MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大阪ローカル穴場メシ情報[19] 5色の特製マヨネーズでアートできるお好み焼きの「福◯」が新世界に誕生!

大阪ローカル穴場メシ情報[19] 5色の特製マヨネーズでアートできるお好み焼きの「福◯」が新世界に誕生!

大阪で新世界が注目されて以降、次々と新店がオープン。なかでも新世界のちょうど入口、天王寺動物園前にあるお好み焼き・一銭洋食の「福○」が、「おこアート」なるお好み焼きを発案。インスタグラマーが大騒ぎや!

5色の特製マヨネーズでアートできるお好み焼きの「福◯」が新世界に誕生!


大阪で新世界が注目されて以降、次々と新店がオープン。

なかでも新世界のちょうど入口、天王寺動物園前にあるお好み焼き・一銭洋食の「福○」が、「おこアート」なるお好み焼きを発案。インスタグラマーが大騒ぎや!


おこアートとは、お好み焼き(豚玉720円)をキャンパスに見立てて、5色の特製マヨネーズでアートするというもの。


5色の特性マヨには、食用の着色料を用いているので安心だ。

インスタ女子に掛かればこれほどのクオリティも。


会話が一気に弾むこと間違いナシやで!


新世界といえば串かつが有名。

もちろん、同店の人気メニューの一つ。

二度づけ禁止の「串かつ10本盛り合わせ」(1280円)。


かつやエビ、アスパラも入ってこの値段!

さすが新世界価格や。

新世界のもう一つの名物といえばホルモン焼き。

目いっぱいのホルモンとネギ、もやしが入った「ホルモン炒め」は480円という安さだ。



茹だるほどの暑さだからこそ、ホルモン炒めをアテにハイボールがぐいぐい進む。

そして、最後に注文したのが「焼き野菜サラダ」(650円)。

レタスにプチトマト、ベーコンをチーズとマヨネーズなどで味つけ。



半玉もあるレタスをナイフでカット。

この焼きレタスのウマさといったら、笑みが自然とこぼれてしまうほど。



新世界らしい食材からバル感覚の斬新なメニューまで取りそろえてある。

新感覚な「おこアート」。

腕に自信がなくても、ぜひどうぞ!





お好み焼き・一銭洋食 福○
[住所]大阪市浪速区恵比須東2-1-15
[TEL]06-6630-7398
[営業時間]月~金・祝前 11:00~23:00
      土日・祝日  10:00~22:00
[定休日]無休







加藤 慶(かとうけい)
大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

このグルメ記事のライター
加藤慶@まとメシ

加藤慶(かとうけい) 大阪在住のライター兼カメラマン。週刊誌のスクープを狙う合間に関西圏の旨いモンを足で稼いで探す雑食系。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
天王寺区の桃谷といえば、区役所や警察署、それに総合病院までが密集する閑静な住宅街。 ここに地元民に愛される洋食屋がポツンとある。 その名も「ボナンザ」。 マスコミ初登場の老舗洋食屋でオープンして約40年が経つそうだ……。
更新: 2019-04-17 16:05:00
「ココの上ロースを食べたら他では食べられへんで!」 そう言われて訪れたのは、東大阪市にある「南大門」。 昭和53年創業の老舗焼肉店は、A5とA4の黒毛和牛を扱い、肉通に随分と知られたお店である……。
更新: 2019-04-23 09:56:04
2018年の12月にオープンの注目寿司店。 国産の鮮魚にこだわった本格寿司を、しかも財布にやさしい値段で提供してくれる話題店。写真映えするカウンター席を備え、すでに目ざとい外国人観光客が急増中なのだ。
更新: 2019-03-27 16:05:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
愛くるしい笑顔とたどたどしい日本語が彼の人柄をすべてを表していた。 アメ村にある「ウブドスチ」はインドネシア、バリ島をルーツに持つ料理店。 このお店を切り盛りするニョマンはマネージャーで、常に笑顔で愛嬌いっぱい(笑)。 しかも、酒好きときた!
更新: 2019-03-07 16:05:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt