昭和感が漂う魅惑のガード下!神田ガード下でふらり覆面はしご酒

昭和感が漂う魅惑のガード下!神田ガード下でふらり覆面はしご酒

横丁・立ち飲みなんでもござれのパラダイス!炭焼きのモクモクと漂う煙に、酔客の弾む声。平成の今でも昭和感が漂うガード下ですが、近頃は作られた”昭和レトロ”の酒場も増えています。そんななか、昔ながらの横丁や立ち飲み店を有する神田を巡りました。


ディープスポットが街のネオンに潜む

”ガード下”。それは本来、線路や高速道路の高架下を意味する言葉だが、暗黙のうちに飲み屋街と同義になっている。試しに隣の人に言ってみるといい。「今晩ガード下行かない?」きっと相手はニヤリとしながら、こう言うでしょう。「いいねえ」。

 そんな魅惑のガード下。都内に何ヶ所かあるが、特に神田には昭和を感じさせる名酒場が軒を連ねていた。

大観(最寄り駅:神田駅)

煮込み 450円
昭和39年の創業。刺身をはじめ、揚げ物、焼き物などの一品料理が種類豊富に揃っており、どれもリーズナブル。駅出口から至近という立地の良さもあり、使い勝手は抜群だ。

 昭和39年創業の『大観』。正直言ってしまうと、値段は安いけど、つまみの味は可もなく不可もなく。

「悪くないけど、どの街にも1軒はありそうだよね」

 わざわざこの店を目指して来るほどではないが、駅で待ち合わせて、「どこ行く?」となった時には便利だ。

「改札からめちゃくちゃ近いのが、いいですよね」

 席数も多く、空いているので覚えておくと何かと使えそう。



 このすぐ近くにあるのが『次郎長寿し』

次郎長寿し(最寄り駅:神田駅)

刺身盛り合せ
大将おまかせの刺身で、この日はトロ、甘エビ、赤身、ツブ貝、赤貝など。刺身は分厚く食べ応えも充分

「大丈夫でしょうか、この店」

「天井、しなってない? 今にも抜けそうなんだけど」

 ある意味趣たっぷりの店内なのだ。ここで味云々を言うのも野暮な話だが、刺身や寿司はまあまあといったトコロ。品書きはないので、それぞれの値段は不明だが、ふたりでソコソコ飲んでつまんで8千円チョイ。こういう店が、今も残っているというキセキを味わって欲しい。

 さて、「神田小路」という一画をご存知だろうか。表の通りには、何軒もの看板は出ているが、内部は一切不明。

「いかにもガード下っぽいけどねえ……」

 アヤしさ満点。入りにくさ無限大。とりあえず、入り口の扉を開けてみる。

「へえ、全部の店がつながっているんだ」

 小さな店が商店街のように連なっており、そんななかからまず入ってみたのが『酒亭ふじくら』。お母さん手作りのつまみは、家庭的で素朴な味わい。次に入った『くつろぎの店 翠』は、オーナーが曜日によって違うマスターに店を貸し出しているそうで、この日はおでんの店。

「ふうん、なんか複雑ですね」

 どちらの店でも、我らのような一見が入っていくと、ちょっとビックリされる。「よく入って来れたね」

 と、常連が口々に言うほど、フリーの客は珍しいのだ。でも飛び込んでしまえば、客同士の距離が近くて、はじめて会ったとは思えないほど会話も弾む。勇気を出して、ぜひ扉を開けてみてほしい。

 最後は焼き鳥の『伊勢』へ。

伊勢(最寄り駅:神田駅)

たたき 432円
鶏挽き肉を団子にしてレアに焼き上げた「たたき」は必食。ワサビをといた甘いタレが相性抜群だ

「稀少部位が数量限定ってことは、ちゃんと店でさばいているんだろうね」

 新鮮な鶏肉を使った串はどれもさすがの味だし、3人いる店員さんの掛け合いもコントかってくらいに面白い。

「ガード下に求めるすべてがこの店に集約されています!」

 ここに来ずして、神田のガード下は語れません。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


昭和な酒場で呑む!

関連する投稿


神田で産地直送の新鮮な鶏を使用した焼き鳥が味わえる!伊勢(居酒屋/神田)

神田で産地直送の新鮮な鶏を使用した焼き鳥が味わえる!伊勢(居酒屋/神田)

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。


昭和な酒場で呑む!神田の「大観」を紹介

昭和な酒場で呑む!神田の「大観」を紹介

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。昭和39年の創業。刺身をはじめ、揚げ物、焼き物などの一品料理が種類豊富に揃っており、どれもリーズナブル。


神田の老舗の寿司店「次郎長寿し」(神田/居酒屋)

神田の老舗の寿司店「次郎長寿し」(神田/居酒屋)

おとなの週末「昭和な酒場で呑む!」特集掲載店舗。大将ひとりで切り盛りする老舗の寿司店。


旨いもつ焼きを求めて、立石で飲む!3軒を紹介

旨いもつ焼きを求めて、立石で飲む!3軒を紹介

もつ焼きの名店が揃う立石は、街のそこかしこで香ばしいタレがふわ〜っと立ち込めます。その匂いに誘われて入ること、十数軒。酒呑みの聖地で出合った絶品の店をご紹介します。


横浜・野毛で飲む!串や魚をつまみに夕方からはしご酒。4軒をご紹介

横浜・野毛で飲む!串や魚をつまみに夕方からはしご酒。4軒をご紹介

桜木町駅から地下通路を抜けて広がるは、酒呑み垂涎の野毛小路や柳通り。新しい店が増えてはいるが、昭和生まれの店もまだまだ元気。はしご酒に最適な街で良店を見つけました。


最新の投稿


グルメライターによる東京駅構内「三ツ星グルメ店」ぶっちゃけ座談会!

グルメライターによる東京駅構内「三ツ星グルメ店」ぶっちゃけ座談会!

くまなく歩き食べまわった約1ヶ月を振り返る!“迷宮”東京駅の食とみち座談会。東京駅構内に広がる飲食店を縦横無尽に調査したのは、市村幸妙(以下、市)と郷土料理担当・菜々山いく子(以下、菜)。どんな発見があったかを、担当編集・戎とともに振り返ります。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(70) 食パンブームの吉祥寺! でもあえてカルトな食パンを推すよ! の件

吉祥寺はパン屋ブームである。 2018年も、新しいパン屋がオープンしまくっているよ。しかも空前の食パン無双……。食パン過多である……。みんなそんなに食パン食べてるの?と思う、白いご飯至上主義のおっさん女子とは、私のこと……。


珠玉の「せいろ」はこの店で!都内で食べられる極みのせいろ蕎麦8店

珠玉の「せいろ」はこの店で!都内で食べられる極みのせいろ蕎麦8店

「新蕎麦あります」の看板に惹かれ暖簾をくぐれば、香り高くみずみずしい味わいが迎えてくれるこの季節。理想の蕎麦を追求する店主の情熱とこだわりを、直球で受け止めるなら何はともあれせいろに限るだろう。普段は取材拒否の名店から住宅街の隠れ家まで、すべて本誌初登場の極みのせいろ、とくとご堪能ください。


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋エリア限定グルメ情報(53) 全長30センチ! エビの大きさにこだわる名古屋人も納得の「ジャンボ&ジャンボエビフライ」

名古屋めしの一つとして数えられるエビフライ。名古屋だけに何かしらのヒネリをくわえてあると思われがちだが、いたってフツー。全国で食べられているエビフライと何ら変わらない。ただ、どの店もやたらと大きさをウリにしている……。


ランキング


>>総合人気ランキング