おっさん女子の吉祥寺パトロール(59) オレの夏! 吉祥寺のこんなところで、タコライスかよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(59) オレの夏! 吉祥寺のこんなところで、タコライスかよ! の件

『×××を食べたら、オレの夏、到来!』 この×××に入る食べ物は、人それぞれ、いろいろあると思います。冷やし中華、スイカ、かき氷、ガリガリ君、なんちゃらフラペチーノetc. ……。 おっさん女子的には、その年初めてのタコライスを食べたら、オレの夏、到来です! 


オレの夏! 吉祥寺の「こんなところ」で、タコライスかよ! の件


『×××を食べたら、オレの夏、到来!』

この×××に入る食べ物は、人それぞれ、いろいろあると思います。

冷やし中華、スイカ、かき氷、ガリガリ君、なんちゃらフラペチーノetc. ……。

おっさん女子的には、その年初めてのタコライスを食べたら、オレの夏、到来です! 

平成も終わろうとしている今、タコがご飯に乗っていると思っている人は、まさかいないと思います(汗)。

しかし、念のため説明すると、ご飯にタコミート + 野菜(つまりタコスの具)+ サルサソースが乗っている沖縄発祥の料理ですね。

もともとタコスとかトルティーヤが好きで、家で作ったりするおっさん女子。

それに白いご飯至上主義が合わさって、タコライスは夢のような夏のごはんです。

イラスト/スタジヲワンツー


そしてオレの夏は、6月中旬に到来……。

中道通りのドイツビール&料理の店『S』のランチに「ジャーマンタコライス」という文字を見つけたのであった……。

以前、連載30回でも紹介したお店だが、ジャーマン? どうなのよ?

こんなところでタコライスかよ! と思ったが、タコライスLOVEなのでとりあえず店に入って食べてみた。

結論から言うと、タコミートが粗切りのドイツ風ソーセージで構成されており(たぶんここがジャーマンね!)、トマト&アボカド&レタス+半熟卵+コーンという内訳である。

しかし、しかし、言わせてもらっていいかしら? 

ライスと具がトルティーヤの器に入っていて、トルティーヤを崩しながら全体を混ぜて食べるんだけど……。

雑な女子(私です)は、混ぜるのは好きなんだけど、トルティーヤを砕くのが、けっこう重労働……。

さらにレタスがデカくてうまく混ざらない……。

そして混ぜると、ライスの存在感がどんどん失われていく……。

なんか違う……。

オレの夏は、これじゃない……。

でも、ほんのりカレー味で、美味しかったからいいけど。

オレの本当の夏は、ここでは来なかった……。

ちなみにドリンク付きで1000円(税別)ね。

ほかにもあるぞタコライス! 「ジャズとタコライス」とか「肉々しいタコライス」とか……!!


不完全燃焼な夏の始まりだったが、たまたま前を通りかかった吉祥寺の有名ジャズラウンジ&バー『S』のランチに、タコライスがあることを思い出し、お店にイン。

ジャズとタコライス、この組み合わせ、なんか痺れるよね。

しかし、ここのタコライスは、野菜多め&切り方&彩りがキレイ! 

パンチはないが、とってもスマートなタコライスなのである。

インスタ映え(死語でしょうか?)を狙うなら、ここね。

私が今までに見た&食べたタコライスのなかでも、№1の洗練されたルックス。

ランチは16時までやっていて、すっごい穴場。

雰囲気もいいし、男女問わず、おひとり様がフラッと入ってきて、サクッとランチをするには超おすすめです。

カレーやハンバーグも美味しいよ。

ここで、オレの夏がめでたく到来したのでした。

しかし、ドイツ料理屋に続いて、「こんなところで」タコライスな夏になってしまいました……。


吉祥寺にもタコライスの本場、沖縄料理屋さんが数軒あり、さらに言うとハモニカ横丁にはタコライス専門店もあるわけなのですが(笑)、おっさん女子は2018年の夏に限って、「こんなところで」タコライスを完遂することにしました。


で、「こんなところで」タコライスの真打&大本命は、中道通りの地元民ならみんな大好き! 輸入食品&デリの『C』だ。

以前連載9回にもちょっと登場したが、ここはお惣菜やお弁当がテイクアウトできる人気店。

しかも、タコライスはレギュラーとヘルシーの2種類あるのよ! 

ちなみにレギュラーは、野菜が申し訳程度にしか入っておらず(笑)、肉々しいタコミート&チーズトッピングのガッツリ系タコライス。

ヘルシーのほうは、野菜たっぷり、ライスは15穀米、アボカドも有料トッピングできるよ。

さらに、ここのぶっかけ弁当(460円/税別)は、おかずを3種類チョイスして白いご飯にぶっかけてもらえる人気メニューなのですが、約16種類あるおかずに、タコミートも堂々エントリーだ(おかずは定期的に入れ替わります)。


はい、「こんなところで」タコライス、いかがだったでしょうか? 

まとメシ連載陣の、太田日向さんの連載34回。セブンイレブンでタコライスかよ! と思って、速攻買いに走りましたが、沖縄フェアは終わっていました……。

こんなところでタコライスに、出遅れかよ! というおっさん女子。


なんか夏も終わるね……。







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


おっさん女子の吉祥寺パトロール(79) 吉祥寺でおっさん女子が塩ロールパンを食べ散らかしたランキング! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(79) 吉祥寺でおっさん女子が塩ロールパンを食べ散らかしたランキング! の件

「おせちに飽きたらカレーもね♪」というCMに出ていたのはヒデキだったが、私の場合「白飯に煮詰まったら、パンもね♪」である。 私は、白いご飯至上主義。そもそもパンをあまり食べないおっさん女子だが、そんな私にも好んで食べるパンがあるのよ! それは『塩ロールパン』!  そもそもおっさん女子は『塩派』でなのある……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(78) 吉祥寺でステーキを食べるなら、迷わず老舗です、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(78) 吉祥寺でステーキを食べるなら、迷わず老舗です、の件

おっさん女子が吉祥寺でステーキを食べるなら、もう東急デパート横の『B』の一択です。 ビル内のお店はすべて系列店でB1はバー、1Fはカフェ、3Fが高級焼肉屋ですが、私が目指すのは2Fの炭焼きステーキです。 ちなみに私は『B』でステーキを食べるときは、ほぼ100%ご馳走される系ですが……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(77) 吉祥寺の『2018年の一皿+α』を勝手に決めました、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(77) 吉祥寺の『2018年の一皿+α』を勝手に決めました、の件

2018年も間もなく終わりますね。おっさん女子も1年の総決算というワケで、誰からも頼まれていませんが(苦笑)、独断&超自己中心的に2018年の吉祥寺の今年の一皿、を決めてみようと思います……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(76) 吉祥寺キャラ政権交代!? ラスカルが森に帰って、トトロがやってきました、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(76) 吉祥寺キャラ政権交代!? ラスカルが森に帰って、トトロがやってきました、の件

なんと11月末に、あのラスカルのパン屋が、閉店してしまいました。思えば、日々超行列&吉祥寺のインスタ映え№1だった、ラスカル。しかしおっさん女子&地元民が普通に買えるようになったら、閉店……。 でも、世の中、上手くできているもので、ジブリの森から超大スターがやってきました……!


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング