撮り鉄の「食」の思い出(27) 富良野線 富良野でおいしいものを堪能/~2017年

撮り鉄の「食」の思い出(27) 富良野線 富良野でおいしいものを堪能/~2017年

富良野のラベンダーは、例年7月中旬ごろが見ごろです。ということで今回は、美瑛駅からトロッコ列車に乗って富良野でラベンダー畑に向かいます。 天気が良ければ窓は全開、壁一面が開いています。北海道の涼しい風のなか、雄大な風景が広がります……。


北海道・富良野線 富良野でおいしいものを堪能/~2017年


前回は富良野線の美瑛駅を拠点に丘の風景を楽しみました。

今回は、美瑛駅からトロッコ列車に乗って富良野でラベンダー畑に向かいます。

(富良野のラベンダーは、例年7月中旬ごろが見ごろです。)


[夏に楽しみたい富良野の花風景(2016年撮影)]




まずは富良野線の夏のお愉しみ、“富良野・美瑛ノロッコ号”に乗車です。

この列車はトロッコ列車ですが、ちょっと面白い作りになっています。

客車3両とディーゼル機関車の4両編成ですが、客車側のいちばん端にもうひとつ運転台が付いています。

普通なら必ず機関車が前になって走るのですが、この列車は客車が先頭になって走ることもできます。

後ろから機関車が押して走る姿もユーモラスです。


[富良野・美瑛ノロッコ号、機関車を前に走る姿(2015年撮影)]




天気が良ければ窓は全開、壁一面が開いています。

北海道の涼しい風のなか、雄大な風景が広がります。

美瑛駅から上富良野駅までは丘の風景を眺めながら走り、上富良野からは一転して広々とした平野の風景になります。

平野の向こうには十勝岳をはじめとした山々が並び、北の旅を盛り上げてくれます。

[“富良野・美瑛ノロッコ号”の車内、木製のベンチに座って風景を眺める(2006年撮影)]


[大きく開いた窓からは十勝の山々が見える(2011年撮影)]


そして次の下車駅はその名も“ラベンダー畑駅”。

夏の間だけ列車が止まる、臨時駅です。


駅舎もなくて、ホームとゲートだけの簡単な作り。

でも、この形も北海道の停車場という雰囲気があっていいです。

[夏の臨時駅ラベンダー畑駅(2011年撮影)]


この駅を降り、歩いて数分で北海道の夏を代表する観光地、“ファーム富田”に着きます。

7月中旬のラベンダーの最盛期に訪れることができれば、もう最高!

一面の紫色とラベンダーの香り。

さすがに気持ちを落ち着かせるといわれるだけあります。

この香りをかぐだけでも、ここに来た価値があると感じられます。

[ラベンダーの香りが漂う畑(2005年撮影)]

[ファーム富田の“彩の畑”、色とりどりの花も美しい(2005年撮影)]



ただ、この季節は……人が多い。

……特に外国の方がものすごいです。

ちょっと人ごみに疲れたとき、私が必ず行くのは“トラディショナルラベンダー畑”。

ファーム富田で最初にできた畑です。

急傾斜を上って頂上に着くと、富良野平野と十勝の山々の絶景が広がります。

後ろの並木の陰になって涼しく、ここまで来る観光客も少ないので、のんびりと過ごせます。

[花畑の向こうを“富良野・美瑛ノロッコ号”が走る(2013年撮影)]


花の風景にマッチする、北海道ならではのスイーツをチェック!


さて、ゆっくりと花の風景を楽しんだところで、スイーツです。

まずはファーム富田の売店で、赤肉のカットメロンとラベンダーソフト。

この風景の中で食べると格別です。

[花畑の中のカットメロン(2011年撮影)]

[ラベンダー色のソフトクリームも!(2011年撮影)]



ファーム富田でお土産を買った後は、隣にある富田メロンハウスの売店に向かいます。

休日には行列のできる人気のメロンパン、果肉が練りこまれたシュークリーム……。

年によってメニューは変わりますが、メロンスイーツもいろいろあります。


[富田メロンハウスのメロンパン(2015年撮影)]


[シュークリームもおいしい!(2015年撮影)]

[メロンスイーツ(2015年撮影)]

[メロンドリンク(2015年撮影)]



そして富良野線の終点、富良野駅に到着です。

何度訪れても、飽きることのない富良野線の旅。

きれいな風景とおいしいものを求めて、また行きたい場所です。


[富良野線の終点富良野駅(2015年撮影)]






佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード


撮り鉄 スイーツ メロン

関連する投稿


撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

撮り鉄の「食」の思い出(32) 「栗きんとん」の食べ比べと、紅葉の中央西線/2000年~2014年

関東生まれの私には「栗きんとん」といえば、やっぱりお節料理の定番ですが、中央西線の中津川には、おいしい和菓子の「栗きんとん」があります。今年からは“中津川栗きんとん”と名乗り始めました。たくさんの和菓子屋さんがそれぞれの味を誇っています……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(64)吉祥寺の『いも・栗・かぼちゃ』は、なぜかアップルパイ……、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(64)吉祥寺の『いも・栗・かぼちゃ』は、なぜかアップルパイ……、の件

秋の味覚、『いも・栗・かぼちゃ』の季節がやってきました。私は糖質を恐れないおっさん女子なので、いも・栗・かぼちゃは、なんの迷いもなくガンガン食べます(笑)。 そんな私が考える、吉祥寺で『いも・栗・かぼちゃ』のおすすめスイーツ店といえば……。


撮り鉄の「食」の思い出(31) 栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(31) 栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年

秋になると食べたくなるのが、栗おこわです。 それも本場、長野の小布施で食べたいです。 もちろん長野の秋と言えばリンゴも。 それで、今回は長野の私鉄、長野電鉄のお話です……。


撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


撮り鉄の「食」の思い出(29) 出雲そばと出雲大社をめぐる鉄道 一畑鉄道・国鉄大社線/1978年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(29) 出雲そばと出雲大社をめぐる鉄道 一畑鉄道・国鉄大社線/1978年~2018年

今回は出雲大社をめぐる鉄道のお話です。現在出雲大社への足は、島根県のローカル私鉄一畑電車(いちばたでんしゃ)、通称“ばたでん”を使います。 この一畑電車に久々の新型車両が導入されたので、さっそく撮影に行ってきました。


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング