昭和感が漂う魅惑のガード下!神田ガード下でふらり覆面はしご酒

昭和感が漂う魅惑のガード下!神田ガード下でふらり覆面はしご酒

横丁・立ち飲みなんでもござれのパラダイス!炭焼きのモクモクと漂う煙に、酔客の弾む声。平成の今でも昭和感が漂うガード下ですが、近頃は作られた”昭和レトロ”の酒場も増えています。そんななか、昔ながらの横丁や立ち飲み店を有する神田を巡りました。


ディープスポットが街のネオンに潜む

”ガード下”。それは本来、線路や高速道路の高架下を意味する言葉だが、暗黙のうちに飲み屋街と同義になっている。試しに隣の人に言ってみるといい。「今晩ガード下行かない?」きっと相手はニヤリとしながら、こう言うでしょう。「いいねえ」。

 そんな魅惑のガード下。都内に何ヶ所かあるが、特に神田には昭和を感じさせる名酒場が軒を連ねていた。

大観(最寄り駅:神田駅)

煮込み 450円
昭和39年の創業。刺身をはじめ、揚げ物、焼き物などの一品料理が種類豊富に揃っており、どれもリーズナブル。駅出口から至近という立地の良さもあり、使い勝手は抜群だ。

 昭和39年創業の『大観』。正直言ってしまうと、値段は安いけど、つまみの味は可もなく不可もなく。

「悪くないけど、どの街にも1軒はありそうだよね」

 わざわざこの店を目指して来るほどではないが、駅で待ち合わせて、「どこ行く?」となった時には便利だ。

「改札からめちゃくちゃ近いのが、いいですよね」

 席数も多く、空いているので覚えておくと何かと使えそう。



 このすぐ近くにあるのが『次郎長寿し』

次郎長寿し(最寄り駅:神田駅)

刺身盛り合せ
大将おまかせの刺身で、この日はトロ、甘エビ、赤身、ツブ貝、赤貝など。刺身は分厚く食べ応えも充分

「大丈夫でしょうか、この店」

「天井、しなってない? 今にも抜けそうなんだけど」

 ある意味趣たっぷりの店内なのだ。ここで味云々を言うのも野暮な話だが、刺身や寿司はまあまあといったトコロ。品書きはないので、それぞれの値段は不明だが、ふたりでソコソコ飲んでつまんで8千円チョイ。こういう店が、今も残っているというキセキを味わって欲しい。

 さて、「神田小路」という一画をご存知だろうか。表の通りには、何軒もの看板は出ているが、内部は一切不明。

「いかにもガード下っぽいけどねえ……」

 アヤしさ満点。入りにくさ無限大。とりあえず、入り口の扉を開けてみる。

「へえ、全部の店がつながっているんだ」

 小さな店が商店街のように連なっており、そんななかからまず入ってみたのが『酒亭ふじくら』。お母さん手作りのつまみは、家庭的で素朴な味わい。次に入った『くつろぎの店 翠』は、オーナーが曜日によって違うマスターに店を貸し出しているそうで、この日はおでんの店。

「ふうん、なんか複雑ですね」

 どちらの店でも、我らのような一見が入っていくと、ちょっとビックリされる。「よく入って来れたね」

 と、常連が口々に言うほど、フリーの客は珍しいのだ。でも飛び込んでしまえば、客同士の距離が近くて、はじめて会ったとは思えないほど会話も弾む。勇気を出して、ぜひ扉を開けてみてほしい。

 最後は焼き鳥の『伊勢』へ。

伊勢(最寄り駅:神田駅)

たたき 432円
鶏挽き肉を団子にしてレアに焼き上げた「たたき」は必食。ワサビをといた甘いタレが相性抜群だ

「稀少部位が数量限定ってことは、ちゃんと店でさばいているんだろうね」

 新鮮な鶏肉を使った串はどれもさすがの味だし、3人いる店員さんの掛け合いもコントかってくらいに面白い。

「ガード下に求めるすべてがこの店に集約されています!」

 ここに来ずして、神田のガード下は語れません。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


昭和な酒場で呑む!

関連する投稿


神田で産地直送の新鮮な鶏を使用した焼き鳥が味わえる!伊勢(居酒屋/神田)

神田で産地直送の新鮮な鶏を使用した焼き鳥が味わえる!伊勢(居酒屋/神田)

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。


昭和な酒場で呑む!神田の「大観」を紹介

昭和な酒場で呑む!神田の「大観」を紹介

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。昭和39年の創業。刺身をはじめ、揚げ物、焼き物などの一品料理が種類豊富に揃っており、どれもリーズナブル。


神田の老舗の寿司店「次郎長寿し」(神田/居酒屋)

神田の老舗の寿司店「次郎長寿し」(神田/居酒屋)

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。大将ひとりで切り盛りする老舗の寿司店。


旨いもつ焼きを求めて、立石で飲む!3軒を紹介

旨いもつ焼きを求めて、立石で飲む!3軒を紹介

もつ焼きの名店が揃う立石は、街のそこかしこで香ばしいタレがふわ〜っと立ち込めます。その匂いに誘われて入ること、十数軒。酒呑みの聖地で出合った絶品の店をご紹介します。


横浜・野毛で飲む!串や魚をつまみに夕方からはしご酒。4軒をご紹介

横浜・野毛で飲む!串や魚をつまみに夕方からはしご酒。4軒をご紹介

桜木町駅から地下通路を抜けて広がるは、酒呑み垂涎の野毛小路や柳通り。新しい店が増えてはいるが、昭和生まれの店もまだまだ元気。はしご酒に最適な街で良店を見つけました。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング