MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
昭和感が漂う魅惑のガード下!神田ガード下でふらり覆面はしご酒

昭和感が漂う魅惑のガード下!神田ガード下でふらり覆面はしご酒

横丁・立ち飲みなんでもござれのパラダイス!炭焼きのモクモクと漂う煙に、酔客の弾む声。平成の今でも昭和感が漂うガード下ですが、近頃は作られた”昭和レトロ”の酒場も増えています。そんななか、昔ながらの横丁や立ち飲み店を有する神田を巡りました。

ディープスポットが街のネオンに潜む

”ガード下”。それは本来、線路や高速道路の高架下を意味する言葉だが、暗黙のうちに飲み屋街と同義になっている。試しに隣の人に言ってみるといい。「今晩ガード下行かない?」きっと相手はニヤリとしながら、こう言うでしょう。「いいねえ」。

 そんな魅惑のガード下。都内に何ヶ所かあるが、特に神田には昭和を感じさせる名酒場が軒を連ねていた。

大観(最寄り駅:神田駅)

煮込み 450円
昭和39年の創業。刺身をはじめ、揚げ物、焼き物などの一品料理が種類豊富に揃っており、どれもリーズナブル。駅出口から至近という立地の良さもあり、使い勝手は抜群だ。

 昭和39年創業の『大観』。正直言ってしまうと、値段は安いけど、つまみの味は可もなく不可もなく。

「悪くないけど、どの街にも1軒はありそうだよね」

 わざわざこの店を目指して来るほどではないが、駅で待ち合わせて、「どこ行く?」となった時には便利だ。

「改札からめちゃくちゃ近いのが、いいですよね」

 席数も多く、空いているので覚えておくと何かと使えそう。



 このすぐ近くにあるのが『次郎長寿し』

次郎長寿し(最寄り駅:神田駅)

刺身盛り合せ
大将おまかせの刺身で、この日はトロ、甘エビ、赤身、ツブ貝、赤貝など。刺身は分厚く食べ応えも充分

「大丈夫でしょうか、この店」

「天井、しなってない? 今にも抜けそうなんだけど」

 ある意味趣たっぷりの店内なのだ。ここで味云々を言うのも野暮な話だが、刺身や寿司はまあまあといったトコロ。品書きはないので、それぞれの値段は不明だが、ふたりでソコソコ飲んでつまんで8千円チョイ。こういう店が、今も残っているというキセキを味わって欲しい。

 さて、「神田小路」という一画をご存知だろうか。表の通りには、何軒もの看板は出ているが、内部は一切不明。

「いかにもガード下っぽいけどねえ……」

 アヤしさ満点。入りにくさ無限大。とりあえず、入り口の扉を開けてみる。

「へえ、全部の店がつながっているんだ」

 小さな店が商店街のように連なっており、そんななかからまず入ってみたのが『酒亭ふじくら』。お母さん手作りのつまみは、家庭的で素朴な味わい。次に入った『くつろぎの店 翠』は、オーナーが曜日によって違うマスターに店を貸し出しているそうで、この日はおでんの店。

「ふうん、なんか複雑ですね」

 どちらの店でも、我らのような一見が入っていくと、ちょっとビックリされる。「よく入って来れたね」

 と、常連が口々に言うほど、フリーの客は珍しいのだ。でも飛び込んでしまえば、客同士の距離が近くて、はじめて会ったとは思えないほど会話も弾む。勇気を出して、ぜひ扉を開けてみてほしい。

 最後は焼き鳥の『伊勢』へ。

伊勢(最寄り駅:神田駅)

たたき 432円
鶏挽き肉を団子にしてレアに焼き上げた「たたき」は必食。ワサビをといた甘いタレが相性抜群だ

「稀少部位が数量限定ってことは、ちゃんと店でさばいているんだろうね」

 新鮮な鶏肉を使った串はどれもさすがの味だし、3人いる店員さんの掛け合いもコントかってくらいに面白い。

「ガード下に求めるすべてがこの店に集約されています!」

 ここに来ずして、神田のガード下は語れません。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
池袋サンシャインシティ60通りの一角にある高いビルに囲まれたグルメ楽園「栄町通り」は、戦後の飲み屋街の雰囲気を残した80mほどの一本道。小規模ながらも、老舗から個性的な新店までさまざまな店があって面白い。
更新: 2019-04-17 12:11:04
錦糸町エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。ラーメン、カレー、ホットケーキ、寿司、うどん、ハンバーグなど、ランチにもディナーにも行きたくなる色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-15 18:30:00
下北沢エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。カレー、ステーキ、蕎麦、喫茶店など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-12 18:30:00
小岩・新小岩エリアで『おとなの週末』のグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめグルメ。鶏肉、焼肉、中華、ラーメン、牛串、寿司など色んなジャンルの「本当に美味しいグルメ情報」が満載です。
更新: 2019-01-08 18:30:00
秋葉原を調査したのは、東担当の市村幸妙(以下、市)と西担当の松田有美(以下、松)、編集・戎誠輝です。それぞれの結果を語り合います。
更新: 2018-12-29 18:30:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt