MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(59) オレの夏! 吉祥寺のこんなところで、タコライスかよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(59) オレの夏! 吉祥寺のこんなところで、タコライスかよ! の件

『×××を食べたら、オレの夏、到来!』 この×××に入る食べ物は、人それぞれ、いろいろあると思います。冷やし中華、スイカ、かき氷、ガリガリ君、なんちゃらフラペチーノetc. ……。 おっさん女子的には、その年初めてのタコライスを食べたら、オレの夏、到来です! 

オレの夏! 吉祥寺の「こんなところ」で、タコライスかよ! の件


『×××を食べたら、オレの夏、到来!』

この×××に入る食べ物は、人それぞれ、いろいろあると思います。

冷やし中華、スイカ、かき氷、ガリガリ君、なんちゃらフラペチーノetc. ……。

おっさん女子的には、その年初めてのタコライスを食べたら、オレの夏、到来です! 

平成も終わろうとしている今、タコがご飯に乗っていると思っている人は、まさかいないと思います(汗)。

しかし、念のため説明すると、ご飯にタコミート + 野菜(つまりタコスの具)+ サルサソースが乗っている沖縄発祥の料理ですね。

もともとタコスとかトルティーヤが好きで、家で作ったりするおっさん女子。

それに白いご飯至上主義が合わさって、タコライスは夢のような夏のごはんです。

イラスト/スタジヲワンツー


そしてオレの夏は、6月中旬に到来……。

中道通りのドイツビール&料理の店『S』のランチに「ジャーマンタコライス」という文字を見つけたのであった……。

以前、連載30回でも紹介したお店だが、ジャーマン? どうなのよ?

こんなところでタコライスかよ! と思ったが、タコライスLOVEなのでとりあえず店に入って食べてみた。

結論から言うと、タコミートが粗切りのドイツ風ソーセージで構成されており(たぶんここがジャーマンね!)、トマト&アボカド&レタス+半熟卵+コーンという内訳である。

しかし、しかし、言わせてもらっていいかしら? 

ライスと具がトルティーヤの器に入っていて、トルティーヤを崩しながら全体を混ぜて食べるんだけど……。

雑な女子(私です)は、混ぜるのは好きなんだけど、トルティーヤを砕くのが、けっこう重労働……。

さらにレタスがデカくてうまく混ざらない……。

そして混ぜると、ライスの存在感がどんどん失われていく……。

なんか違う……。

オレの夏は、これじゃない……。

でも、ほんのりカレー味で、美味しかったからいいけど。

オレの本当の夏は、ここでは来なかった……。

ちなみにドリンク付きで1000円(税別)ね。

ほかにもあるぞタコライス! 「ジャズとタコライス」とか「肉々しいタコライス」とか……!!


不完全燃焼な夏の始まりだったが、たまたま前を通りかかった吉祥寺の有名ジャズラウンジ&バー『S』のランチに、タコライスがあることを思い出し、お店にイン。

ジャズとタコライス、この組み合わせ、なんか痺れるよね。

しかし、ここのタコライスは、野菜多め&切り方&彩りがキレイ! 

パンチはないが、とってもスマートなタコライスなのである。

インスタ映え(死語でしょうか?)を狙うなら、ここね。

私が今までに見た&食べたタコライスのなかでも、№1の洗練されたルックス。

ランチは16時までやっていて、すっごい穴場。

雰囲気もいいし、男女問わず、おひとり様がフラッと入ってきて、サクッとランチをするには超おすすめです。

カレーやハンバーグも美味しいよ。

ここで、オレの夏がめでたく到来したのでした。

しかし、ドイツ料理屋に続いて、「こんなところで」タコライスな夏になってしまいました……。


吉祥寺にもタコライスの本場、沖縄料理屋さんが数軒あり、さらに言うとハモニカ横丁にはタコライス専門店もあるわけなのですが(笑)、おっさん女子は2018年の夏に限って、「こんなところで」タコライスを完遂することにしました。


で、「こんなところで」タコライスの真打&大本命は、中道通りの地元民ならみんな大好き! 輸入食品&デリの『C』だ。

以前連載9回にもちょっと登場したが、ここはお惣菜やお弁当がテイクアウトできる人気店。

しかも、タコライスはレギュラーとヘルシーの2種類あるのよ! 

ちなみにレギュラーは、野菜が申し訳程度にしか入っておらず(笑)、肉々しいタコミート&チーズトッピングのガッツリ系タコライス。

ヘルシーのほうは、野菜たっぷり、ライスは15穀米、アボカドも有料トッピングできるよ。

さらに、ここのぶっかけ弁当(460円/税別)は、おかずを3種類チョイスして白いご飯にぶっかけてもらえる人気メニューなのですが、約16種類あるおかずに、タコミートも堂々エントリーだ(おかずは定期的に入れ替わります)。


はい、「こんなところで」タコライス、いかがだったでしょうか? 

まとメシ連載陣の、太田日向さんの連載34回。セブンイレブンでタコライスかよ! と思って、速攻買いに走りましたが、沖縄フェアは終わっていました……。

こんなところでタコライスに、出遅れかよ! というおっさん女子。


なんか夏も終わるね……。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。
更新: 2019-04-18 10:45:49
みんな大好きカレー♪ですが、吉祥寺には有象無象というか、ランチメニューにカレーを入れとけば、いいんじゃね? みたいな店が多く、がっかりすることも多いワケです。 そんななか、今回は“えっ? こんなところでカレーですか?”という、カレー専門店ではないが、カレーランチのクオリティが高いお店を紹介したいと思います。
更新: 2019-04-09 16:00:00
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
更新: 2019-04-02 16:01:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt