MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(58) 夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件

中華屋に行くと、とりあえずレバニラ定食を自動的に頼んでしまうおっさん女子、とは私のこと。 この習性は「レバニラでその中華屋の実力がわかる」とか、そんな崇高な理由ではなく、単純に家で作らないから、というつまらない理由です……。

夏のスタミナ食! 吉祥寺の中華屋レバニラ定食選手権、の件


中華屋に行くと、とりあえずレバニラ定食を自動的に頼んでしまうおっさん女子、とは私のこと。

この習性は「レバニラでその中華屋の実力がわかる」とか、そんな崇高な理由ではなく、単純に家で作らないから、というつまらない理由です。

なんだかすみません……。

でもさー、家で積極的にレバニラを炒めてる女子とかいる? 

いないでしょ? 

面倒じゃん! 

レバーの下処理とかさ。

しかし夏バテ対策には、おっさん女子的にレバニラ定食はマストなのよ。

というワケで、超独断で吉祥寺のレバニラ定食の店をおすすめしたいと思います。

選考基準は、ごはんに合う&レバーとニラの存在感です。


イラスト/スタジヲワンツー


まず、長い間、私の心のレバニラ第1位だったのは、アトレ吉祥寺の延長線、西荻側に位置する『W』です。

ここは、レバニラ+ライス+スープ+サラダ+副菜の構成で、定食として完成されているので好きだったのですが、とにかく店が混んでいる。

レバニラを食べるために並ぶのはイヤ! という理由で、心のベストテン第3位くらいに置いておくことになりました……。

中華系のランチが豊富で、どれも合格点が出せるメニューが揃っているよ。

麺類も美味しい。


そして2位に浮上したのが、夜のメニューがすべて300円という居酒屋『S』です。

連載25回参照ね

ここは非常にコスパがよく、店も空いているし、ピルクルがついてくるし、私としては高得点です。

レバーとニラの存在感もあります。

もやしで増量して誤魔化すとかないのが、好きだ。

ちなみに混んでいるという理由で『W』の順位が下がっていることを考えると、なんて自分勝手なランキングなんだ! と思う人も多そうですが、いいんです。

地元民は並ばない、それがセオリーです。


そして栄えある第1位ですが、チェーン店だよ。

ごめんなさい。

しかも、吉祥寺に2店舗目を出店し勢いづいている『C一番館』。

ここは、レバーとニラの存在感がバッチリあります。

さらに量が少な目なので、レバニラ定食+オプションの余地があります。

定食に餃子をつけても、1000円以内で余裕で収まるコスパ。

たまに春巻もつけちゃうかな、と思える余裕を生み出す絶妙な分量で気に入っています。

現状、いちばんのお気に入りだよ。


私は、レバニラに量を求めていないのですが、たとえ、もやしで増量されていても、量を求める人は、駅の南口、パークロードの雑居ビルにある『K菜館』と、井の頭通り沿いのお店の漢字の読み方が難しい『K』がおすすめです。

どちらも、頼んだことを若干後悔するような分量できます……。

普通に美味しいけど、しばらくレバニラ(っていうか、もやし)を見たくなくなるほどの、山盛りです。

特に女子は気を付けろ!







天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。
更新: 2019-04-18 10:45:49
みんな大好きカレー♪ですが、吉祥寺には有象無象というか、ランチメニューにカレーを入れとけば、いいんじゃね? みたいな店が多く、がっかりすることも多いワケです。 そんななか、今回は“えっ? こんなところでカレーですか?”という、カレー専門店ではないが、カレーランチのクオリティが高いお店を紹介したいと思います。
更新: 2019-04-09 16:00:00
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
更新: 2019-04-02 16:01:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt