撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(30) 懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年

島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。この路線には大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。 そのなかでも好きな電車は2100系電車。ちょっと丸い顔をしたかわいい形です……。


懐かしの京王5000系電車と出雲スイーツ 一畑鉄道/1981年~2018年


島根県の宍道湖周辺に敷かれた「一畑電車」。

ここには、大手私鉄から移籍してきた電車や、近年一畑オリジナルの新車など、いろいろな電車が走りました。

そのなかでも、私の好きな電車は2100系電車。

ちょっと丸い顔をしたかわいい形です。

数編成あるなかには、一畑オリジナルカラーの黄色の塗装や、島根のキャラクター“しまねっこ”のラッピング車両などがあり、車内まで大きく改造して5000系となった車両もあります。

[観光スタイルに加増された元京王電鉄の5000系(2018年撮影)]



 しばらくの間、東京の京王電鉄時代の色に塗り戻して走っていた車両もありました。


[京王電鉄カラーで走っていた2100系(2017年撮影)]



実は、この電車は高校生のころに通学に使っていた電車でした。

1975年ごろの話です。

このころでも古めの車両(もっと古い床が木の電車もありましたが……)で、特急などは新型車両が入り、主に各駅停車に使われていました。


[京王電鉄を走っていたころの様子。京王では5000系と名付けられていた。(1981年撮影)]



それにしても懐かしいですね。

なんだか学生時代の思い出まで蘇ってきます。

昔乗った電車に出会うと、すごく懐かしい気分になるのは、鉄道ファンに限ったことではないようで、当時の知り合いに写真を見せると「乗ってみたい!」と話は盛り上がります。

ただ、2018年の春に行ったときには、撮影していてこの列車を見かけませんでした。

どうやら直前に検査のためにお休みをしていたようです。

さらに、この原稿を書いている前日に検査から戻ってきたのですが、今度の色は赤色に白線です。

前回の29回目に出てきた旧型車両をイメージしたものになりました。

京王色は終わってしまいましたが、新しい色になった2100系、また撮りに行かなくてはと思っています。

ほかにも、「懐かしの車両」が続々登場!


2015年までは南海から来ていた電車も走っていました。

廃止前にはやはり南海の色でした。

関西の方には、なつかしい電車ではないでしょうか?

[2015年まで走っていた南海の電車(2012年撮影)]



一畑電車にある、もうひとつの鉄道名物はスイッチバック駅です。

スイッチバックというと、列車が前後に走りながら山道を登ってゆく路線を思い出しますが、ここは違うパターンです。

もともと、この先には行きどまりの路線が続いていて、松江方向と出雲市方向それぞれから来た電車がまっすぐ終点に向かう合流の駅でした。

この先の路線がなくなったときに線路を変更しなかったので、現在のスイッチバック駅となりました。


[スイッチバックの一畑口駅。右手前からきた電車は進行方向を変えて左手前の線路に走る。(2009年撮影)]


[一畑口駅のホーム。雰囲気も懐かしい。(2009年撮影)]



この廃止になった終点は一畑駅。

すぐちかくに名寺『一畑薬師』があります。

一畑電車はその名の通り、このお寺への参拝が大きな役割でした。

一畑薬師(一畑寺)は、「目のお薬師様」として有名なお寺です。


[目のお薬師様として知られる一畑薬師(2009年撮影)]

[一畑薬師の狛犬も時代を感じて素晴らしい(2009年撮影)]



いつも賑わう出雲大社に比べて、静かな様子でじっくりとお参りすることができます。

島根に旅行に行くときには、ぜひお参りしてください。

「撮り鉄」しながら、出雲で出会ったスイーツは……!?


さて、出雲のスイーツです。

まず、撮影中の休み時間にいただいたのは『いちごさくら餅』。

第28回のシジミを買った道の駅湯の川で購入しました。

季節は桜の季節だったので、ぴったりです。

いちごを餡でくるみ、お餅と桜の葉で巻いてあります。

さっぱりとした味でした。

[季節限定のいちごさくら餅(2018年撮影)]



抹茶も手持ちがあったのですが、せっかっくなので出雲抹茶をスーパーで購入です。


[地元で買った出雲抹茶(2018年撮影)]



列車を撮るためのアングルを決めてカメラをセットしてから、列車が来るまで、のんびりとお茶の時間です。

[撮影の合間は、やっぱりこれ。のんびりとします。ちなみに車の中です。(2018年撮影)]



もうひとつのスイーツは、出雲ぜんざい。

出雲大社の参道には、ぜんざいを置く甘味屋が並んでいるのですが、次の撮影まで時間がなかったので、お土産用を購入しました。

[お土産用の出雲ぜんざい。お餅のパックと餡のレトルトがセットになっている(2018年撮影)]

[フライパンにシートを敷いて餅を焼く。]

[温めた餡にのせて完成!]



撮影終了後に車の中で餅を焼いて、温めた餡にのせれば、ぜんざいの完成です。

紅白のお餅が楽しい甘味でした。


大好きな列車の撮影をしながら、ご当地ならではの味を楽しむ。

これぞ、撮り鉄の醍醐味です。





佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

関連するキーワード


撮り鉄 島根 スイーツ

関連する投稿


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


撮り鉄の「食」の思い出(42) クセになる!「黒石つゆ焼きそば」と「キ100」/ 2005~2015年

撮り鉄の「食」の思い出(42) クセになる!「黒石つゆ焼きそば」と「キ100」/ 2005~2015年

青森県の黒石駅に向けて走る鉄道は、弘南鉄道(こうなんてつどう)弘南線。終点にあたる黒石市は、青森市の南で弘前市の東側にある人口3万人強の町です。そしてこの街に、食べれば食べるほどクセになる「黒石つゆ焼きそば」があるんです……。


撮り鉄の「食」の思い出(41) 地吹雪の津軽鉄道ストーブ列車と「けの汁」/~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(41) 地吹雪の津軽鉄道ストーブ列車と「けの汁」/~2018年

ストーブ列車と地吹雪で有名な津軽鉄道は、その名の通り津軽平野を走ります。 冬将軍の力が強くなると、地吹雪も強烈に吹き荒れます。 いったん降り積もった雪は低温でサラサラ。それが北風で飛ばされて地吹雪になります。 こんな地吹雪の中を走るストーブ列車、かっこいいです……。


撮り鉄の「食」の思い出(40) 冬の五能線。〝わさお“の焼いかとヒラメの漬け丼/~2018

撮り鉄の「食」の思い出(40) 冬の五能線。〝わさお“の焼いかとヒラメの漬け丼/~2018

冬の汽車旅のおススメは?と、聞かれたときに、必ず答えるのが五能線です。 秋田県の東能代駅から白神山地の北側を走り、青森県の川部駅までの路線で、県境付近では日本海の海岸線ぎりぎりに敷かれています……。


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング