MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
撮り鉄の「食」の思い出(27) 富良野線 富良野でおいしいものを堪能/~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(27) 富良野線 富良野でおいしいものを堪能/~2017年

富良野のラベンダーは、例年7月中旬ごろが見ごろです。ということで今回は、美瑛駅からトロッコ列車に乗って富良野でラベンダー畑に向かいます。 天気が良ければ窓は全開、壁一面が開いています。北海道の涼しい風のなか、雄大な風景が広がります……。

北海道・富良野線 富良野でおいしいものを堪能/~2017年


前回は富良野線の美瑛駅を拠点に丘の風景を楽しみました。

今回は、美瑛駅からトロッコ列車に乗って富良野でラベンダー畑に向かいます。

(富良野のラベンダーは、例年7月中旬ごろが見ごろです。)


[夏に楽しみたい富良野の花風景(2016年撮影)]




まずは富良野線の夏のお愉しみ、“富良野・美瑛ノロッコ号”に乗車です。

この列車はトロッコ列車ですが、ちょっと面白い作りになっています。

客車3両とディーゼル機関車の4両編成ですが、客車側のいちばん端にもうひとつ運転台が付いています。

普通なら必ず機関車が前になって走るのですが、この列車は客車が先頭になって走ることもできます。

後ろから機関車が押して走る姿もユーモラスです。


[富良野・美瑛ノロッコ号、機関車を前に走る姿(2015年撮影)]




天気が良ければ窓は全開、壁一面が開いています。

北海道の涼しい風のなか、雄大な風景が広がります。

美瑛駅から上富良野駅までは丘の風景を眺めながら走り、上富良野からは一転して広々とした平野の風景になります。

平野の向こうには十勝岳をはじめとした山々が並び、北の旅を盛り上げてくれます。

[“富良野・美瑛ノロッコ号”の車内、木製のベンチに座って風景を眺める(2006年撮影)]


[大きく開いた窓からは十勝の山々が見える(2011年撮影)]


そして次の下車駅はその名も“ラベンダー畑駅”。

夏の間だけ列車が止まる、臨時駅です。


駅舎もなくて、ホームとゲートだけの簡単な作り。

でも、この形も北海道の停車場という雰囲気があっていいです。

[夏の臨時駅ラベンダー畑駅(2011年撮影)]


この駅を降り、歩いて数分で北海道の夏を代表する観光地、“ファーム富田”に着きます。

7月中旬のラベンダーの最盛期に訪れることができれば、もう最高!

一面の紫色とラベンダーの香り。

さすがに気持ちを落ち着かせるといわれるだけあります。

この香りをかぐだけでも、ここに来た価値があると感じられます。

[ラベンダーの香りが漂う畑(2005年撮影)]

[ファーム富田の“彩の畑”、色とりどりの花も美しい(2005年撮影)]



ただ、この季節は……人が多い。

……特に外国の方がものすごいです。

ちょっと人ごみに疲れたとき、私が必ず行くのは“トラディショナルラベンダー畑”。

ファーム富田で最初にできた畑です。

急傾斜を上って頂上に着くと、富良野平野と十勝の山々の絶景が広がります。

後ろの並木の陰になって涼しく、ここまで来る観光客も少ないので、のんびりと過ごせます。

[花畑の向こうを“富良野・美瑛ノロッコ号”が走る(2013年撮影)]


花の風景にマッチする、北海道ならではのスイーツをチェック!


さて、ゆっくりと花の風景を楽しんだところで、スイーツです。

まずはファーム富田の売店で、赤肉のカットメロンとラベンダーソフト。

この風景の中で食べると格別です。

[花畑の中のカットメロン(2011年撮影)]

[ラベンダー色のソフトクリームも!(2011年撮影)]



ファーム富田でお土産を買った後は、隣にある富田メロンハウスの売店に向かいます。

休日には行列のできる人気のメロンパン、果肉が練りこまれたシュークリーム……。

年によってメニューは変わりますが、メロンスイーツもいろいろあります。


[富田メロンハウスのメロンパン(2015年撮影)]


[シュークリームもおいしい!(2015年撮影)]

[メロンスイーツ(2015年撮影)]

[メロンドリンク(2015年撮影)]



そして富良野線の終点、富良野駅に到着です。

何度訪れても、飽きることのない富良野線の旅。

きれいな風景とおいしいものを求めて、また行きたい場所です。


[富良野線の終点富良野駅(2015年撮影)]






佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。


このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
SL列車と川根茶で知られる大井川鐵道。 その名の通り大井川に沿って走り、春は桜、秋は紅葉と、季節の変化で何度でも訪れたい路線ですが、いちばんのおススメは5月。 「川根茶」として全国に知られる銘茶の茶畑がいっせいに芽吹き、鮮やかな緑が目を楽しませてくれる季節です……。
更新: 2019-04-29 16:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
今回は、三陸鉄道リアス線の記念列車運転日の翌日、3月24日の一般営業の初日のお話。 この日も、沿線はお祭りのよう。朝早くから賑わいました。 そんななかでもすごかったのが、鵜住居駅。2019年に行われるラグビーワールドカップの会場、「鵜住居復興スタジアム」がホームから見えるという最寄り駅です……。
更新: 2019-04-16 16:00:00
各地から桜開花の便りが聞かれた2019年3月23日、ついに三陸鉄道リアス線が開業しました。 震災から8年、待ちに待っていた日です。 数日前から現地入り。どこも、賑やかそうで迷ったのですが、結局大槌駅で出迎えることにしました……。
更新: 2019-04-08 16:02:00
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
最新の投稿
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-19 12:00:00
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-18 12:00:00
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00
東京駅でおすすめしたいカフェはたくさんあります!その中でも朝早く7時頃から夜遅く22時頃まで利用でき、スイーツも美味しいお店などをまとめました!料理写真、最寄り改札口からの徒歩時間、営業時間、定休日の情報も載っています。
更新: 2019-05-17 14:00:00
筋肉質な食感を楽しんでほしいと、使用するのは熊野地鶏のオスのみ。炭火でパリッと焼かれた皮の歯ざわり、高反発な肉質に驚かされる。
更新: 2019-05-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt