撮り鉄の「食」の思い出(26) 富良野線 美瑛で雄大な丘の風景を堪能/2003年~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(26) 富良野線 美瑛で雄大な丘の風景を堪能/2003年~2017年

夏といえば北海道!  それも雄大な風景がいいですよね。 今回は、北海道の中央部を走る富良野線です。 この線も大好きな路線で、数えてはいないですが、たぶん過去の撮影日数BEST3に入ると思います。 路線自体の風景も素晴らしいですし、周辺には雄大な景色が広がっているのも魅力です……。


富良野線 美瑛で雄大な丘の風景を堪能/2003年~2017年


夏といえば北海道! 

それも雄大な風景がいいですよね。

[北海道に行ったら、やっぱり雄大な風景を見たい(2013年撮影)]



今回は、北海道の中央部を走る富良野線です。

この線も大好きな路線で、数えてはいないですが、たぶん過去の撮影日数BEST3に入ると思います。

路線自体の風景も素晴らしいですし、周辺には雄大な景色が広がっているのも魅力です。

富良野線にはディーゼルカーの普通列車のほか、夏の間はトロッコ列車“富良野・美瑛ノロッコ号も走ります。

数年前までは、年に数回このトロッコ列車をSLが牽引していました。

[数年前まで走っていたSLふらのびえい号(2003年撮影)]




ちなみに、写真に写っているSLのC11 207は、現在栃木県に貸し出されていて、東武鉄道の今市~鬼怒川温泉間を“SL大樹”として走っています。


富良野線の旅は、旭川から始まります。

まず、旭川駅では駅弁を購入。

数ある駅弁から“蝦夷わっぱミックス”をセレクトしました。

イクラ、ウニ、カニ、ホタテ……北海道の海鮮がこれでもかと乗っています。


[北海道の海鮮たっぷり!蝦夷わっぱミックス弁当(2015年撮影)]



お手軽で、味付けも良くて楽しめます。

走り始めた普通列車の中、車窓を眺めながら食べるのが最高ですね。

[白い花のソバ畑と富良野線の普通列車(2015年撮影)]




旭川の街並みを離れると、だんだんと広い風景が見えてきます。

夏の初めには、田んぼの緑に混じって、白い畑が広がります。

ソバ畑です。

本州では9月ごろに咲くソバの花も、北海道では7月の花。

だいぶ季節か違います。



[ディーゼルカーが美瑛駅に近づく(2016年撮影)]


そして、丘の風景が見え始めると下車駅の美瑛です。

[美瑛駅のホームには花も咲いている(2006年撮影)]




美瑛駅は石造りの駅舎、たくさんの観光客を迎えます。

[石造りの美瑛駅(2006年撮影)]



さて、美瑛に着いたら広い地域に点在する絶景を見て回りたいのですが、列車で着いた場合は、これが意外と難しい……。

美瑛の観光バス“美遊ツアー”やレンタサイクルで廻るのが一般的ですが、駅レンタカーがおススメです。

というのも、やっぱり広すぎなほど広いです。

レンタサイクルでは、走っても走っても目的地に着かない感じです。

もちろん体力に自信のある方は、北の大地の風を感じながら楽しんでくださいね。

[タバコのCMで有名になったセブンスターの丘(2015年撮影)]


[十勝の山並みが美しい千代田の丘(2015年撮影)]



最近になって、美瑛で有名になった絶景が“白金青い池”です。

パソコン(Mac)の壁紙になったことで赤丸急上昇の人気、特に外国人観光客から火が着きました。

けっこう昔から美瑛はうろうろしていたのですが、つい先日まで存在を知りませんでした……。

美瑛駅から車で20分ほどのところにある“白金青い池“、初めて行ってみました。

広くはないのですが、エメラルドグリーンに輝く湖面と立ち枯れた木が幻想的で、美しい場所でした。

[人気が急上昇した“白金青い池”(2015年撮影)]



もちろん鉄道撮影も忘れません。

丘と鉄道の風景、やはりダイナミックです。

撮影ポイントとして知られる通称“すり鉢”では、ジェットコースターのようにアップダウンして走る列車も見られます。

[通称“すり鉢”を走る列車(2005年撮影)]



いろいろと鉄道風景を撮影して、夕方には丘に戻ります。

一日の終わりは、朱に染まった風景の撮影で締めくくりました。


[絶景と鉄道風景で、一日楽しめる美瑛(2013年撮影)]



次回は、富良野のラベンダーです。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード


撮り鉄

関連する投稿


撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

関東生まれの私には「栗きんとん」といえば、やっぱりお節料理の定番ですが、中央西線の中津川には、おいしい和菓子の「栗きんとん」があります。今年からは“中津川栗きんとん”と名乗り始めました。たくさんの和菓子屋さんがそれぞれの味を誇っています……。


撮り鉄の「食」の思い出(31) 栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(31) 栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年

秋になると食べたくなるのが、栗おこわです。 それも本場、長野の小布施で食べたいです。 もちろん長野の秋と言えばリンゴも。 それで、今回は長野の私鉄、長野電鉄のお話です……。


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


撮り鉄の「食」の思い出(29) 出雲そばと出雲大社をめぐる鉄道 一畑鉄道・国鉄大社線/1978年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(29) 出雲そばと出雲大社をめぐる鉄道 一畑鉄道・国鉄大社線/1978年~2018年

今回は出雲大社をめぐる鉄道のお話です。現在出雲大社への足は、島根県のローカル私鉄一畑電車(いちばたでんしゃ)、通称“ばたでん”を使います。 この一畑電車に久々の新型車両が導入されたので、さっそく撮影に行ってきました。


撮り鉄の「食」の思い出(28) 山陰本線 宍道湖名産の、しじみを味わう/2012年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(28) 山陰本線 宍道湖名産の、しじみを味わう/2012年~2018年

山陰本線は、現在日本でいちばん長い在来線で、全長673.8Km。 京都府と山口県を結ぶ路線です。この山陰本線が島根県に差しかかると、車窓には宍道湖(しんじこ)が見えてきます。宍道湖といえば“しじみ”……。今回は道の駅で購入した“しじみ”を車内料理で楽しみました。


最新の投稿


【秋の味覚】を絶品料理と日本酒で!東京おすすめ5店

【秋の味覚】を絶品料理と日本酒で!東京おすすめ5店

秋の味覚を日本酒で 絶品料理と楽しむ。馬肥ゆる秋、食欲の秋と実りを満喫できるこの時期の料理は喉が鳴ると言うもの。そんな絶品料理と楽しみたい一杯を、存分に味わいたい!東京都内でおすすめする6店をご紹介。


これぞ韓国焼肉!池袋の『万世家』は一品料理もレベル高し!

これぞ韓国焼肉!池袋の『万世家』は一品料理もレベル高し!

カルビやホルモン類など、焼き物充実系の韓国料理店。写真のデジカルビは、スパイスの香り高い特製ダレにひと晩漬け込んで熟成させた豚肩ロースを、炭火で炙って食す。


名古屋エリア限定グルメ情報(50) 高級フレンチのシェフが本気で作った『CHARLIE'S』の絶品フルーツサンド

名古屋エリア限定グルメ情報(50) 高級フレンチのシェフが本気で作った『CHARLIE'S』の絶品フルーツサンド

2年ほど前から「インスタ映えする」と、人気に火がついたフルーツサンド。カフェやフルーツショップ、サンドイッチ店など、ここ最近、名古屋でも美味しいフルーツサンドを食べさせてくれる店が増えた。 なかでも、『CHARLIE'S(チャーリーズ)』で売られているフルーツサンドは、ひと味もふた味も違うと評判だ。


あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ!三宿のパン屋さん『TOLO SAND HAUS』

あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ!三宿のパン屋さん『TOLO SAND HAUS』

あっさりの中に感じるほんのりとした甘さ。2軒隣にある姉妹店『トロパンサンドハウス』のフィッシュバーガーは、昆布〆したアジフライがユニーク。


大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」

大阪ローカル穴場メシ情報[23] タイ料理のステイタスNOSMG!を貫く十三の穴場タイ料理店「Twochefs(トゥシェフズ)」

十三は東口から出て徒歩で約10分。歓楽街から離れた淀川区役所の目の前に、ひっそりと佇む名店を発見した。 タイ料理の「Twochefs(トゥシェフズ)」というお店で「NOMSG!」。いわゆる商品添加物や合成保存料などを使用しないという意味だ。


ランキング


>>総合人気ランキング