歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

歌舞伎町のホストのおすすめ本が読めるカフェ「歌舞伎町ブックセンター」

愛をテーマとした蔵書は400冊。「セカンドキャリアを考えた時に、幅のある人になってほしい」と、ホストに本を読ませる様々な取り組みをしていたホストクラブ経営者・手塚マキ氏が、「ホストだけではなく、一般の人にも気軽に来てもらえるような、本屋とカフェを併設させたサロンを」とオープンさせた。


歌舞伎町ブックセンター(最寄駅:西武新宿駅)

探したい愛は何ですか?読書家のホストが差し出す愛の本
人種や価値観など多様性のある歌舞伎町の魅力も感じてほしいという。午後5時以降は通常のバー営業となる。

※現店舗での営業は2018年10月7日で終了。移転先は未定。

ハンバーガーセット 1200円

注文を受けてから焼く、食べ応えのある大きなハンバーガーのセット(1200円)が人気。ドリンク、スープ、サラダが付く

カウンター席もあるので、ひとりでも気軽に利用できる

歌舞伎町ブックセンターの店舗情報

[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-28-14 [TEL]03-6380-2259 [営業時間]12時~17時(17時~翌5時までは「キートス」の店名でバー営業)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計30席/喫煙可/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]西武新宿線新宿駅から徒歩4分

電話番号 03-6380-2259
2018年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


“旨いレモンサワー”の聖地・恵比寿7店をグルメライターがはしご調査!

“旨いレモンサワー”の聖地・恵比寿7店をグルメライターがはしご調査!

恵比寿はレモンサワーが旨い!そんな噂を確かめにライター肥田木が調査しました。国産レモンなど素材にこだわる本格派からフローズンスタイルのイマドキ店まで、そこはぐびぐび飲んでしまう、めくるめくレモンサワー新聖地だったのです!


「デカ盛り」の聖地・秋葉原で「1kg天丼」ほか注目メニューを実食調査!

「デカ盛り」の聖地・秋葉原で「1kg天丼」ほか注目メニューを実食調査!

電気街~オタク~アイドル…そして今、デカ盛りグルメの街として注目を集めている秋葉原。皿から具材が溢れる挑戦系ではなく、「いやぁお腹がはちきれそうだよ」と食後に多少は余裕が持てるかもしれない、紳士的なデカ盛り店を実食調査なのだ!


日本屈指のパンの街・世田谷で、『人気店のパンを食べ比べ』!

日本屈指のパンの街・世田谷で、『人気店のパンを食べ比べ』!

ブーランジェリーがひしめく世田谷区。その数は200軒を超えるとも言われています。また、年に1度「世田谷パン祭り」という日本最大級のパンイベントを開催。“パンの街”といっても過言ではありません。そのなかで有名店が集まる、世田谷線沿いと三宿エリアでとびきり美味しい店を探してきました!


カフェ フレスカ(秋葉原)ー夜まで満腹、秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

カフェ フレスカ(秋葉原)ー夜まで満腹、秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

秋葉原の「カフェ フレスカ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。デカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。[住所]東京都千代田区外神田1-15-2 半田ビル 地下1階 [TEL]03-3253-3800


トゥッカーノ グリル(秋葉原/ステーキ)-秋葉原で1kgオーバーの肉三昧!

トゥッカーノ グリル(秋葉原/ステーキ)-秋葉原で1kgオーバーの肉三昧!

秋葉原の「トゥッカーノ グリル 秋葉原2号店」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ジュウジュウと音を立てる鉄板の上には、牛・豚・鶏、さらにハンバーグ・リングイッサと美味なる肉が勢揃い。特に牛はレアに近く、鉄板の上でひっくり返し、好みの焼き加減にできるという楽しさ付きだ。[住所]東京都千代田区外神田3-4-16


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング