おっさん女子の吉祥寺パトロール(60) 吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(60) 吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件

雨の日も、風の日も、気温が39℃になっていても、台風が来ていても、お盆でも、メンチカツの「さとう」の行列は途切れることがありません……。 その「さとう」ですが、なんと8月20日~9月30日まで、改装のため閉まっているのよ! 「えっ、休みなの?!」という、路頭に迷っているメンチカツ難民が多いようです……。


吉祥寺のメンチカツは「さとう」だけじゃないわよ、の件


雨の日も、風の日も、気温が39℃になっていても、台風が来ていても、お盆でも、メンチカツの「さとう」の行列は途切れることがありません……。

しかし地元民の私は絶対に並びません(連載04回参照)

その「さとう」ですが、なんと8月20日~9月30日まで、改装のため閉まっているのよ! 

メンチカツを食べたい人! 並びたい人! 買い食いしたい人! は注意してください。

「えっ、休みなの?!」という、路頭に迷っているメンチカツ難民が多いようです……。

それでうっかり2軒隣の「T水産店」の吉祥寺揚げを買う人がいる気がするが……。

しかし、吉祥寺揚げはコロッケでもメンチカツでもなく、魚介類のすり身を揚げたものですよ。

でも普通に美味しいので、もちろん買ってもいいと思いますが……。

イラスト/スタジヲワンツー



しかし、「さとう」のメンチカツは、吉祥寺東急デパートのデパサン(3F)に場所を移して販売していています(9月19日まで)。

「どうしても“さとう”のメンチカツじゃないとダメッ」という人はそちらにどうぞ! 

平日の午前中にのぞいてみたら、パラパラっと買う人がいて、行列はしてない模様。

しかも「初めて買ったわ~。行列してないなら、私も買うのよ」

「ホントよね。外暑いし~」と言っている地元民らしき年配の女性グループがいました(笑)。

夕方はメンチカツの揚がり待ちをしている人が数人いましたが。

ただ土日がどうなるかは、わかんないね。

並ぶかもね……。

売り場の前にはオーブントースターが設置してあって、温めてその場で食べるのも可能。

イートインスペースもあるので、その場で買い食いもできそうだよ。

ちなみに、意外にも「さとう」はTwitterをやっています(笑)。

そこで最新情報をチェックだな。

「国産黒毛和牛専門店さとう」でググってね。

「さとう」がお休みの今こそ紹介する、吉祥寺のメンチカツ独断情報!


いや、もう「さとう」にはこだわらない、美味しいメンチカツが食べたい! というメンチカツLOVEの人に向けて、吉祥寺のメンチカツの美味しいお店を独断で紹介してみようと思います。


まず、“さとう”の場所から20歩くらい歩いたところにある「O亭」です。

ここは以前ローストビーフ丼の店として営業していましたが、今年に入ってメニューが一新され、なんと洋食屋になりました。

ハンバーグがメインのようですが、ローストビーフ丼もあります。

しかし、なんとメンチカツ定食があるんですよ。

私が行ったときは、新メニューとして数量限定だったので、早いもの勝ちだな。

ちなみにさとうと同様に、黒毛和牛を使ったメンチカツです。

私の感想としては、具がハンバーグっぽいです(苦笑)。

しかし、さとうの一時閉店でがっくりした人は、ここに駆け込むがいい! 

でも、ここでも売り切れて、メンチカツは空振りかもしれない。

そんなときは、ステーキを頼んで憂さ晴らしをしてください。

リーズナブルなせいか、女子がやたらにステーキ200gを頼んでおります……!


そして、もし土日祝日に吉祥寺に来ちゃって、メンチカツを買えなかったあなたは、連載16回でも紹介した井の頭通り沿いのヨシダゴハンにGO! 

ここのメンチカツは、2017年に閉店してしまった『シャポー・ルージュ』のメンチカツに似ています……。

とろ~り、チーズ入りだよ。

特製のデミグラスソースで食べるんだけど、もう最後の最後まで、お皿のデミグラスソースをしつこくさらって、食べてしまう美味しさです。

平日はやっていないので、土日祝に吉祥寺に来たら、ヨシダゴハンを思い出してほしい。


さらにもはや晩御飯時に「さとう」の前で途方に暮れたあなたは、末広通りの「O酒場」がおすすめ(連載22回参照)

アルコールを注入しないと、やってられないでしょう! 

ここは、デートにもおすすめ&何を食べても美味しい居酒屋さんですが、けっこう珍しいと思われる自家製「ラム肉のメンチカツ」を絶対に食べるべきです! 

絶対だ!

もちろんオーダーが入ってから揚げるんですが、オープンキッチンなので、カウンターに座ると「私のメンチカツ、まだかしら?」と揚げている様子を確認し、ウキウキした気分になります。

衣がきめ細かくて超サクサク! 

自家製のウスターソースでいただきますが、非常に濃厚なメンチカツで美味しいです。

キャベツもたっぷりついてくるよ! 

おひとり様でも1人前にしてくれるのがウレシイです。

とにかく、わざわざ吉祥寺にメンチカツを目指してきた人は、どこかでおいしいメンチカツを食べて帰ってほしいものです。






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

吉祥寺はパン屋ブームである。 2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。しかも空前の食パン無双……。食パン過多である……。みんなそんなに食パン食べてるの?と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと……。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(69) 吉祥寺の餃子ライスは、ここに行けばいいのよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(69) 吉祥寺の餃子ライスは、ここに行けばいいのよ! の件

吉祥寺の餃子って、ジャンボ餃子が主流な気がする。土日祝は開店前から行列している中道通りのラーメン屋『 I 』の餃子とか、すごいデカいし。 でもさー、私、餃子はライスに合わせたい人間なのよ。米が好きだからね! そうなるとジャンボ餃子系は、ちょっと厳しいワケ……。


飯田橋「本家 あげづき」のとんかつは肉の旨みが溶け出すうまさ!

飯田橋「本家 あげづき」のとんかつは肉の旨みが溶け出すうまさ!

数ある豚肉から選んでいるのは「旨み抜群。脂身の融点が低く、とろける食感で、甘みが一段深い」という「南の島豚」。この旨さを引き出すために、まずは低温でじっくり、仕上げに高温で二度揚げする。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(68) 吉祥寺の『デパサン』に“小腹神”喫茶店降臨! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(68) 吉祥寺の『デパサン』に“小腹神”喫茶店降臨! の件

2018年の5月に東急吉祥寺デパート3Fに『デパサン』というフロアができたんですよ。デパートの3Fだから、『デパサン』ね!  最初は試行錯誤している感じがあったけど、夏から秋にかけてフロアも落ち着き、おっさん女子もこの『デパサン』に慣れてきたのか、けっこう楽しいフロアだよな、という境地に達してきたワケ……よ。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(67) とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(67) とんかつ砂漠の吉祥寺でとんかつを食べるなら、ここしかないよ、の件

吉祥寺はとんかつ砂漠……。なんでもあるように見えて、実はとんかつが弱い……。しかも追い打ちをかけるように昨年、人気のとんかつ店『あおば』が閉店してしまったのでした。一方、なぜか牛カツの店が続々とできて、なんだかねぇ……。現状、吉祥寺でとんかつを食べる場合は、二択です。これは本当に二択しかないのです。ガチだよ、ガチ! 


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング