!
Instagram:morimichi https://www.instagram.com/morimichi_/
Blog: greens.totto http://superyasaijin.com







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連するキーワード


吉祥寺 おっさん女子

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(66) なぜか吉祥寺のカレーパンが激熱だよ、の件

もうみんな忘れかけているかもしれないが、今年の夏は異常気象で、尋常じゃない暑さだった。そしてこの夏、気温以外で、吉祥寺で熱かったものがある。それはカレーパンである。もはや「カレーパンや、夢の跡……」という感じで初秋になったけど。そこで冷静になったおっさん女子が、吉祥寺のカレーパンについて独断で語ってみようと思う。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(65) 新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(65) 新米の季節に、ご飯の大盛グラム数問題を吉祥寺で考えた件

『盛る』といったら、SNSにアップする写真でも、アイメイクでも、面白い話でもない。『盛る』といったら白飯だろ。そんな白いご飯至上主義のおっさん女子とは私のこと。ウキウキの新米の季節が到来したので、今回は吉祥寺の店のごはん大盛問題を考えてみようと思います……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(64)吉祥寺の『いも・栗・かぼちゃ』は、なぜかアップルパイ……、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(64)吉祥寺の『いも・栗・かぼちゃ』は、なぜかアップルパイ……、の件

秋の味覚、『いも・栗・かぼちゃ』の季節がやってきました。私は糖質を恐れないおっさん女子なので、いも・栗・かぼちゃは、なんの迷いもなくガンガン食べます(笑)。 そんな私が考える、吉祥寺で『いも・栗・かぼちゃ』のおすすめスイーツ店といえば……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(63) 吉祥寺でワンコイン弁当をテイクアウトするなら、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(63) 吉祥寺でワンコイン弁当をテイクアウトするなら、の件

吉祥寺って、お弁当屋さんが少ない気がするのは、私だけでしょうか? アトレ吉祥寺の食品売り場にも、東急吉祥寺のデパ地下もお弁当を販売しているけど、やっぱりできたてが食べたいよな、と思っているおっさん女子……。 そこで、財布の中身が寂しい日でもOKのワンコイン弁当をチョイスしてみました!


おっさん女子の吉祥寺パトロール(62) 残暑の吉祥寺で食べるアジア飯もやっぱり米だよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(62) 残暑の吉祥寺で食べるアジア飯もやっぱり米だよ、の件

私は、白いご飯至上主義だが、国産米原理主義ではない。どこで作られた米でも、基本的に美味しいと思っているおっさん女子である。 実は、隠していたが、私は鶏肉至上主義でもあったのである。牛よりも、豚よりも、鶏。鶏肉、万歳! な人間であった。 そして、そんな私の残暑の元気メニューは、アジア系チキンライスである……。


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング