MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
撮り鉄の「食」の思い出(31) 栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(31) 栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年

秋になると食べたくなるのが、栗おこわです。 それも本場、長野の小布施で食べたいです。 もちろん長野の秋と言えばリンゴも。 それで、今回は長野の私鉄、長野電鉄のお話です……。

栗おこわとリンゴ、長野電鉄の特急列車で秋を楽しむ/1978年~2018年


あんなに暑かった夏も過ぎて、すっかり秋が深まりました。

この原稿を書いている前日には、今年はじめてのキンモクセイの香りも漂っていました。

秋になると食べたくなるのが、栗おこわです。

それも本場、長野の小布施で食べたいです。


もちろん、長野の秋といえばリンゴも。

それで、今回は長野の私鉄、長野電鉄のお話です。

[赤いリンゴと赤い特急電車、長野電鉄秋の風景(2007年撮影)]


長野電鉄は、北陸新幹線の長野駅から少しだけ離れた、地下にある駅から出発します。

以前は2本の支線があったのですが、現在は長野駅から北東方向に向けて湯田中駅までの長野線で運転が行われています。

地元の足として走る各駅停車のほか、地方鉄道には珍しく観光客向けの特急電車が走っています。
 

かつて走っていた特急電車は、“りんご電車”の愛称で親しまれていました。

この2000系は、丸いスタイルで“りんご電車”と呼ばれるのがよくわかります。

製造が開始されたのは1957年で意外と古く、きっとこのころには斬新なスタイルに見えていたのでしょう。

[“りんご電車”と呼ばれた2000系(2005年撮影)]




残念ながら2012年には廃止されてしまいました。

この廃止前には塗装を登場したときのマルーンと、その後の通称「りんご色」に飾られて、最後の走りをしていました。

[2000系が登場したときのマルーン色(2007年撮影)]

[もうひと編成は「りんご色」で走った(2007年撮影)]


廃止後も、りんご色の編成が小布施駅に保存されていて、一部は車内も見ることができます。


現在の特急列車も、2種類の名車で運転されています。

先に運転を開始したのは、元小田急のロマンスカーです。

列車名は温泉地らしく「ゆけむり」。

4両編成と短くなりましたが、色も小田急のときのままです。

短い編成で走る姿は、鉄道模型のようでかわいいです。

[元小田急ロマンスカーの特急“ゆけむり”(2007年撮影)]


もちろん先頭車のパノラマシートは健在で、いちばん前から風景を楽しむことができます。


[“ゆけむり”のパノラマシート。運転席は2階にあって、風景を楽しむことができる(2007年撮影)]


そして、いちばん新しいのは、特急“スノーモンキー”です。

記憶にある方も多いと思いますが、この車両は元のJR特急 成田エクスプレスです。


こちらはなんと3両編成。

その姿に、笑みもでてしまいます。

[元成田エクスプレスの特急“スノーモンキー”(2014年撮影)]

[“スノーモンキー”の名前は、地獄谷野猿公苑の温泉に入るサルから来ている(2012年撮影)]



この列車には個室があります。

通常料金にプラス1000円で4人まで使えるので、グループにはお得な席です。


[“スノーモンキー”の個室は、4人まで1000円でお得。ただし1編成に1室のみ(2012年撮影)]


長野ならではの秋の味覚、栗おこわに舌鼓!


長野電鉄沿線の観光地といえば小布施。

やはり秋に行きたいところです。

目指してゆくのは「栗おこわ 新栗になりました」の張り紙。


撮影をしばし中断して食事タイムです。

かごに入れられ、笹の葉の緑にのった栗おこわ。

ほっこりとした栗と、うっすらと甘みを感じる米。

「ああ、秋だなぁ」と思う味です。

[目指すはこの看板。これぞ、秋の楽しみ(2007年撮影)]

[ほっこりとした新栗のおこわがおいしい(2005年撮影)]


お土産には、小布施の甘味をいろいろとセレクトしました。

[小布施で買った、甘味お土産]



栗かのこは、東京のお節料理のくりきんとんのように蜜餡の中と丸の栗の和菓子。

栗羊羹もおいしいです。

方寸は栗ではないのですが、甘み控えめな落雁で、日持ちもするために私の家には常備のお菓子です。

[湯田中駅の温泉(後ろ)と無料の足湯(2007年撮影)]


長野電鉄の終点湯田中駅には温泉もあります。

撮影をして、おいしいものを食べて、駅で温泉……。

最高です。







佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
SL列車と川根茶で知られる大井川鐵道。 その名の通り大井川に沿って走り、春は桜、秋は紅葉と、季節の変化で何度でも訪れたい路線ですが、いちばんのおススメは5月。 「川根茶」として全国に知られる銘茶の茶畑がいっせいに芽吹き、鮮やかな緑が目を楽しませてくれる季節です……。
更新: 2019-04-29 16:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
今回は、三陸鉄道リアス線の記念列車運転日の翌日、3月24日の一般営業の初日のお話。 この日も、沿線はお祭りのよう。朝早くから賑わいました。 そんななかでもすごかったのが、鵜住居駅。2019年に行われるラグビーワールドカップの会場、「鵜住居復興スタジアム」がホームから見えるという最寄り駅です……。
更新: 2019-04-16 16:00:00
各地から桜開花の便りが聞かれた2019年3月23日、ついに三陸鉄道リアス線が開業しました。 震災から8年、待ちに待っていた日です。 数日前から現地入り。どこも、賑やかそうで迷ったのですが、結局大槌駅で出迎えることにしました……。
更新: 2019-04-08 16:02:00
春の鉄道旅、全国にはおススメの路線がたくさんあります。 そんななかでも、おおっ! すごいと思うのは、中央本線が走る甲府盆地。 時期は4月上旬、都心の桜から一週間くらい後に、このあたりは桃源郷と呼びたくなるような様子になります……。
更新: 2019-03-25 16:05:00
最新の投稿
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44
ここ最近の吉祥寺で、おっさん女子が、ちょっと流行ってるんじゃないの? と思っているのは、N.Y.スタイルのお店です。 N.Y.のパン屋、N.Y.スタイルのカフェ……と、何軒かお店ができるにあたって、「N.Y.料理って一体何?」という激しい疑問が……。
更新: 2019-05-17 16:03:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt