MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
おっさん女子の吉祥寺パトロール(60) 吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(60) 吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件

雨の日も、風の日も、気温が39℃になっていても、台風が来ていても、お盆でも、メンチカツの「さとう」の行列は途切れることがありません……。 その「さとう」ですが、なんと8月20日~9月30日まで、改装のため閉まっているのよ! 「えっ、休みなの?!」という、路頭に迷っているメンチカツ難民が多いようです……。

吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件


雨の日も、風の日も、気温が39℃になっていても、台風が来ていても、お盆でも、メンチカツの「さとう」の行列は途切れることがありません……。

しかし地元民の私は絶対に並びません(連載04回参照)

その「さとう」ですが、なんと8月20日~9月30日まで、改装のため閉まっているのよ! 

メンチカツを食べたい人! 並びたい人! 買い食いしたい人! は注意してください。

「えっ、休みなの?!」という、路頭に迷っているメンチカツ難民が多いようです……。

それでうっかり2軒隣の「T水産店」の吉祥寺揚げを買う人がいる気がするが……。

しかし、吉祥寺揚げはコロッケでもメンチカツでもなく、魚介類のすり身を揚げたものですよ。

でも普通に美味しいので、もちろん買ってもいいと思いますが……。

イラスト/スタジヲワンツー



しかし、「さとう」のメンチカツは、吉祥寺東急デパートのデパサン(3F)に場所を移して販売していています(9月19日まで)。

「どうしても“さとう”のメンチカツじゃないとダメッ」という人はそちらにどうぞ! 

平日の午前中にのぞいてみたら、パラパラっと買う人がいて、行列はしてない模様。

しかも「初めて買ったわ~。行列してないなら、私も買うのよ」

「ホントよね。外暑いし~」と言っている地元民らしき年配の女性グループがいました(笑)。

夕方はメンチカツの揚がり待ちをしている人が数人いましたが。

ただ土日がどうなるかは、わかんないね。

並ぶかもね……。

売り場の前にはオーブントースターが設置してあって、温めてその場で食べるのも可能。

イートインスペースもあるので、その場で買い食いもできそうだよ。

ちなみに、意外にも「さとう」はTwitterをやっています(笑)。

そこで最新情報をチェックだな。

「国産黒毛和牛専門店さとう」でググってね。

「さとう」がお休みの今こそ紹介する、吉祥寺のメンチカツ独断情報!


いや、もう「さとう」にはこだわらない、美味しいメンチカツが食べたい! というメンチカツLOVEの人に向けて、吉祥寺のメンチカツの美味しいお店を独断で紹介してみようと思います。


まず、“さとう”の場所から20歩くらい歩いたところにある「O亭」です。

ここは以前ローストビーフ丼の店として営業していましたが、今年に入ってメニューが一新され、なんと洋食屋になりました。

ハンバーグがメインのようですが、ローストビーフ丼もあります。

しかし、なんとメンチカツ定食があるんですよ。

私が行ったときは、新メニューとして数量限定だったので、早いもの勝ちだな。

ちなみにさとうと同様に、黒毛和牛を使ったメンチカツです。

私の感想としては、具がハンバーグっぽいです(苦笑)。

しかし、さとうの一時閉店でがっくりした人は、ここに駆け込むがいい! 

でも、ここでも売り切れて、メンチカツは空振りかもしれない。

そんなときは、ステーキを頼んで憂さ晴らしをしてください。

リーズナブルなせいか、女子がやたらにステーキ200gを頼んでおります……!


そして、もし土日祝日に吉祥寺に来ちゃって、メンチカツを買えなかったあなたは、連載16回でも紹介した井の頭通り沿いのヨシダゴハンにGO! 

ここのメンチカツは、2017年に閉店してしまった『シャポー・ルージュ』のメンチカツに似ています……。

とろ~り、チーズ入りだよ。

特製のデミグラスソースで食べるんだけど、もう最後の最後まで、お皿のデミグラスソースをしつこくさらって、食べてしまう美味しさです。

平日はやっていないので、土日祝に吉祥寺に来たら、ヨシダゴハンを思い出してほしい。


さらにもはや晩御飯時に「さとう」の前で途方に暮れたあなたは、末広通りの「O酒場」がおすすめ(連載22回参照)

アルコールを注入しないと、やってられないでしょう! 

ここは、デートにもおすすめ&何を食べても美味しい居酒屋さんですが、けっこう珍しいと思われる自家製「ラム肉のメンチカツ」を絶対に食べるべきです! 

絶対だ!

もちろんオーダーが入ってから揚げるんですが、オープンキッチンなので、カウンターに座ると「私のメンチカツ、まだかしら?」と揚げている様子を確認し、ウキウキした気分になります。

衣がきめ細かくて超サクサク! 

自家製のウスターソースでいただきますが、非常に濃厚なメンチカツで美味しいです。

キャベツもたっぷりついてくるよ! 

おひとり様でも1人前にしてくれるのがウレシイです。

とにかく、わざわざ吉祥寺にメンチカツを目指してきた人は、どこかでおいしいメンチカツを食べて帰ってほしいものです。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
先日、ふと思い立って、すごく好きだったのに平成の間に閉店した吉祥寺の店ランキング、というものを個人的に作成してみました。 そのリストの第2位に『STONE』(2010年閉店)がランクイン……。 その『STONE』から思い出した、今回のネタはナポリタンです。
更新: 2019-04-18 10:45:49
みんな大好きカレー♪ですが、吉祥寺には有象無象というか、ランチメニューにカレーを入れとけば、いいんじゃね? みたいな店が多く、がっかりすることも多いワケです。 そんななか、今回は“えっ? こんなところでカレーですか?”という、カレー専門店ではないが、カレーランチのクオリティが高いお店を紹介したいと思います。
更新: 2019-04-09 16:00:00
吉祥寺にはデパートやファッションビルがいくつかあるワケなんですが、実は、着実に「ごはんビル化」しているんです。 そんななか、現在もっとも「ごはんビル化」が進んでいるのは、吉祥寺パルコです。そして2018年11月末には1FにN.Y.テイストのパン屋&カフェがオープン……。
更新: 2019-04-02 16:01:00
花見シーズンです。吉祥寺には人がわんさか来ていますが、同時に路頭に迷う人々が後を絶ちません。 特に土日祝のランチは、通常の時期でもランチ難民が続出してるっていうのに、お花見シーズンにノープラン、ノー予約……反省したほうがいいと思います。 今回は、そんな人々の救世主になってみようと思います。
更新: 2019-03-26 16:05:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt