エリア: 東京都

進化する餃子に注目せよ!東京都内の絶品餃子店を実食調査トーク!

進化する餃子に注目せよ!東京都内の絶品餃子店を実食調査トーク!

『夏こそ、餃子!いま行きたい新店・注目店ここだ!』にて、東京都内の餃子の新店&注目店を巡った、ライター・吉田桂と市村幸妙、編集・鈴木里映が改めて感じたことを語ります!


ニュータイプの餃子が続々登場!

『GYOZA! 365』肉ペッパーGYOZA! 580円(+ゴルゴンゾーラのエアロ200円)

鈴木(以下、鈴)「今回の餃子調査で、何か気付いたことはありますか?」

吉田(以下、吉)「餃子の具や皮、タレなどに面白い餃子が増えていますね。例えば、『GYOZA!365』は、泡状にして凍らせたゴルゴンゾーラチーズのトッピングがあったり、ニラで作ったタレがあったり。『カノケン』は餡の9割以上が野菜!」

『カノケン』厚皮黄金餃子 500円

市村(以下、市)『クレイジー餃子』では、鶏挽肉や牛挽肉がベースの餃子がありました。『WASH1N TOKYO』は、ポテサラとかカツオのなまり節とか、意外な食材を包んでいて驚いたけど、それがまたクセになる美味しさで。どんな味なのか気になるからつい頼み過ぎて、お腹パンパンになっちゃいました」

『クレイジー餃子』トルコ焼き餃子 626円

『WASH1N TOKYO』気仙沼産かつおのなまり節餃子 648円

”ニンニク臭い”は過去のハナシ!?

「“ニンニク不使用”のお店も増えていません?」

『歓迎(ホアンヨン)』もそう。なぜニンニクを入れないのか聞いたら、”野菜を味わってほしいため。ニンニクが入ると全部その味になっちゃうから”と」

『歓迎』歓迎特製 蒲田羽根つき焼き餃子 300円

『池尻餃子』は、ニンニク入りかショウガ入りのどちらか選べるし、『カノケン』は、ニンニクは利いてるけど消臭効果のある『桑の葉入りの塩』が置かれていました」

『池尻餃子.』名物あおば餃子 700円

「でも夏は、匂いなんて気にせずニンニクをガツンと食べて元気を出したいですけどね~」

「なので、『WASH1N TOKYO』では、ニンニクが丸ごと入った“ザ・スタミナ餃子”をあえて紹介してみました」

「市村さんがずっと持ってたブレスケア、そこでようやく役立ちましたよね(笑)」

『WASH1N TOKYO』丸ごとにんにく餃子(焼き) 594円

”無添加・無化調”の波も来ている!?

『GYOZA!365』のように無添加・無化調にこだわるお店や素材本来の味わいを重視するお店も増えていますよね」

『芊品香』は無化調なだけじゃなく、香辛料や調味料を本場から取り寄せているそう。餃子はもちろん、汁なし担々麺もかなり美味でした」

『芊品香 別館』名物の鉄鍋の胡麻棒餃子 626円

「中華なのに脂っこくない、と驚いたのが、『クレイジー餃子』。ご主人が胃弱のため、油は極力使わずに、自分が美味しいと思う料理を提供しているのだとか。素材の持ち味が引き出された料理に感激しました」

「私は『池尻餃子』の『旬の十五野菜餃子』に感動。本当に15種以上の野菜が入っていて、季節ごとに野菜の内容が変わるから、訪れるたびに違う味が楽しめるのでは。餃子を食べて季節を感じる――。なんとオサレな! と思いました」

「では、逆に残念だったお店は?」

「昨年オープンの神田の『K』は、新店として気合いも十分に感じるし、スタッフの対応も素敵なお店。でも揚げ焼きにされた皮がかなりオイリーで……。バジルが入った餃子は、オリーブオイルと岩塩で食べるのですが、口がギトギトに」

「私は、人気が高まり有名店となりつつある代々木上原の『A』の取材拒否が残念でした(涙)。ここの餃子は水餃子のみなのですが、ハトムギ入りのモチっとした皮、ザーサイ入りやカレー粉入りの餡はどれも本当に美味しかったんです」

「私はありがたいことに残念と思ったお店は今回ゼロでした!『芊品香』ではひと口食べてあまりの美味しさに、鈴木さんと目が合い無言でニヤッとしましたね(笑)。しいて言うなら……『歓迎』で餃子を噛んだ途端に肉汁を飛び散らしまくった自分が残念でした……」

「ま、色々な餃子があるおかげで、連日の実食調査もまったく苦になりませんでしたよね」

市&吉「本当に助かった(笑)」

夏こそ、餃子!今行きたい東京都内の新店・注目店はここだ!

いま行きたい新店・注目店を前編・後編でご紹介!
変わり、羽付き、ヘルシー系などタイプは色々あるがどれも驚愕の旨さ。
これらを食べずに夏は終われない!!

今行きたい東京都内の新店・注目店はここだ!<前編>はこちら!
今行きたい東京都内の新店・注目店はここだ!<後編>はこちら!
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


夏こそ、餃子 餃子

関連する投稿


餃子界の人気2トップを食べ比べ!浜松餃子&宇都宮餃子をお取り寄せ

餃子界の人気2トップを食べ比べ!浜松餃子&宇都宮餃子をお取り寄せ

餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子


ウチの餃子も旨いんです!東京都内のとっておき名酒場2店をご紹介

ウチの餃子も旨いんです!東京都内のとっておき名酒場2店をご紹介

こちらいわゆる酒場ですが、ウチの餃子も旨いんです!餃子は専門店だけにあらず。いわゆる酒場にも工夫を凝らした名物餃子が多々あります。今回はそんな中から、編集部厳選のとっておき2軒をご紹介!


夏こそ、餃子!今行きたい東京都内おすすめ注目店はここだ!4店<後編>

夏こそ、餃子!今行きたい東京都内おすすめ注目店はここだ!4店<後編>

夏こそ、餃子!後編も、東京都内のこだわりのお店をご紹介!香ばしい香りに誘われるまま、ひと口ほおばり、ビールをゴクリ。あぁ、何という快楽!!この季節、旨さが一段と際立つ餃子をご堪能あれ。


 夏こそ、餃子!今行きたい東京都内の新店・注目店はここだ!<前編>厳選4店

夏こそ、餃子!今行きたい東京都内の新店・注目店はここだ!<前編>厳選4店

ここ数年にオープンした東京都内のこだわりのお店をご紹介。 変わり、羽付き、ヘルシー系などタイプは色々あるがどれも驚愕の旨さ。 これらを食べずに夏は終われない!!


焼きはまぐりSTAND(東京駅)|ハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし

焼きはまぐりSTAND(東京駅)|ハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし

東京駅のハマグリ専門店「焼きはまぐりSTAND」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。お通しもハマグリ、メニューもほぼハマグリ料理と貝好きにはたまらないハマグリ尽くし。[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩3分


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング