おっさん女子の吉祥寺パトロール(60) 吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(60) 吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件

雨の日も、風の日も、気温が39℃になっていても、台風が来ていても、お盆でも、メンチカツの「さとう」の行列は途切れることがありません……。 その「さとう」ですが、なんと8月20日~9月30日まで、改装のため閉まっているのよ! 「えっ、休みなの?!」という、路頭に迷っているメンチカツ難民が多いようです……。


吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件


雨の日も、風の日も、気温が39℃になっていても、台風が来ていても、お盆でも、メンチカツの「さとう」の行列は途切れることがありません……。

しかし地元民の私は絶対に並びません(連載04回参照)

その「さとう」ですが、なんと8月20日~9月30日まで、改装のため閉まっているのよ! 

メンチカツを食べたい人! 並びたい人! 買い食いしたい人! は注意してください。

「えっ、休みなの?!」という、路頭に迷っているメンチカツ難民が多いようです……。

それでうっかり2軒隣の「T水産店」の吉祥寺揚げを買う人がいる気がするが……。

しかし、吉祥寺揚げはコロッケでもメンチカツでもなく、魚介類のすり身を揚げたものですよ。

でも普通に美味しいので、もちろん買ってもいいと思いますが……。

イラスト/スタジヲワンツー



しかし、「さとう」のメンチカツは、吉祥寺東急デパートのデパサン(3F)に場所を移して販売していています(9月19日まで)。

「どうしても“さとう”のメンチカツじゃないとダメッ」という人はそちらにどうぞ! 

平日の午前中にのぞいてみたら、パラパラっと買う人がいて、行列はしてない模様。

しかも「初めて買ったわ~。行列してないなら、私も買うのよ」

「ホントよね。外暑いし~」と言っている地元民らしき年配の女性グループがいました(笑)。

夕方はメンチカツの揚がり待ちをしている人が数人いましたが。

ただ土日がどうなるかは、わかんないね。

並ぶかもね……。

売り場の前にはオーブントースターが設置してあって、温めてその場で食べるのも可能。

イートインスペースもあるので、その場で買い食いもできそうだよ。

ちなみに、意外にも「さとう」はTwitterをやっています(笑)。

そこで最新情報をチェックだな。

「国産黒毛和牛専門店さとう」でググってね。

「さとう」がお休みの今こそ紹介する、吉祥寺のメンチカツ独断情報!


いや、もう「さとう」にはこだわらない、美味しいメンチカツが食べたい! というメンチカツLOVEの人に向けて、吉祥寺のメンチカツの美味しいお店を独断で紹介してみようと思います。


まず、“さとう”の場所から20歩くらい歩いたところにある「O亭」です。

ここは以前ローストビーフ丼の店として営業していましたが、今年に入ってメニューが一新され、なんと洋食屋になりました。

ハンバーグがメインのようですが、ローストビーフ丼もあります。

しかし、なんとメンチカツ定食があるんですよ。

私が行ったときは、新メニューとして数量限定だったので、早いもの勝ちだな。

ちなみにさとうと同様に、黒毛和牛を使ったメンチカツです。

私の感想としては、具がハンバーグっぽいです(苦笑)。

しかし、さとうの一時閉店でがっくりした人は、ここに駆け込むがいい! 

でも、ここでも売り切れて、メンチカツは空振りかもしれない。

そんなときは、ステーキを頼んで憂さ晴らしをしてください。

リーズナブルなせいか、女子がやたらにステーキ200gを頼んでおります……!


そして、もし土日祝日に吉祥寺に来ちゃって、メンチカツを買えなかったあなたは、連載16回でも紹介した井の頭通り沿いのヨシダゴハンにGO! 

ここのメンチカツは、2017年に閉店してしまった『シャポー・ルージュ』のメンチカツに似ています……。

とろ~り、チーズ入りだよ。

特製のデミグラスソースで食べるんだけど、もう最後の最後まで、お皿のデミグラスソースをしつこくさらって、食べてしまう美味しさです。

平日はやっていないので、土日祝に吉祥寺に来たら、ヨシダゴハンを思い出してほしい。


さらにもはや晩御飯時に「さとう」の前で途方に暮れたあなたは、末広通りの「O酒場」がおすすめ(連載22回参照)

アルコールを注入しないと、やってられないでしょう! 

ここは、デートにもおすすめ&何を食べても美味しい居酒屋さんですが、けっこう珍しいと思われる自家製「ラム肉のメンチカツ」を絶対に食べるべきです! 

絶対だ!

もちろんオーダーが入ってから揚げるんですが、オープンキッチンなので、カウンターに座ると「私のメンチカツ、まだかしら?」と揚げている様子を確認し、ウキウキした気分になります。

衣がきめ細かくて超サクサク! 

自家製のウスターソースでいただきますが、非常に濃厚なメンチカツで美味しいです。

キャベツもたっぷりついてくるよ! 

おひとり様でも1人前にしてくれるのがウレシイです。

とにかく、わざわざ吉祥寺にメンチカツを目指してきた人は、どこかでおいしいメンチカツを食べて帰ってほしいものです。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


おっさん女子の吉祥寺パトロール(79) 吉祥寺でおっさん女子が塩ロールパンを食べ散らかしたランキング! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(79) 吉祥寺でおっさん女子が塩ロールパンを食べ散らかしたランキング! の件

「おせちに飽きたらカレーもね♪」というCMに出ていたのはヒデキだったが、私の場合「白飯に煮詰まったら、パンもね♪」である。 私は、白いご飯至上主義。そもそもパンをあまり食べないおっさん女子だが、そんな私にも好んで食べるパンがあるのよ! それは『塩ロールパン』!  そもそもおっさん女子は『塩派』でなのある……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(78) 吉祥寺でステーキを食べるなら、迷わず老舗です、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(78) 吉祥寺でステーキを食べるなら、迷わず老舗です、の件

おっさん女子が吉祥寺でステーキを食べるなら、もう東急デパート横の『B』の一択です。 ビル内のお店はすべて系列店でB1はバー、1Fはカフェ、3Fが高級焼肉屋ですが、私が目指すのは2Fの炭焼きステーキです。 ちなみに私は『B』でステーキを食べるときは、ほぼ100%ご馳走される系ですが……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(77) 吉祥寺の『2018年の一皿+α』を勝手に決めました、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(77) 吉祥寺の『2018年の一皿+α』を勝手に決めました、の件

2018年も間もなく終わりますね。おっさん女子も1年の総決算というワケで、誰からも頼まれていませんが(苦笑)、独断&超自己中心的に2018年の吉祥寺の今年の一皿、を決めてみようと思います……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(76) 吉祥寺キャラ政権交代!? ラスカルが森に帰って、トトロがやってきました、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(76) 吉祥寺キャラ政権交代!? ラスカルが森に帰って、トトロがやってきました、の件

なんと11月末に、あのラスカルのパン屋が、閉店してしまいました。思えば、日々超行列&吉祥寺のインスタ映え№1だった、ラスカル。しかしおっさん女子&地元民が普通に買えるようになったら、閉店……。 でも、世の中、上手くできているもので、ジブリの森から超大スターがやってきました……!


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング