MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
名古屋エリア限定グルメ情報(49) 厳選黒毛和牛がご飯の上にギッシリ!『大須 万松寺 五代目橋本』の「黒毛和牛のひつまぶし」

名古屋エリア限定グルメ情報(49) 厳選黒毛和牛がご飯の上にギッシリ!『大須 万松寺 五代目橋本』の「黒毛和牛のひつまぶし」

ここ何年かで安さをウリにしたステーキハウスが沢山増えた。が、アメリカ産やオーストラリア産の牛肉を使っている店が大半である。 和牛となると、まだまだ敷居が高くなるのは否めない。そんななか、目を疑うような、信じられない値段で和牛が楽しめる店があると聞いて、中区大須へ向かった……。

厳選黒毛和牛がご飯の上にギッシリ!『大須 万松寺 五代目橋本』の「黒毛和牛のひつまぶし」


ここ何年かで安さをウリにしたステーキハウスが沢山増えた。

が、アメリカ産やオーストラリア産の牛肉を使っている店が大半である。


和牛となると、まだまだ敷居が高くなるのは否めない。

そんななか、目を疑うような、信じられない値段で和牛が楽しめる店があると聞いて、中区大須へ向かった。


大須商店街にある、万松寺近くに佇む『大須 万松寺 五代目橋本』がそれだ。

古民家をリノベーションした店の外観から、高級店特有の“緊張感”が漂う。

本当にココは和牛が安い店なのか!?


店内に入ると、店主の橋本卓さんがお出迎え。

橋本さんは曾祖父の代から大須で暮らし、大須で飲食店を営んでいたという。


「飲食店は、高祖父が中川区尾頭橋で食堂を始めたのがはじまり。
だから、私で5代目になるから、店の名前も五代目橋本。
以前、別の場所でステーキハウスをやっていたときは、ランチのステーキ丼を400円で出していたんだよ」とか。


よ、よっ、400円!?

チェーン店の牛丼じゃないんだから(笑)。

さすがに今はやってないだろうと思いきや、


「今は和牛を使っているけど、当時は外国産だったからね。
ちょっとだけ値上げさせてもらった。
その代わり、肉は増量したよ。
限定20食だけど、ステーキ丼は580円。
これもイイんだけど、ウチへ来たら絶対に注文してほしいメニューがあるんだよ」(橋本さん)


それが、ご飯の上に細かく刻んだ約100グラムのステーキをびっしりと敷き詰めた「黒毛和牛のひつまぶし」(1980円~※写真は特選もも肉を使用した「上ひつまぶし」2280円)。


使用している肉は、松阪牛をはじめ飛騨牛や伊万里牛、仙台牛など、橋本さんが厳選した黒毛和牛。

味付けは醤油ベースの自家製ダレ。

ミディアムレアに焼き上げた肉の旨みを見事に引き出している。

ご飯との一体感も、見事としか言いようがない。


さらに、+700円で新鮮な雲丹をたっぷりのせた「雲丹のせ牛ひつまぶし」(2980円)にすることができる。

もう、こんなの、旨いに決まってるぢゃないかっ!


「ひつまぶし」という名を冠しているだけに、一杯目は肉とご飯を、二杯目は雲丹と一緒に、三杯目はワサビやネギ、海苔をのせて味の変化も楽しめる。


〆のお茶漬けは、ノーマルな牛ひつまぶしで楽しめるが、雲丹のせは雲丹の風味を損ねてしまうので用意していないのでご了承を。

なお、このメニューは売り切れ必至なので、予約した方がベターだ。

大須 万松寺 五代目橋本
[住所]愛知県名古屋市中区大須3-20-26
[TEL]052-228-7872
[営業時間]11時半~15時、18時~21時L.O.
[定休日]不定休







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
JR中央本線・地下鉄東山線千種駅の北に寿司やとんかつ、焼き鳥など飲食店が軒を連ねるエリアがある。 安くて旨い穴場の店が多く、これまで何軒か取材をしたこともある。今回紹介するのは、その千種駅北エリアに今年5月にオープンしたばかりの『花○商店 千種店』だ。
更新: 2019-06-03 16:02:00
名古屋でふわとろの親子丼ブームの火付け役となった『とり五鐵』。親子丼の元祖、東京・日本橋人形町『玉ひで』の八代目当主、山田耕之亮氏プロデュースのとり料理専門店だ。 この名店で、このほど新しい親子丼がメニューにわえられたというので、早速、食べに行ってみた……。
更新: 2019-05-27 16:05:00
名古屋で「うなぎ料理」、と聞いて何を想像するだろうか? うな丼やうな重? それともひつまぶし?  今回紹介する『豆たぬき』では、うな丼やひつまぶし以外にもう一つの食べ方を提案している。それが「うなぎの炊き込みご飯」だ……。
更新: 2019-05-16 16:05:00
新元号が「令和」に決まり、新しい時代が始まる。 名古屋市瑞穂区にある『ひつまぶし う家 八事本店』では、天皇陛下の御即位を奉祝する特別な献立を用意したという。その名も、御即位奉祝徳会席「令和」。値段は7020円とやや値が張るものの、こんな機会は滅多にない。今回はその全貌を明らかにしようと思う。
更新: 2019-05-16 14:26:40
最新の投稿
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt