MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本近代文学館内のカフェで文豪が愛した料理を現代風にアレンジ!

日本近代文学館内のカフェで文豪が愛した料理を現代風にアレンジ!

グルメライターが駒場東大前の[BUNDAN COFFEE & BEER]を実食レポート。“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェでは、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。

BUNDAN COFFEE & BEER(最寄駅:駒場東大前駅)

文豪が愛した料理を現代風にアレンジ。食で始める文学

「そぼろカレー」は大の料理好きだった宇野千代が、同棲していた東郷青児のために作ったカレーがモチーフ。隠し味のハチミツと野菜の甘みがじんわり舌に伝わってくる。もう一品は谷崎潤一郎の『蓼喰う虫』に出てくるサンドイッチで、作品内ではレバーの腸詰めを挟むが、こちらは現代風にアレンジしたレバーパテ。カリッとトーストした「シニフィアン シニフィエ」のパンとのハーモニーが絶妙だ。食後は棚にある本を手に取って、ゆるりと午後のひと時を過ごすのもいい。

レバーパテトーストサンドイッチ
1000円

いずれもドリンクセットは1300円。ハンドドリップで淹れる香り高いコーヒーと味わいたい

そぼろカレー
1000円

お店からの一言

店長 堀井 学さん

「蔵書は約2万冊!好みの本を見つけてください」

BUNDAN COFFEE & BEERの店舗情報

[住所]東京都目黒区駒場4-3-55(日本近代文学館内) [TEL]03-6407-0554 [営業時間]9時半~16時20分(15時50分LO)※ランチタイム有 [休日]日・月・第4木 [交通アクセス]京王井の頭線駒場東大前駅西口から徒歩8分

電話番号 03-6407-0554
2018年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人形町駅近くにある、パリを思わせる雰囲気の店。それもそのはず、店を切り盛りするのはフランス人のマダムなのだ。
更新: 2019-05-16 10:34:21
人形町からほど近い日本橋堀留町交差点近くながら静かな雰囲気で、丁寧に炭火で焙煎した珈琲を楽しませてくれる喫茶店。テーブル席も良いが、ゆったりとしたカウンター席に座り、ドリップする様子を観ながら珈琲を待ちたい。
更新: 2019-05-13 13:06:30
 正直、「卵&コーヒーの組み合わせってどうなの?」と訝っていたが、ひと口味わって心の中で陳謝。「美味しい!疑ってごめんなさい!」。
更新: 2019-05-16 11:19:07
 久松小学校正面に佇み、2018年5月に再オープンしたばかりの店。国産の旬の果実をふんだんに使ったパフェやクロワッサンサンド、夜になるとカクテルなどもと、様々にその瑞々しさを堪能させてくれる。
更新: 2019-05-16 13:36:23
torse(カフェ/祐天寺)|駅から決して近くない。なのに開店前から行列ができるカフェ、それがココ。
更新: 2018-12-26 12:00:00
最新の投稿
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00
湿性花園やあやめ池を散策して高原を満喫したら本格イタリアンの『アルピナ』へ。山の上で新鮮なサラダや、薪の窯で焼きたてのピッツァを食べられるとは、なんとも贅沢。
更新: 2019-08-17 12:00:00
食べた瞬間、絶句……! いやはや、またしても人には明かしたくない絶品料理と出合ってしまった。 新大阪駅から歩くこと約15分。阪急三国駅にほど近い場所にある沖縄・九州料理の創作バル「まんた」にその料理はある……。
更新: 2019-08-16 15:55:00
「冷麦始めました」に夏の到来を感じる目にも舌にも涼やかな極上ののど越し!
更新: 2019-08-16 12:00:00
先日、東北の日本海側の羽越本線を走る快速列車“きらきらうえつ”が廃止されて新型の観光列車になると発表がありました。 一時期はパンフレット用の写真も担当させていただいていただけに、やはり寂しいです。撮影に行ったときのお話と、以前乗車したときのおいしいもののお話です……。
更新: 2019-08-15 16:55:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt