MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

愛知県の隣、岐阜県で肉といえば、飛騨牛があまりにも有名である。では、豚肉はどうか。岐阜のブランド豚、「ボーノポークぎふ」は、知名度こそまだまだだが、鹿児島の黒豚や沖縄のアグー豚にも負けてはいない。 今回紹介する『豚料理 とんと』は、ボーノポークぎふに魅せられた店主が作る、こだわり満載のメニューだ……。

岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!


愛知県の隣、岐阜県で肉といえば、飛騨牛があまりにも有名である。

では、豚肉はどうか。

岐阜のブランド豚、「ボーノポークぎふ」は、知名度こそまだまだだが、鹿児島の黒豚や沖縄のアグー豚にも負けてはいない。


今回紹介する『豚料理 とんと』は、ボーノポークぎふに魅せられた都築賢治さんが2012年10月にオープン。


「ボーノポークぎふの特徴は、濃厚な肉の旨みと脂の甘み。
それでいて、後味はさっぱりとしています。
バラ肉や肩ロースなど部位によってそれぞれ異なる味わいが楽しめるので、料理の幅が広がるんです」と、都築さん。


メニューは、もつ鍋やしゃぶしゃぶ、リブロースステーキなど豚料理の定番から、アイデアを凝らした創作メニューまで約70種類がそろう。

なかでも、絶対に注文したいのは、看板メニューの「焼きしゃぶ とんと巻き」(1枚270円~)。


当初は炭火でサッと炙った肩ロースに、柚子胡椒おろしをのせていたが、今ではチーズやオニオン、芽ネギなど30種類以上のトッピングを用意している。

写真はウニやイクラをのせた豪華版で値段は1670円。


「夏は岩牡蠣や大アサリ、冬は白子など旬の食材も登場します。
それぞれの味がぶつかり合ってしまわないかと思うでしょうが、互いの美味しさを引き立てます。
それがボーノポークぎふの魅力でもあります」(都築さん)


それと、店の名物をもう一つ。

ボーノポークぎふを100%使用したハンバーグの「とんとバーグ」(1350円)だ。

熱々の鉄板で出されるところが、名古屋人としてかなりハートをくすぐられる(笑)。


ナイフを入れると、スッと切れる。

かなりやわらかそうだ。

ハフハフしながら頬張ると、濃厚な赤身の旨みとともにジューシーな脂が口の中でほとばしる。

豚肉だけにもっと淡泊かと思いきや、しっかりとした味に驚いた。

それだけ赤身と脂のバランスが絶妙なのだ。


写真は自家製の甘ダレと温泉玉子で味わう「元祖甘タレエッグ」。

ほかにも和風の「出汁おろし」(1090円)や、チーズ好きにはたまらない「ゴルゴンゾーラチーズエッグ」(1570円)も用意しているので、ぜひ!

豚料理 とんと
[住所]愛知県名古屋市中区新栄1-8-17 スカイステージ新栄1階
[TEL]052-212-7729
[営業時間]11時半~14時半(14時L.O.)、18時~翌1時(24時半L.O.)
[定休日]日曜の昼

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。
更新: 2019-05-16 16:05:00
新元号が「令和」に決まり、新しい時代が始まる。 名古屋市瑞穂区にある『ひつまぶし う家 八事本店』では、天皇陛下の御即位を奉祝する特別な献立を用意したという。その名も、御即位奉祝徳会席「令和」。値段は7020円とやや値が張るものの、こんな機会は滅多にない。今回はその全貌を明らかにしようと思う。
更新: 2019-05-16 14:26:40
「カレー」と聞いて、どんなカレーをイメージするだろうか? 欧風カレー? それともインドカレーやタイカレー? 最近ではスパイスカレーも人気を集めているが……。 私が思い浮かべるのは、喫茶店のカレー。 缶詰のカレーを温めただけの店もあるが、あれはあれで旨いから不思議だ……(笑)。
更新: 2019-04-27 16:00:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
名古屋郊外で昔からのれんを掲げる寿司店といえば、ネタもシャリも大きく、シャリの味付けがやや甘めというイメージが強い。 そんななか、一宮市にある『楽山』は、寿司と割烹を二本柱にして営業する、名古屋からも多くの客が訪れる注目店なのである……。
更新: 2019-04-18 10:53:54
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt