MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
どっちが旨い!?【冷やし中華】関東 vs 関西 対決!

どっちが旨い!?【冷やし中華】関東 vs 関西 対決!

古今東西、旨いものがあると聞けばどこであれ、足取り軽やかに赴く東西の食いしん坊巨人・マッキー牧元さんと門上武司さん。この二人のグルメバトルとも呼ぶべき往復書簡、START!今回は「冷やし中華」関東 対 関西

今回のお題【冷やし中華】

酢豚対決 東/揚子江菜館 vs. 西/中華のサカイ 本店

【東】マッキー牧元 揚子江菜館の「五色涼拌麺」

拝啓 門上様、冷やし中華食べていますか?

 僕はこの時期になると、まずはフツーの街の中華料理屋に行って、フツーの冷やし中華を食べ、高まる冷やし中華熱望を、一旦鎮静化させます。

 豪華食材に頼らない庶民系冷やし中華には、温かさと切なさがあって、心が落ち着くのです。そして次に、神保町『揚子江菜館』に向かいます。なにしろ昭和8年に考案したという「冷やし中華発祥の地」でありますから、冷やし中華ファンにとっては、お伊勢参りのような神聖な行事なのです。

 ざるそばから母国中国にはない麺料理を発想し、富士山を模して盛り、10品の具を、麺と馴染みがいい細長さで、放射状に飾り、二百回は試作したという甘酢ダレで整える。すっきりとしているのに、クセになるコクがあるタレや、様々な具が麺と抱き合い生まれる喜びなど、すべてが涼を呼び、厳しい暑さをひと時忘れさせてくれます。

 でもなにより、この店から全国に巣立ち、「冷やし中華」という日本独自の食文化が生まれたのかと思いながら食べると、涙が滲んで来るのです。

 門上さん、上京の際は、一緒に食べませんか。そして一緒に、泣きませんか。

その雄姿、富士のごとく。冷やし中華の美学、ここにあり

▲五色涼拌麺 1510円
「崩すのを躊躇するほど荘厳な雄姿。しかし背筋を正し、勇気を持ってえいっと錦糸卵をほぐせば、そこにはなんと、肉団子とうずら卵が潜んでいるのだ!なんという遊びゴコロ、なんというワクワク。う~ん、たまりません」(牧)

揚子江菜館
[住所]東京都千代田区神田神保町1-11
[TEL]03-3291-0218
[営業時間]11時半~22時(21時半LO) 無休
[席]170席(宴会場、個室あり)/
カード可/予約可/サなし
[交通]都営地下鉄三田線ほか神保町駅A7番出口から徒歩1分

【西】門上武司 中華のサカイ 本店の「冷めん(焼豚入り)」

 こんにちは。牧元さん、冷やし中華なんですね。

 これが関西人には、ちょっぴり辛いんです。冷やし中華と言われると、なんか敷居が高く、よそ行きの料理という感じになるのです。こちらでは「冷麺」もしくは「レーメン」であります。街の中華料理店に「冷麺始めました」と書かれた文字を見つけると、なんとも嬉しくなってしまうのです。

 今回ご案内する京都の『中華のサカイ』は店頭に「やっぱり冬でも冷麺」というプレートが貼り付けられている関西でも稀有な一軒。

 メニューの一番上にハム冷麺、焼豚冷麺と書かれ、後者には「名物」のレッテルです。つまり一年中、この焼豚冷麺は広く一般に受け入れられているということ。シンプルです。麺以外は焼豚、キュウリ、海苔だけ。潔いというか、麺とスープの勝負という思いが強い。

 麺はツルッとやや太めでつやつやと輝いています。そこにからむスープなんですが、むしろ和えると言ったほうがいいかもしれません。粘度があり、濃厚で酸味と甘みとコクがそれぞれしっかりしているので、ツルッとした麺をうまくくるむのです。これはクセになってしまいます。

 取り寄せも可能なので、牧元さん送ります!

素朴で親しみのある見た目と裏腹に、パンチの効いた西の冷めん

▲冷めん(焼豚入り) 720円
「なんといってもタレが特徴的。胡麻ペーストが入っているのかと思うほどコクがある!しかし胡麻は未使用とのこと。味噌が隠し味かと想像しています。なにしろ甘みと酸味の見事な調和は、記憶と舌に残るんです」(門)

中華のサカイ 本店
[住所]京都府京都市北区紫野上門前町 92 番地
[TEL]075-492-5004
[営業時間]11時~21時半(宴会は21時半まで)
[休業日]月
[席]1F テーブル席30席 カウンター4席、2F 50名 ※予約のみ/
カード不可/予約可/サなし
[交通]京都市営地下鉄烏丸線北大路駅から徒歩15分

プロフィール

マッキー牧元/タベアルキストを自称して早30年、ひたすら美味しいものを食べ歩き、それを生業とすべく、各誌への寄稿に励むコラムニスト。東の食雑誌『味の手帖』編集主幹でもある。

門上武司/小誌でもおなじみの、あらゆる食情報に精通している西のグルメ王。食関連の執筆・編集を中心に、各メディアに露出多数。関西の食雑誌『あまから手帖』の編集顧問も務める。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
ハムエッグって、朝食メニューでは?この企画タイトルを読んでそんな気持ちになった方に、我々は言いたい。ハムエッグは、呑みのよき友なんです!それを日夜実践しているライターの酔いどれ〜ぬオカモトが、マイコレクションから厳選してご紹介します!撮影・取材/岡本ジュン
更新: 2019-02-02 17:21:33
最新の投稿
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt