MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
本格的なシンガポール料理を丸の内のホテルランチブッフェで楽しむ!

本格的なシンガポール料理を丸の内のホテルランチブッフェで楽しむ!

グルメライターが[アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ]を実食レポート。日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店。[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階

アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ(最寄駅:大手町駅)

本場の味を種類豊富にランチでお得に楽しめる

主菜は3種から選べ、作りたてが運ばれる。パンダンリーフ(※)が香る「シンガポールチキンライス」、濃厚な魚介スープの旨みを堪能できる「シンガポールラクサ」。そして、日替わりのアジアンランチ。シンガポール出身のシェフが作る本場の味は、どれもホテルメイドらしい上品な美味しさだ。 ブッフェに並ぶのはイギリス、中国、マレーシア、インドの食文化が交差するシンガポールらしい多国籍料理。初めて出合う料理もぜひ気軽に楽しみたい。

※東南アジアの料理に欠かせない、甘い香りのするハーブの一種

ブッフェ
大人1名3240円

シンガポール料理や中華の惣菜がバラエティ豊かに揃う

炒め物、押し豆腐のサラダ

ラクサは中華麺か、丸麺のビーフンを選べる

チキンライスの鶏は “蒸し”か“揚げ”を選べる。ハーフ&ハーフも可

ココナッツミルクにさつま芋とタピオカが入るシンガポールの人気デザート「ボボチャチャ」。辛い料理の後にぴったりの甘さだ

アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ

[住所]東京都千代田区大手町1-1-1 22階 [TEL]03-6268-0910 [営業時間]11時半~15時(ブッフェは14時最終入店、ブッフェ以外のアラカルトは14時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]テーブル64席、テラス10席、計74席 全席禁煙/カード可/予約可/サ10% [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか大手町駅C6a出口より徒歩3分

電話番号 03-6268-0910
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 ランチビュッフェといえば、まず思い浮かぶのが高級ホテルのそれ。しかし最近では、ビジネスホテルも手頃な価格帯を武器に参戦しはじめているのだ。
ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。
ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン
三井ガーデンホテル銀座プレミア レストラン スカイ|天井から床までの大きな窓から望める浜離宮恩賜庭園や銀座の街並み。ホテルの16階に店を構える眺望抜群のこちらは、2017年6月末に前菜のみだったブッフェを、すべてブッフェにしてリニューアルオープンした。
南森町からほど近くの大阪天満宮にある鉄板焼きの店「gump(ガンプ)」は、「いま旨い店が多い」と評判の飲食店激戦区にある。 シェフの2名はフレンチ出身で、特に“ねらい目”はお手頃価格のランチだ。
『ザ・リッツ・カールトン東京』の寿司店で料理長としてカウンターに立ち、国内外の客の舌を喜ばせてきた店主・朝妻さん。30年以上培った江戸前の技をさらに探求するため昨年11月に独立した。
熱々の韓国石鍋の中で湯気を立てているのは、和牛のすじ肉を2時間煮込み、ひと晩寝かせてとったスープで作るポトフだ。中には玉ネギ、ニンジン、大根、ゴボウと有機農法の根菜がたっぷり入り、塩味のコクあるスープに野菜の甘みが溶け出している。
日光街道沿いに続く商店街の脇道を進むと、ぽっと光がともる小さなお店が。「特上にぎり2500円」という値段からは想像を超えた極上のネタが登場し、舌を巻く。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt