おっさん女子の吉祥寺パトロール(55) 冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(55) 冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件

毎日、こんなに暑くていいんでしょうか?  夏の冷たいスイーツの代表格といえば、かき氷だよね。しかし、私は夏が終わるまで、吉祥寺のかき氷の話題は避けて通りたかった……。吉祥寺のかき氷といえば、各所で話題になっている『カフェL』の焼き氷でしょう……。


冷たいスイーツは、吉祥寺の紅茶専門店で食べれば? の件


毎日、こんなに暑くていいんでしょうか? 

夏の冷たいスイーツの代表格といえば、かき氷だよね。

しかし、私は夏が終わるまで、吉祥寺のかき氷の話題は避けて通りたかった……。

吉祥寺のかき氷といえば、各所で話題になっている『カフェL』の焼き氷でしょう。

かき氷が燃えてるヤツね。

動画でインスタにアップしている女子も多いようです。

もともと、この『カフェL』は、駅近なのに比較的空いていて、さらにコーヒーが美味しい穴場なのですが、もう夏に近寄ることはできません……。

10月ごろまで、私がこの店に足を踏み入れることはないでしょう……。

現状、若い娘さんたちが、予約台帳なるものに記載し、このクソ暑いなか、順番待ちをして激混みです。


しかし、2017年の12月。

もはやクリスマスも近いというある日、この『カフェL』に入ったところ、私以外に女子2人組がいて、なんとこの娘さんたちが、冬にかき氷を燃やしていたのでした……。

外は気温10℃切ってますけど! 

思いっきり冬日だよ! 

という日でしたが、若い娘さんは寒くないのか? 

そして同時に、燃えるかき氷は通年のメニューだったんだ、と知ったおっさん女子です。

でも、寒い冬にけっこうデカいかき氷が、青白い炎に包まれて燃えているのは、なかなかロマンチックだったので、私は今年の冬に食べようと思います(今年もやっていれば、の話ですが……)。


そんなかき氷ですが、若い娘さんの夏のインスタ需要なのか、カフェや喫茶店にとどまらないのが吉祥寺です。

この間、夜はもつ鍋屋さんという店が、土日祝の昼間にかき氷を始める予定と知り、ビックリ……。

もつ鍋屋、お前もか! と思いました。

某寿司屋チェーン店も大々的にかき氷始めてるし。もはや、なんでもありだよね。

イラスト/スタジヲワンツー


おっさん女子イチ押しは有名紅茶専門店『T亭』の、アッサムのかき氷!


でも、私はおっさん女子。

かき氷なんて、ひと夏1回食べれば上等じゃね? という思想の持主です。

ちなみに、友人のおっさん女子Nは「ここ数年食べていないよ。何年かに1度、お祭りのときに食べれば十分じゃないの?」と言っていました……。

そんなおっさん女子がおすすめするのは、吉祥寺の有名紅茶専門店『T亭』のアッサムのかき氷です。

紅茶から作ったオリジナルのアッサムのシロップが氷にかかっており、さらに特製練乳紅茶をプラスして食べます。

しかし、なぜか別途青りんごのアイスクリームが付くという、ある意味、謎の仕様。

最高気温が33℃を超えた日に食べましたが、冷房+冷たいものを食べ過ぎて、体は芯から冷え切り、外に出たとき「あったかい……」という感想に……。

しかも、1296円(税込)です。

高い……! 

飲み物をつけると『2000円越え』ですね。



とか言いながら、親切なおっさん女子が『T亭』の正しいアッサムのかき氷の食べ方をここで披露しておきます。

基本、夏の思い出としてのかき氷設定が推奨です。

さらに、デートで行くこと、これが必須です。


男子が、かき氷を頼む(女子はあったかい紅茶を頼む)
 ↓
女子は、かき氷をひと口もらって納得
 ↓
青りんごのアイスは女子が食う
 ↓
女子大満足
 ↓
カップルの夏の思い出……という感じがいいんじゃないでしょうか? 


特に、男子が暑がりだと最高ですね。

ただ、基本的に武蔵野マダムで平日も混んでいる『T亭』は、土日祝は激混みで、13時~18時の間は、90分交代制なので注意してください。

ほかにもあるぞ! 吉祥寺の紅茶系『冷たい』スイーツ!!


夏の思い出とか、デートとか、90分交代制とか、暑がりの男子とか、そんなの関係ないわよ! という人にもおすすめの冷たいスイーツもありますよ……。

同じく紅茶専門店『K』の本店にGO! 

連載42回の手土産のところでちょっと触れたお店です。

カレーでおなじみの『M蔵』の斜め前のあそこね。

ここは基本的に茶葉の販売がメインですが、ちょっとした焼き菓子なども売っています。

そして夏季限定で、紅茶ソフトクリームが販売されます。

ルフナ紅茶という茶葉の銘柄を、思いっきり濃く出して作ったアイスクリームだ! 

濃厚! 

絶品! 

お値段は450円ですが、コスパは超いいぞ! 

トッピングの、キャラメリゼされている甘いピーカンナッツが超美味しいです。

むしろ、これを山盛り食べたい……。

しかもこのアイスは、店で販売されているミルクティにもトッピングが可能。

そして、ミルクティの濃さも選べるよ。

夏は濃いめ推奨です。

そしてなんと!

今年から、ルフナかき氷が新メニューで登場!!

イートインスペースは外のベンチですけど、平日夕方のまったりした時間帯は、なかなか和む&癒されます。

まあ、こちらはデートっていうより、おひとり様の買い食いがおすすめですけど(笑)。 

秋風が吹くころまで、やっているようです。





天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

中華屋に行くと、とりあえずレバニラ定食を自動的に頼んでしまうおっさん女子、とは私のこと。 この習性は「レバニラでその中華屋の実力がわかる」とか、そんな崇高な理由ではなく、単純に家で作らないから、というつまらない理由です……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(57) 吉祥寺でアジア系ごはんを食べるなら、バーのランチにしなよ、の件

夏といえば、アジアンテイストのごはんが食べたいよね、という季節でもあります。しかしおっさん女子的には吉祥寺のエスニック料理店がちょっと……。 ちなみに理由はシンプルです。おいしい店は混んでいる……。なぜ地元で予約までして、ごはんを食べなくてはいけないのか? と萎えるのは、私だけでしょうか?


おっさん女子の吉祥寺パトロール(56) 台風襲来! 吉祥寺で「台風コロッケ」を調達するなら、ここだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(56) 台風襲来! 吉祥寺で「台風コロッケ」を調達するなら、ここだよ、の件

台風コロッケ。もはや台風接近中の常識になりつつあるんでしょうか? 基本、ネット民の都市伝説であったのだが……。しかし今や、その都市伝説はリアルでも浸透しているようである(笑)。吉祥寺の地元民は、スーパーではなく、アトレ吉祥寺の食品売り場が大好きな生き物である。台風コロッケ調達は、アトレ吉祥寺でキマリだろ!


おっさん女子の吉祥寺パトロール(54) 吉祥寺で局地的な超ブーム!? 『へべす』を知らずして夏は来ないよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(54) 吉祥寺で局地的な超ブーム!? 『へべす』を知らずして夏は来ないよ、の件

皆さん、『へべす』を知っていますか? この珍妙で愛らしい響き……。ちなみに漢字で書くと『平兵衛酢』です。その正体は、香酸柑橘という果実。レモン、ゆず、かぼす、すだちの仲間なんですよ。これが2~3年前から吉祥寺&三鷹で局地的ブームなんだよね……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(53) マツコに食べてほしい吉祥寺のオムライスは、これだよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(53) マツコに食べてほしい吉祥寺のオムライスは、これだよ、の件

吉祥寺のオムライスに文句タラタラなおっさん女子である。 以前、マツコ・デラックスがTV番組『怒り新党』で好きなオムライスを語っていて、まったく同感! ざっくり言うと、それは「中身はケチャップライスで、具は玉ねぎとハムのみ。固めの卵で包んだオムライス」というものであった……。


最新の投稿


変わらぬ味は日本が誇る昭和遺産!東京都内の中華食堂おすすめ3店

変わらぬ味は日本が誇る昭和遺産!東京都内の中華食堂おすすめ3店

変わらぬ味がここにある。そして変わらぬ景色や店主の笑顔になんともじんわり癒される。長くその地に根差した味わいのある〈中華食堂〉はまさに日本が誇る昭和遺産。そんな記憶の味を求めてふらりと財布一丁で出掛けてみませんか。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

中華屋に行くと、とりあえずレバニラ定食を自動的に頼んでしまうおっさん女子、とは私のこと。 この習性は「レバニラでその中華屋の実力がわかる」とか、そんな崇高な理由ではなく、単純に家で作らないから、というつまらない理由です……。


この夏、クセになりそう!富山の地元ビールと地元食材を楽しもう!

この夏、クセになりそう!富山の地元ビールと地元食材を楽しもう!

地元の旨いものは地元の酒と合う!しかもやっぱり夏はビールでしょ!ということで、地元メシ×地元ビールを巡る旅に出ました。今回は海を見ながらビールが楽しめる富山県!富山の地元ビールと地元食材が楽しめる、おすすめ2店をご紹介。


カクテルがシロップ!おとなのかき氷(コラム:口福三味)

カクテルがシロップ!おとなのかき氷(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『カクテルがシロップ!おとなのかき氷』。


ブレイク必須の牛串!東京都内の牛串おすすめ厳選5店

ブレイク必須の牛串!東京都内の牛串おすすめ厳選5店

串もんといえば、鶏や豚のイメージが強いですが、牛肉にも串料理はあるんです。焼き加減がバッチリで、いろんな部位も食べられる。焼肉よりも手軽な、ブレイク必至の牛串。東京都内のおすすめ三ツ星店をギューッとお届けします。二ツ星店もご紹介!


ランキング


>>総合人気ランキング