MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
麻布十番の絶品ランチ!絶対に外さないグルメライター絶賛6店

麻布十番の絶品ランチ!絶対に外さないグルメライター絶賛6店

麻布十番のランチを人気グルメ雑誌のライターが食べ歩き!本当に美味しいおすすめ店を6店厳選してご紹介します。リーズナブルに楽しめるお店や、お出かけの際にぴったりのおしゃれなお店、店長のこだわりが光るおすすめ店など必見です!

はじめに

カフェやレストランなどの飲食店激戦区の麻布十番。
ちょっと高級で上品なお店も多くあります。どこのお店も、ランチならお得に絶品料理を堪能できますよね。
そこで今回は麻布十番でおすすめのランチのお店をご紹介!
休日にゆっくりと美味しいランチを食べて、心も体もリフレッシュしちゃいましょう!

安くて美味しい!コスパ抜群のお店

洋食屋大越

ハンバーグ(ライス付き)

店舗の改装もあったが、麻布十番で53年続いている洋食店。太麺を使ったスパゲッティと並ぶ人気メニューのハンバーグは、表面を焼いた後、自家製デミグラスでじっくり煮込むタイプ。むっちりとした食感で、しっかり染み込んだコクのあるソースと肉の旨みが重なり合うマイルドな味わいが、クセになる旨さ。

この地で50年以上営業している、老舗の洋食屋です。太麺のもっちりナポリタンが看板メニュー。自家製デミグラスソースでぐつぐつ煮込んだハンバーグも絶品です。
どっちも食べたい欲張りさんにはハンバーグ付ナポリタンも。カレーとミートソースをのせたみかライスはテレビで紹介されたとあって、注文する人が多い人気メニューです。

■洋食屋大越
[住所]東京都港区東麻布3-4-17
[TEL]03-3583-7054
[営業時間]11時~20時(土~15時)
[休日]日、年末年始
[アクセス]東京メトロ南北線・大江戸線 麻布十番駅6番出口より徒歩1分。

デートやお友達とのランチにぴったり!おしゃれなお店

DINING BAR Hidden Lounge

(昼)鶏と生姜の煮込み薬膳カレー(普)

行き着いたのは「体に良いのは当たり前」とし、その上で味の良さと国産素材にこだわった薬膳カレー。ルウは、炒めた玉ネギや肉などの素材を水分がなくなるまでじっくりと煮込み、旨みを凝縮したベースを使用。それを適宜、自家製薬膳スープで伸ばして使っている。

夜はバーになるので店内はおしゃれで落ち着いた雰囲気。
長年カレーを食べ歩いてきた店主が研究を重ねて作りだしたのが、体に良くて美味しい薬膳カレーです。鶏と生姜の煮込み薬膳カレーなど、17種類以上のスパイスを使用したカレーは脂も少なくヘルシーで、大盛りや特盛もできます。
冷凍のカレーと自家製ピクルスはテイクアウト可能。

『DINING BAR Hidden Lounge』内観

■DINING BAR Hidden Lounge
[住所]東京都港区東麻布3-8-9 東麻布ビル地下1階
[TEL]03-5545-5838
[営業時間]11時半~14時半(14時LO)
[休日]日・月
[座席]カウンター7席、2席×1卓、4席×1卓、6席×1卓 計19席/昼のみ禁煙/夜のみ予約可/カード不可/ランチサなし、夜チャージ540円
[アクセス]都営大江戸線麻布十番駅6番出口からすぐ ※ランチタイム有

メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー

クロワッサン・ジャポネ

「メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー」は仏のグルメガイド本『ピュドロ』で一位を獲得した実力派。海外初出店の東京店ではパリと同じレシピのパンなどが味わえる。国産バターを使ったお手頃価格の「クロワッサン・ジャポネ」も人気。

フランスのグルメガイドでランキング1位を獲得したこちらのお店は、ベーカリーカフェになっていて、ランチタイムは盛況です。
オープンテラスもあって開放的。看板メニューのクロワッサンはパリパリもちもちで、芳醇なバターの香りが上品です。
カフェではランチメニューを頼むとスープやメインに、パンの食べ放題がついてとてもお得。

『メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー』外観

■メゾン・ランドゥメンヌ トーキョー
[住所]東京都港区麻布台3-1-5
[TEL]03-5797-7387
[営業時間]7時~20時半、日・祝7時~19時半※カフェのランチは月~金11時半~14時、ブランチは土・日・祝10時~14時半
[休日]無休
[アクセス]六本木駅より 徒歩8分、六本木一丁目駅より徒歩5分、麻布十番駅より徒歩5分 ※ランチタイム有

Bistro 釜津田

プリフィクスコース

麻布十番の「Bistro 釜津田(ビストロ カマツダ)」は能登の食材を使った華麗な料理が人気のカウンターフレンチ。夜のコースは8000円からだが、土日祝のランチ限定でアミューズ、前菜2品、メイン、デザートのプリフィクスコースが2800円で味わえる。

能登を中心に、全国の無農薬で味の濃い旬の野菜を直送で仕入れているこだわりフレンチのお店。
肉も旨味の強い能登牛や七面鳥などを選んで使用しています。ランチは土日祝限定の週替わりコース。
馬肉ヒレは繊細で上品な味わいです。誕生日など、記念日に利用する人も多い人気のランチです。年末にはおせちの販売もしているそうですよ。

『Bistro 釜津田』内観

■Bistro 釜津田
[住所]東京都港区麻布十番2-14-4 エタニティー麻布十番地下1階
[TEL]03-6453-7353
[営業時間]18時~24時(22時LO)、土日祝11時半~15時(13時半LO)、18時~24時(22時LO ※日・祝は21時LO)※ランチタイム有
[休日]水
[席]カウンター7席、テーブル3席×1卓、4席×1卓 計14席/分煙(シガールーム有)/予約可/カード可/サなし
[交通アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅4番出口から徒歩1分

Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)

土日祝ランチセット

タイやインドネシア、ベトナム、中国などアジア各国料理をAOC流にアレンジ。スパイスが香る本格派ながら、どこか華やかでワインやカクテルに合うと評判だ。「土日祝ランチセット」はフォーやパッタイなど7種から選ぶメインに、選べる前菜とドリンクがセット。ガパオライスは粗挽き豚肉がジューシーでクセになる旨さ!

インドネシアやタイ料理、中華など、アジアの料理をおしゃれで華やかな盛り付けにして楽しませてくれるお店です。
味はスパイスをしっかり使って本格的。日曜もやっているランチセットはフォーや粗挽き肉で食べ応えのあるガパオライスなどのメイン7種から選択、サラダと前菜がついてきます。平日の曜日限定ランチは1000円で味わえますよ。

『Asian Cuisine A.O.C.』内観

■Asian Cuisine A.O.C.
[住所]東京都港区麻布十番1-2-1ボヌール麻布十番1階
[TEL]03-5545-3340
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時半(22時45分LO)※ランチタイム有
[休日]月
[席]48席/全席禁煙(外に喫煙スペース有)/予約可/平日の昼はカード不可/サなし
[交通アクセス]都営大江戸線麻布十番駅5a出口から徒歩1分

こだわりが光る!おすすめ店

とんかつ 都

特ヒレかつ(250g)

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。上ロースかそれとも特ヒレか、はたまたカシラカツなんてのもあるから悩ましい。

その日のいいお肉を見極めて仕入れるとんかつの専門店。注文が入ってから肉をカット、低温と高温の脂で2度揚げするのでさくっとした衣が旨味をとじこめ、中はジューシーです。
驚きの厚みでボリューム満点ですが、胃にもたれず食べやすいのがポイント。厚さ4cmもある上ロースカツはソースだけでなくメイプル味もぜひ挑戦ください。

『とんかつ 都』内観

■とんかつ 都
[住所]東京都港区麻布十番3-9-6
[TEL]03-3453-2929
[営業時間]11時~14時半(LO)、17時~20時半(LO)、日11時~15時(LO)※ランチタイム有
[休日]水
[座席]計19席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし
[アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅1番出口から徒歩4分

おわりに

今回は、麻布十番の絶品ランチをご紹介しましたが、いかがでしたか?
どのお店も本当に美味しい人気店なので、ぜひ麻布十番を訪れた際には足を運んで、ちょっと贅沢なランチでリフレッシュしてくださいね!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!
食通が集まるグルメ激戦区、浅草エリア!テレビや雑誌など数々のメディアでも紹介された有名店から隠れ家的なお店まで、グルメライターが新旧の名店を食べ歩いて見つけた、国内外の観光客誰しもに、自信をもっておすすめしたいランチ情報を一挙ご紹介!
おしゃれな街「恵比寿」のランチ情報をまとめました。すべて人気グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査をして発見した、自信をもっておすすめできるお店ばかり!おしゃれなお店からひとりでも気軽に入りやすいお店まで、一挙ご紹介します!
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt