エリア: 東京都

厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店

厳選!【コロッケ・ポテサラ・肉じゃが】都内居酒屋の人気じゃがメニュー6店

WE LOVE じゃがいも!日本人の大好きじゃがメニューといえば〈コロッケ〉〈ポテサラ〉〈肉じゃが〉で決まり!王道だからこその厳選店は、腕に覚えアリ、です。


吟吟(居酒屋/大森)

閉じ込められた魚介の旨みが半端なし!

本日の情熱コロッケ 680円

『吟吟』の人気メニューのひとつ「本日の情熱コロッケ」にも、ならではの旨さの秘密が隠されている。
日替わりの新鮮な魚介の余った部位、たとえば取材時であれば、ヒラメの頭を炙って取ったダシをじゃがいもにしっかりと吸わせ、それをいったん冷蔵庫で冷やしたものにパン粉をつけて揚げる。
ひと口食べれば、ほくほくの中に閉じ込められたその半端ない旨みにノックアウトである。
もちろん、アテとして日本酒に抜群に合うことは、言うまでもなしだ。

山口の蔵元「貴」の自社田の山田錦のワラを使って燻製した旬の地魚や、チーズ、卵がじゃがいもに混ぜ合わされ、こちらも文句なく日本酒に合う人気の一品



東京都品川区南大井6-25-3 佐々木ビル地下1階 [TEL]03-5471-2626 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル27席 全35席/全席禁煙/予約可/カード不可/お通し500円 [交通アクセス]JR大森駅北口から徒歩3分

『吟吟』の詳細はこちら

花とら(最寄駅:代々木公園駅)

じゃがと金時ダブル使いで食感も楽しい!

いも芋サラダ 810円

「普通じゃつまらないし、ぼそぼそしたポテサラは嫌いなので」と『花とら』の店主の髙橋さんが言うポテサラは、なるほどしっとりかつ、ちょっとクリーミーな食感。
“いも芋”の名前は、北あかりと鳴門金時(さつまいも)が使われているからで、少し固体感の残った北あかりのほっくり感と鳴門金時の甘みがクロスするのも楽しい。

北海コロッケ 810円
ズワイガニやホタテが入るポテトコロッケ。オーロラソースとイクラがのる



[住所]東京都渋谷区富ヶ谷1-10-1 ラ・トゥール代々木公園1階 [TEL]03-5454-7344 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]日 [席]カウンター8席、テーブル16席 全24席/全席喫煙可/予約可/カード可/お通し500円 [交通アクセス]地下鉄千代田線代々木公園駅2番出口から徒歩1分

『花とら』の詳細はこちら

季節料理 赤津加(最寄駅:秋葉原駅)

上品に炊いたじゃがいもの端正な美味しさ

肉じゃが 730円

『季節料理 赤津加』は創業64年。飴色に輝くコの字カウンターに静かな時の流れが漂う。
現在は3代目の寺谷さんが厨房に立ち、老舗の味を守る。
端正な肉じゃがは、澄んだダシに煮崩れることなく大きなじゃがいもが鎮座する。
使う肉は、創業時の牛から豚へ。小さな変革が常に老舗の味を時代に寄り添わせているのだ。
けたたましい電気街に忽然と残る老舗酒場の面目躍如の一品である。



東京都千代田区外神田1-10-2 [TEL]03-3251-2585 [営業時間]11時半~13時半、17時~22時半、土~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、第1・第3土 [席]カウンター15席、テーブル22席、計37席/全席喫煙可/予約可(18時半までに入店の場合のみ)/カード不可/サなし、お通し代別350円 [交通アクセス]JRほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分

『季節料理 赤津加』の詳細はこちら

一饗(最寄駅:中目黒駅)

サクッとした中に隠された味のハーモニー

特製一饗コロッケ 410円(1個)

『一饗』はメニューは日替わり。その日仕入れたいいもので考えるという同店だが、お客さんのリピート願望が強く定番化したのがこの「特製一饗コロッケ」。
知り合いの長野の農家から仕入れる男爵いもをベースに、たっぶりの白ワインで蒸し焼きされた牛もも肉と玉ねぎのミンチ、モッツァレラとイタリアンパセリ、ゆで卵。
アンチョビと塩昆布でいい塩梅に味が付けられている。
で、ポイントはその全体のバランス。サクッとした食感の後に、ほくほく&いい酸味、いろんな味がほどよくグラデーションでくる。



東京都目黒区上目黒2-10-7 アサミビル1階 [TEL]03-5768-1819 [営業時間]18時~23時45分LO(土・祝23時LO) [休日]日・第3月曜不定休 [席]カウンター8席、テーブル14席全22席/全席喫煙可/予約可(電話にて)/カード可/サなし [交通アクセス]東急東横線・地下鉄日比谷線中目黒駅東口から徒歩5分

『一饗』の詳細はこちら

家庭料理 ありよし(最寄駅:荻窪駅)

牛肉の旨みをまとったじゃがいもが絶品

肉じゃが 1250円

『家庭料理 ありよし』の丁寧に作られた家庭料理はどれも美味しいが、特に「肉じゃが」は傑作。
克子さんの母直伝というそれは、汁がないのが特長。具材を別々に仕込むため、玉ねぎは瑞々しく、牛肉は柔らかい。
丸ごとのじゃがいもは旨さが2段構えで、外は牛肉の旨みをまとっているが、中はこっくりとした芋の甘み、全開。この料理の奥深さに完全にノックアウトされる。
もし肉じゃが嫌いがいたならば、連れて行き「さあどうだ!」と自慢してやりたくなる逸品である。



東京都杉並区上荻2-20-6 [TEL]03-3392-7889 [営業時間]18時~23時、金・土18時~24時 [休日]日・月 [席]カウンター13席/喫煙席あり/予約可/カード不可/サなし、お通し代600円 ※ただしお通しなしもOK [交通アクセス]JR中央線ほか荻窪駅北口から徒歩8分

『家庭料理 ありよし』の詳細はこちら

夕(セキ)(最寄駅:若林駅・三軒茶屋駅)

迫力も満点!揚げたポテトと厚切りベーコン

じゃがいもと炒めベーコンのあったかいポテトサラダ 972円

『夕(セキ)』のポテサラは、ザクッとしたサイズでこんがり揚げられたポテトと、厚切りの炒めベーコンがメイン。
熱々のうちに、スライスした玉ねぎと、ふんだんな粉チーズ、ブラックペッパー、粒マスタード入りのマヨネーズで和えられる。うーむこれが旨くないわけない!
揚げたポテトの香ばしく力強い旨さに、ベーコンの脂と塩気ががっぷり四つ。
玉ねぎは余熱で半生となって甘みを出し、香辛料のアクセントとチーズとマヨが全体を一体化する。仕上げにはミックスリーフだ。



東京都世田谷区三軒茶屋2-55-12 ライオンズマンション101 [TEL]03-3412-7550 [営業時間]18時~翌1時(24時LO) [休日]月 [席]カウンター12席、テーブル6席 全18席/全席禁煙/予約可/カード可/お通し500円 [交通アクセス]東急世田谷線若林駅から徒歩6分、東急田園都市線三軒茶屋駅三茶パティオ口から徒歩10分

『夕(セキ)』の詳細はこちら
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


WE LOVE じゃがいも!

関連する投稿


WE LOVE じゃがいも!じゃがいもで魅せる高級店のスペシャリテ

WE LOVE じゃがいも!じゃがいもで魅せる高級店のスペシャリテ

じゃがいもは庶民の味方、ではありますが、高級店の料理でも活躍出来る、スゴイ食材なんです!そんなスペシャルな味を体験しに、本誌ライターが東京都内のお店を直撃。


WE LOVE じゃがいも!世界各国のウマウマじゃがいも料理

WE LOVE じゃがいも!世界各国のウマウマじゃがいも料理

世界中で食されているじゃがいもは見た目はさまざまながら、どの国の味も美味しく、ほっこり。これぞ食べておくべき絶品じゃがいも料理、満載です!


WE LOVE じゃがいも!東京都内の厳選フリット コレクション

WE LOVE じゃがいも!東京都内の厳選フリット コレクション

食べる手が止まらない、誰もが大好きなフリット。そこいらのファストフード店とは一線を画すこれぞ食べるべき旨すぎる店を東京都内を食べ歩き厳選フィーチャー。


BrooklynRibbon Fries “HARAJUKU”|らせん状のくるくるカットの食感がユニーク(テイクアウト/原宿)

BrooklynRibbon Fries “HARAJUKU”|らせん状のくるくるカットの食感がユニーク(テイクアウト/原宿)

目の前の専用ポテトカッターで、くるくるらせん状にカットされる様子は見てるだけでも楽しい。じゃがいもは北海道の大地で育てられたメークイン。


メリメロ|にんにくとのコンビもまたなんとも最高(バー/飯田橋)

メリメロ|にんにくとのコンビもまたなんとも最高(バー/飯田橋)

男爵や北あかり、ほくほく系の食感のものを中心に、時季によって北海道から長崎まで、自然栽培のじゃがいもをピックアップ。フランス仕込みの大きめのざくっとした切り方、弱火の低温で水分を飛ばし、強火でカリッと揚げられたポテトは、熱々のほくほく。


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング