名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース

名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース

愛知県は食材の宝庫である。それこそ、三河湾産の魚介や知多・渥美半島産の野菜のレベルは全国屈指。 名古屋駅から徒歩1分の場所にある居酒屋『名駅 宴処 花かるた』は、名古屋めしが自慢の居酒屋。 ここに、地元食材を9割以上使った絶品コースメニューがあるのだ……。


9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース



愛知県は食材の宝庫である。

それこそ、三河湾産の魚介や知多・渥美半島産の野菜のレベルは全国屈指。

しかし、味噌かつや手羽先などの名古屋めしも地元産の食材を使っているわけではない。

使えば格段に美味しくなることはわかっていても、コストや安定供給の面で二の足を踏んでしまうのだ。


名古屋駅太閤通口から南へ徒歩1分の場所にある居酒屋『名駅 宴処 花かるた』は、名古屋めしが自慢の居酒屋。

しかし、店の周りには、名古屋めしの有名店が数多くある。

それらの知名度の高さに対抗すべく、大規模なコースメニューの見直しを行った。


「まずは食材をイチから見直しました。
メニューを考えるなかで、名古屋めしにこだわらず、愛知県産の食材の美味しさを伝えたいと思うようになりました。
そして、9割以上の地元産食材を使ったコースが生まれました」
と、店長の後藤翔さん。


それが、全10品120分の飲み放題が付く「愛知県の地産にこだわった贅沢コース」(5980円)。

コースの主なメニューを順番に見ていこう。


まずは、名古屋めしの定番、手羽先の唐揚げ。

大手チェーンの場合、タイ産など外国産の鶏を使用しているが、ココは日本一の鶏肉、「名古屋コーチンの手羽先」。

肉質はもちろん、脂や皮も巷の鶏肉とはひと味もふた味も違う。

しかも、この大きさ!

かなり食べ応えがある。



続いて、「名古屋コーチンの八丁味噌焼き」。

八丁味噌ベースのタレに漬け込んだ名古屋コーチンの、もも肉とむね肉を焼き上げた一品だ。

八丁味噌は見た目よりも辛くはないのが特徴で、コーチンの旨みを見事に引き出している。

こんなの、旨いに決まってる(笑)。

お酒が永遠に呑めそうだ。


こちらは、「三河産黒毛和牛のすき焼き」。

三河牛は、飛騨牛や松阪牛よりも知名度は低いものの、愛知県を代表する黒毛和牛であり、脂の口溶けや濃厚な赤身の旨みは決して引けを取らない。

すき焼きには、大きくカットしたA4等級の肩ロースを使用している。


圧巻は、「産地直送!!愛知の地魚盛合せ」。

内容は日替わりだが、愛知県のブランド魚、絹姫サーモンや日間賀島産のタコ、豊浜産のスズキなど全7種類が豪快に盛られている。

三河湾産の魚介は、地元よりもむしろ東京の料亭や高級レストランで評価されている。

シェフが仕入れると、メニュー名に「愛知県三河湾産○○の……」と、わざわざ書き加えるほどなのだ。


コースの〆は、「ひつまぶし」。

ここ数年、鰻はずっと価格が高騰しているが、三河産にこだわって仕入れているという。

名古屋の鰻は、蒸さずに焼く地焼き。

皮はパリッと、身はふんわりと焼き上げた鰻を心ゆくまで堪能しよう。


「料理に使う醤油やみりん、お酒もすべて地元産にこだわっています。
地元産の食材との相性は最高ですので、それも楽しんでいただければ。

観光や出張で名古屋を訪れた方はもちろんですが、地元の人にも愛知県の食材のすばらしさを伝えていきたいと思っています」(後藤さん)


名駅 宴処 花かるた
[住所]愛知県名古屋市中村区椿町16-22
[TEL]052-452-7730
[営業時間]11時半~14時半、17時~24時(23時半L.O.)※金、土、祝全日の夜は~24時半(24時L.O.)
[定休日]土曜、日曜と、祝日の昼
 






永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連する投稿


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


名古屋エリア限定グルメ情報(62) 7種類のグラスワイン飲み放題とともに楽しみたいカジュアルイタリアン

名古屋エリア限定グルメ情報(62) 7種類のグラスワイン飲み放題とともに楽しみたいカジュアルイタリアン

私の地元にある飲食店は、大手チェーン店ばかりでイマイチ面白みがないと思っていた。しかし、いつも通る道で私が自信を持ってオススメできる店を見つけてしまったのである……! それが、名鉄犬山線徳重名古屋芸大駅前にある『AFuRe kitchen(アフレキッチン』だ。


名古屋エリア限定グルメ情報(61) 名古屋の天ぷらの名店『光村』に“はなれ”がオープン! コース料理やデリバリーサービスも開始

名古屋エリア限定グルメ情報(61) 名古屋の天ぷらの名店『光村』に“はなれ”がオープン! コース料理やデリバリーサービスも開始

名古屋・清水の『天ぷら かき揚げ 光村』。10尾分の海老を使ったボリューム満点の「かき揚げ丼」が有名な天ぷらの名店に、別棟がオープン。 その名も『光村 HANARE』。趣のある母屋とは一線を画した、モノトーンを基調としたスタイリッシュなお店だ。


名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋エリア限定グルメ情報(60) たまり醤油の濃厚なコクとほのかな甘さがクセになる「チャーシュー中華そば」

名古屋には、味噌かつや手羽先、きしめんなど安くて旨いB級グルメは数多くあるが、ご当地ラーメンは存在しない。 そんななか、将来的に名古屋のご当地ラーメンとなる可能性を秘めたラーメンを出す店を発見した。それが『濃厚中華そば 佐とう』だ。


名古屋エリア限定グルメ情報(59) 伊勢海老とポルチーニ茸を使った絶品ラーメン

名古屋エリア限定グルメ情報(59) 伊勢海老とポルチーニ茸を使った絶品ラーメン

日を追うごとに寒さが厳しくなるこの季節。とくに食べたくなるのが、ラーメン。定番の醤油にしようか、それともあっさりとした塩? いや、濃厚な味噌も捨てがたい……。そんななか、これまでにないまったく新しいタイプのラーメン、豚骨と魚介のWスープに伊勢海老の殻から抽出したスープをくわえた「伊勢海老らぁめん」なるものを発見した。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング