MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

期間限定の『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた!(居酒屋/新宿)

青少年が立派な成人男子になる過程で、あらゆることを教えてくれるバイブル的雑誌『週刊プレイボーイ』。中々買うのに勇気が必要でしたが、アレもコレもと本当にお世話になりました。その『週プレ』が創刊50周年を記念して期間限定で開店したのがここ、その名も『週プレ酒場』だ。

週プレ酒場(最寄駅:西武新宿駅)

『週プレ酒場』で鼻の下を伸ばしてきた

店につながる通路にはアグネス・ラムが描かれ、青臭かった青少年時代にタイムスリップ。
が、店に入ると途端に大人にすくすく成長だ。

料理にも酒にも魅惑的なメニューが並んでるんだもの。
というわけで、可愛らしい店員・かなちゃん(ホールスタッフはみんな女性でした)に早速注文をお願いする。

が、あまりにも一般人らしくないルックスと物腰。
聞けばこの店でバイトをしていてタレント事務所にスカウトされたのだそう。
たまに行く赤羽のスナックでは到底感じられない、なんたるキラメキっぷり!

「名物 週プレの唐揚げ」は衣がサクッでジューシー。ソースなしでも美味

さて出された料理はなかなかに凝っていて、「名物 週プレの唐揚げ」(890円)は、橋本マナミさん、原幹恵さんら8人のグラビアアイドルと共同開発した8種のソースで唐揚げを食す(ソースのリクエストは2種まで)。
「生本まぐろのてんこ盛り」(1690円)は、まぐろは刺身で、付け合わせの海藻はダシでしゃぶしゃぶして食べる。
「金のよだれ鶏」(590円)は四川風の辛さではなく、たっぷりのマスタードソースで食すなどなど。
お酒もビール、日本酒、焼酎と揃い、ここ、かなりいい居酒屋です。


さてこの「週プレ酒場」の奥には「週プレ酒BAR」なるスペースも。
こちらは予約制のVIPスペースとなっている。
しかも、なんとチャージが1万円(つまみ2~3品と、乾杯ドリンク1杯を含む)。

居酒屋スペース

さぞラグジュアリーな空間かと思いきや、『週プレ』の歴史がわかるバックナンバーが置かれてはいるが、カウンターだけでそれほどでもなし。
しかしっ!
毎日、現役グラビアアイドルたちがカウンターに立ってママを務め、お酒を振舞ってくれるのだ!

僕たちが覆面取材をした日は、本郷杏奈さん(26歳)がママを務めていた。
今回は予算的にBAR の利用は遠慮していたのだが、なんと、居酒屋スペースに出て来て客席に挨拶をして回ってくれ始めたではないか!
店内のビジネスマンは大盛り上がりです。

VIPルーム「週プレ酒BAR」


あ、ここまで紹介を忘れていたけど、同行したのは編集・戎。
「めっちゃかわいいじゃないですか!」と、挨拶に来た彼女を前に鼻の下を伸ばしっぱなしでした。

というわけで、料理よし、酒の揃えよし、価格も手ごろ。
予約が取りづらかったりするけれど、さすが『週プレ』的なグラビアアイドルによるサービスも◎。
期間限定の営業じゃもったいないです。「ずっと営業するべきです」(by戎)。

週プレ酒場の店舗情報

[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-18-9 WaMall歌舞伎町5階 [TEL]03-6273-9787 [営業時間]17時~24時(23時半LO) [休日]無休 [交通アクセス]西武新宿線新宿駅から徒歩5分

電話番号 03-6273-9787
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
夕刻ともなれば近所の常連も、海帰りの学生たちも立ち寄り賑やかな角打ちに。よく冷えたグラスの生ビールもあれば、ショーケースには地元のクラフトビールも。
「戦後すぐの創業ですから、当時は豆やモツくらいしかなかったそうです」と、店主・宮野雄治さんは語る。
 祖父の万吉さんが店を始めたのは、1945(昭和20)年のこと。
 美味しいおかずとふっくら炊きたての銀シャリ、それにちょっとのお酒があれば、われわれニッポン人にとって最高の夕食となるだろう。お品書きには、自家製ドレッシングのサラダに始まり、ダシを利かせたがんもの煮付け、おから入りの手作りさつま揚げなど、温もりあふれる料理が並ぶ。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
愛知県のラーメンやつけ麺を語ろうとするとき、どうしても名古屋市内の店ばかりがクローズアップされるが、地方にも絶対の自信を持って勧められる店がある。 名古屋めしには欠かせない八丁味噌の産地として知られる岡崎市にある『つけめん舎 一輝 本店』もその一つだ。
またまた、ダイソーで気になる商品を見つけました。 なんと『レンジで簡単 オムライス』。 2枚のお皿で、レンジだけでオムライスができちゃうという、夢のようなモノ! 包丁も、フライパンも使わず、お皿2枚だけでオムライス作りに挑戦です!!
程よい塩気と絶妙な肉の食感が特長のリエットは、バゲットにのせるだけで手軽に贅沢な一品に。軽く火を入れても美味で、ワインが欲しくなる味わいだ。
 「ぜひ見てください」。そう言って店主・中村さんが扉を開けたのは敷地内にある工房。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt