MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
かしわビストロ バンバン(ビストロ/神泉)|近江黒鶏をリーズナブルに食す

かしわビストロ バンバン(ビストロ/神泉)|近江黒鶏をリーズナブルに食す

渋谷 神泉のビストロ「かしわビストロ バンバン」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。鮮度抜群の近江黒鶏を使った地鶏料理とワインが気軽に楽しめる人気店。接客も素晴らしく、人に教えたくなるいい店だ。[かしわビストロ バンバン アクセス]京王井の頭線神泉駅北口から徒歩すぐ

かしわビストロ バンバン(最寄駅:神泉駅)

まず頼みたいのは「新鮮地鶏のカルパッチョ盛り合わせ」(880円)。もも肉、胸肉、ササミ、ハツなどが、皿の上にびっしり並び、甘みを感じる滋味溢れる味わいに驚かされる。看板メニューは「近江黒鶏かしわ焼き−たれ−」(880円)。熱々をほおばると、プリプリした歯応え。なかはレアな仕上がりなので、肉質はしっとりして、噛むごとに旨みが増す。ワインは、たっぷり650㎖が入る「こぼれデキャンタ」(赤白各1380円)をはじめ、各種ボトルも2500円からという良心価格。

近江黒鶏かしわ焼き ―たれ―
880円

甘辛い味噌ダレを絡めた鶏肉を豪快に焼いた滋賀県の郷土料理「とんちゃん」がベース。甘さ控えめのタレにスパイスを加え、ワインに合うようアレンジされている

バンバンオリジナルポテトサラダ
480円

クリーミーなポテトサラダの上にのるのは、カレーマヨネーズを和えたたくあん! 味、食感ともにクセになるひと皿だ

新鮮地鶏のカルパッチョ盛り合わせ
880円

鶏本来の旨みを味わうなら、絶対に外せない。さっぱりしたマスタードドレッシングがかかり、白ワインにピッタリ。使う部位は仕入れで異なる

[その他のメニュー]
フレンチフライドポテト650円、白レバーのなめらかレバームース–バゲット添え–680円、バンバン特製から揚げ580円など

かしわビストロ バンバン

東京都渋谷区神泉町2-8 ☎03-6416-4645 [営]18時~翌1時(24時LO)、土17時~翌1時(24時LO)、日・祝17時~24時(22時半LO) [休]月 [席]カウンター6席、テーブル2席×3卓、4席×7卓、テラス2席×2卓 計44席/終日全席禁煙/予約可/カード可/チャージ1人300円 [交]京王井の頭線神泉駅北口から徒歩すぐ

電話番号 03-6416-4645
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
こんな店を待っていた! と思わせる新星が登場した。一見オシャレな立ち呑みだが、奥にはカウンターやテーブル席もあり、ゆっくりくつろげる。
更新: 2019-04-18 12:00:00
 仕込みや調理に手間はかけても見た目や味付けはシンプルに。牛、豚、鴨、季節で鹿や猪などを使い、ローストやステーキといった直球勝負の肉料理に仕上げてくれる。
更新: 2019-04-01 12:00:00
「お客さん同士が仲良くなれる店に」と笑顔で話すのは店主の保坂さんと妻の礼子さん。開店1年ながら「ローグ」=いたずらっ子の店名通り、仲良し夫妻の元にお茶目な常連客が集まる繁盛店だ。
更新: 2019-03-31 12:00:00
 何というフォトジェニックなチーズ料理! 熱々に断面をグリルしたラクレットがテーブルに運ばれてきたかと思えば、目の前で季節野菜の上にどろろ~ん。
更新: 2019-03-30 12:00:00
飯田橋『メリメロ』|ビストロでカツサンド?この意外な組み合わせに挑戦するのは、オーソドックスなビストロ料理からアレンジの利いたフレンチまでオールラウンドにこなす宗像シェフ。
更新: 2018-12-17 12:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt